2019年06月05日

日南海岸

虫の「しわざ」を探しに日南市の海岸へ出向いた。

虚空蔵島の階段手すりを掴んだ途端、手に柔らかい感触があった。

「うん!?」

ステンレス製の手すりの反対側に素早く身を隠したのは、サツマヒメカマキリのメスだった。
ピョンと地面に飛び降りた。すぐに姿を追わないと見失ってしまう。


6月05日2019-5.jpg

6月05日2019-6.jpg


海岸を北上して、猪崎鼻公園の遊歩道を歩いてみた。
アカメガシワの葉上で交尾中のカップルは、アカギカメムシ

6月05日2019.jpg


画面下側の黄土色の方がオスで、メスはまるで脱色したかのように真っ白。
止まっていたアカメガシワは雄株だったが、すぐ隣に雌株が並んでいた。


猪崎鼻公園で「しわざ」探しに1時間ほど費やして成果が上がったので、
山間の北郷町に移動した。

ここのハゼノキでは、エサキモンキツノカメムシのメスが抱卵していた。6頭確認できたが、交尾中のカップルもいた。


6月05日2019-2.jpg


6月05日2019-3.jpg

ハゼノキでの繁殖は初めて見た。

地面に多数の糞と抜け殻、そして死骸もあった、その頭上の梢には、
クスサンの幼虫がいっぱいついていた。
食樹のモミジバフウ(アメリカフウ)、イチョウ、ハルニレ、が肩を並べていて、
これではクスサンの天国。
一番暴食されていたのは、モミジバフウだった。すでに完成した繭もあり、これから繭作り、というのもいた。
食樹の下に立っていると、雨のごとく糞がパラパラと音を立てて落ちて来た。


posted by やまかます at 21:14| Comment(0) | カメムシ

2019年06月04日

目玉模様

先月の23日、柿の木にたくさんいたオオゴマダラエダシャク若齢幼虫たちがその後どうなったか、見に行ってみた。隣の果樹園だが。

あんなにたくさんいたのに、食痕はあんまし残っていない。
二本のカキでわずか3頭しか見つからなかった(終齢と亜終齢)。まあ見落としがあるとしてもとにかく少ない。


6月04日2019-3.jpg


雨は朝から降ったり止んだり。庭のヒメジョオンにツバメシジミのメスが来ていた。
6月04日2019.jpg


さて、私が使っているカメラバッグは、主に3タイプ。
6月04日2019-6.jpg


機材を目一杯詰め込んだ重量は、画面左から順に、@5.5キロ、A9キロ、B3.4キロ。
機材の内容は、@:APS-Cカメラ2台(Canon)、A:フルサイズカメラ2台(Canon)、B:マイクロフォーサーズ1台(OLYMPUS)。
@〜Bとも、マクロ、望遠ズーム、広角ズーム、ストロボ類を備え、ほぼ同等の画角域をカバーできる。カメラは撮影条件次第で、@とAにはもう一台追加することもある。三脚も加わると結構な重量だが、三脚は目的次第で省略することが多い。

この3つのカメラバッグの使い分けは、下見や観察が主目的であったり、現場での歩きが長い場合には、@を。
現場での歩きは少なめ、あるいは近場であったり、狙いを絞り込んでじっくり撮影に専念できる場合等は、Aを。
冬場あるいは講演、観察会などの小旅行のお供には、Bを。

と目的に合わせて使い分けている。Aの9キロを担いで何時間も歩くような事は、もはや体力的に無理。

Bの小型カメラバッグはインナーが外れるので、インナーごと画面左の軽いリュックに入れ替えて背負うこともある。
6月04日2019-7.jpg


posted by やまかます at 21:57| Comment(0) |

2019年06月03日

ヤママユ、営繭始まる

クヌギの葉に、クヌギハマルタマフシ
6月03日2019-3.jpg


梅雨も間近。季節の進行が速く感じる。


同じクヌギに、キボシツツハムシ
6月03日2019-4.jpg

6月03日2019-5.jpg

庭ではたまに見かける程度で多くはない。
そう言えば、ずっと昔(1992年)八丈島で仕事をした時、島内のどこに行っても本種がやたらと多かったことを、想い出した。


同じくクヌギで放飼中のヤママユ幼虫の一頭が、繭作りを始めていた。
6月03日2019-2.jpg


網掛け飼育、気づかぬうちにトラブルが多発。
網越しに中の幼虫が食べられてしまったり、網が経年劣化していて縫い目がほつれてしまい、多分そこから脱走してしまい行方不明、と、二つの袋掛けで幼虫が消滅してしまった。
袋掛け飼育では袋が直接食樹に触れないようにする工夫が必要だろう。


エノキの樹上にいたのは、キクビアオアトキリゴミムシ(体長7ミリ程度)。
6月03日2019.jpg



posted by やまかます at 21:38| Comment(0) | コウチュウ

2019年06月02日

ワカバグモかあさん

一晩かけて食事をした、ワカバグモのメス親。
お腹はしっかり満タン!

6月02日2019-2.jpg


卵のう内に残っている子グモはわずかとなり、
メス親は隣の葉っぱに移動して、落ち着いていた。

6月02日2019-3.jpg


以前、コガネグモのあるメス親は、少なくとも5回以上、産卵を繰り返した。
一番最後の卵のうサイズは小さく、メス親の体もヨレヨレになって萎びていた。
そのメス親が力尽きて地面に落ちる瞬間を目にした私は、思わず合掌した、とは「昆虫ある記」にも書いたかと記憶している。

昆虫に限らず、様々な生き物の最期の瞬間を見届ける機会は少ないけれど、
それだけにその死にざまは強く印象に残る。
コガネグモ母さんの死は、まさに大往生だったのだろう。

ワカバグモ母さんが、今後どのような生き様を送るのか見届けたい気持ちはあるが、
それはほぼ不可能だと知っている。1ヶ月間それとなく見守ってきたワカバグモが
再び抱卵する日を、期待しないでも無い。


昨夜、仕事部屋の外灯に飛来していたのは、
オオミズアオ春型♂と、

6月02日2019.jpg

アカウラカギバ
6月02日2019-4.jpg


アカウラカギバの食樹、ヒメユズリハは外灯のすぐ傍にあって、毎年、幼虫がここで育っている。

仕事部屋の外灯、ライトトラップの前面に寒冷紗の衝立を設置してみた。
建物の外壁面よりか、足掛かりが良いことに加え、静止面積が倍になる。
それと寒冷紗の織り目が方眼目盛りの役目を果たし、昆虫の大きさの比較も掴みやすくなったかと思う。
posted by やまかます at 20:05| Comment(0) | クモ

2019年06月01日

まどい、そしてバルーニング

出のうしたワカバグモの子グモたちは、少しづつバルーニングで旅立っていて、
卵のう内に残っている数はかなり減ったようだ。

6月01日2019-6.jpg

ノアザミの花に着地していた、子グモ。
出のうしてまどいの時期も長かったが、その間、食事は一切摂らない。
体内に蓄えた弁当だけでの旅立ちである。
無事に成体まで辿り着ける子グモは、ほんの僅かだろう。


一方、メス親はまだ卵のうの傍に留まったままだが、今日はササグモを捕らえていた。
1ヶ月、いやそれ以上の断食後、やっと手にした餌だ。


6月01日2019-5.jpg


ノブドウでは、アカガネサルハムシのペアがいた。

6月01日2019-7.jpg

しばらくして。メスはノブドウの葉を食べ始めた。
posted by やまかます at 20:34| Comment(0) | クモ

2019年05月31日

後食

午後9時37分、クリの枯れ枝にカミキリムシのペアがいた。
ちょうど目線の高さ。懐中電灯を向けるとすぐに浮かび上がった(5月28日)。

5月31日2019.jpg


セミスジコブヒゲカミキリ、だ。

画面上の小柄な方がオスで、触角第3節が膨らんでいる(で、コブヒゲ)。
成虫はこうして枯れ枝の樹皮などを食べる。

昼間、玄関先に置いてあった傘に止まっていたメスがこちら。

5月31日2019-5.jpg

玄関の灯りに飛来したのだろう。
posted by やまかます at 20:51| Comment(0) | コウチュウ

2019年05月30日

チラカゲロウ亜成虫

昨夜チラカゲロウ幼虫の羽化を撮影した場所に午前中、訪れてみた。
カゲロウの羽化は2回あって、最初の羽化で姿を現したものは亜成虫と呼ばれる。
闇夜の中、力強く飛び立って行ったチラカゲロウの亜成虫はどこにいるのだろう。

しばらく川沿いを歩いていると、ハゼノキの葉裏で佇んでいる亜成虫を見つけることができた。


5月30日2019-2.jpg

見つかる羽化殻の数からしては、亜成虫を見つけるのはそれほど容易ではない。

ハゼノキのすぐ傍の膝元にあった、ネムノキひこばえ。
そこにはキチョウの蛹が5個ぶら下がっていた。
5月30日2019-3.jpg

高さ70cmほどのひこばえで、これだけの数がよく育ったものだと思うが、さらにどの蛹も寄生を受けていないことが、翅色が透けて見えることからわかる。


鹿児島県、財部町の渓流沿いの森では、オオトラフコガネがいた。


5月30日2019.jpg


posted by やまかます at 20:30| Comment(0) | カゲロウ

2019年05月29日

カゲロウ夜間撮影、終了

午前中、庄内川(都城市、関ノ尾滝上流)にトンボの羽化撮影で出向いた。
さっそく見つけたヤゴは、コオニヤンマ、だった。


まだ体が濡れており、羽化まで時間が掛かりそうだったので、オオヤマトンボの羽化殻が多いポイントに移動。
グルグル川沿いの遊歩道を歩いてしばらくして戻ってみれば、ヤゴの体は乾燥して白っぽくなっていた。

そろそろかな、と眺めていたら背中が割れて羽化が始まった。
「いいタイミングだ!」

5月29日2019.jpg

5月29日2019-3.jpg


午前の撮影を終えて一旦帰宅してから、三股町の沖水川へ。
ヤマセミが目の前を飛び去って行く。ふと川の対岸を見やると、アブラギリの白い花が咲いていた。

5月29日2019-2.jpg


アブラギリは山間に多いが、この場所はうちから一番近い。
「へえ〜、こんな所にアブラギリがあったんだ」
10年以上住んでいて気付かなかったけど、まだまだ知らない観察ポイントがいっぱいあるのだろう。


玄関でると、すぐ目の前でボケの梢にハンミョウが着地した。

5月29日2019-4.jpg


幼虫巣は滅多に見つからないけど、成虫は敷地内にもよくやって来る。
ハンミョウが当たり前にいることこそ、地方の財産みたいなものだけどね。


さて、連日連夜、河原に通い続けたけれど、ようやくカゲロウの羽化の撮影ができた。
羽化時刻は日没直後の午後7時10分〜40分の間だった。
カゲロウの幼虫が水中から水上へと登り、一旦定位すると数秒から長くとも20秒以内には羽化を開始する。
その幼虫を見つけるのは、まるでモグラ叩きのようなもの。
絞り込んだ観察ポイントのエリアを、檻の中の熊のように休みなく見て回るしかない。
今回撮影したカゲロウは、チラカゲロウ。羽化した亜成虫はとても綺麗だ。

posted by やまかます at 21:56| Comment(0) | トンボ

2019年05月28日

うまれたよ! ワカバグモ

今朝は、コロギス♂とサツマヒメカマキリ♀がそれぞれ羽化していた。
羽化の推定時刻は午前5時20〜40分の間であろう。
いづれも翅芽が大きく開き、黄色く色付いていたので要注意だった。

午前6時24分、庭のツツジで抱卵中だったワカバグモは、卵のうの糸テントを破って、出のうが始まっていた。


5月28日2019-2.jpg


初めて見るワカバグモの子グモ、メチャ可愛い。
5月28日2019-3.jpg

出のうとは言っても、まだ親の元から離れる子グモはわずかで、旅立ちをためらっているかのようだ。

朝食の支度でアサリを洗っていたら、流しの底に小さなカニが転がり出てきた。
貝の中に住みつく、オオシロビンノだ。


5月28日2019.jpg


アサリの味噌汁を啜っていると茹で上がったオオシロビンノに気付くことはあったが、
今朝は初めて生きたままの姿を見ることができた。
posted by やまかます at 22:01| Comment(0) | クモ

2019年05月27日

子守りワカバグモ

ワカバグモ♀(5月2日)の抱卵を、これまで毎日気にかけて眺めてきた。

今日になってようやく子グモの姿を確認できた。
5月27日2019.jpg


今朝、パッと見ただけで卵のうが黒ずんで見えた。
孵化は数日前に終えており、卵のうが平べったくなって、白い卵殻が透けて見えていた。

出のうはもう間近じゃないだろうか。
卵のうを抱えたまま3週間以上、餌を取ることもなく、明らかに腹部が萎んで痩せてしまったメス親。
子グモ達の出のうを見届けるまでここに留まるのであろうか?


今日は曇り空。昨日までの夏日に比べて涼しく、過ごし易かった。
うちの林の観察路を巡っていると、エノキにリンゴドクガの若齢幼虫がいた。


5月27日2019-2.jpg

ちいちゃくても、リンゴドクガと判るよ。

まるでマントを広げたかのような格好で佇んでいたのは、ヒメマダラマドガ(マドガ科)。
なんでこうやって体を立てているのか、不思議ではある。

5月27日2019-3.jpg


5月27日2019-4.jpg

posted by やまかます at 20:48| Comment(0) | クモ