2019年08月03日

夏のはやにえ

モズがはやにえを立てるのは、秋から冬にかけてが多く、
春や夏には少ないと言われている。

今日は宮崎市内の叔父宅にお邪魔して、帰り際に裏の菜園を覗いてみた。
アブラゼミとクマゼミの数が半端でなく多く、都城市や三股町の生息状況からすれば、まさに月とスッポン。
宮崎市内での両種の個体密度の高さは、人社会の人口密度と比例しているようにも感じる。

さて、狭い菜園に踏み込むと一斉に乱れ飛ぶセミ、セミ、セミ。
羽化殻もウジャウジャ、取り放題。お土産にたくさんいただいた。
クマゼミP8030006.jpg


11年前、この菜園でビワの実生を掘り起こした時にクマゼミ幼虫がすぐに出てきて、こんなに簡単なの、
と拍子抜けした記憶もある。

で、なんとなく嗅覚というか、目線が働いて見上げた枝先に、
クマゼミの腹部が突き刺さっていた。
クマゼミハヤニエP8030003.jpg

これはモズのはやにえ、であろう。
場所は目線より少し高い、ナワシログミの枝先だった。

唐沢孝一『モズの話』(北隆館)1980、の
はやにえ動物リストには、アブラゼミ、クマゼミ、ヒグラシ、が上がっている。
夏場のはやにえは葉陰になって見つけにくいこともあるのだろうが、
丹念に探せば意外と見つかるものかもしれない。
今日見つけたナワシログミは、樹勢が衰え葉を落として枯れ枝ばかりだったのが幸いしたのだろう。

モズにとっても、刺したい衝動を駆り立てる枯れ枝だったに違いない。



(撮影機材:OLYMPUS μ Tough-6020
posted by やまかます at 20:21| Comment(0) | とり

2019年08月02日

残骸

昨日、縁側のヤマトアシナガバチの巣が空っぽになっていた。
おそらくヒメスズメバチの略奪があったのだろう。
予想はしていたが、ちょうど私が留守にしている間の出来事だったようだ。

ヤマトアシナガバチ巣-6617.jpg


先月半ば頃からうちの庭ではカブトムシの姿が多い。
カブトムシ-9829.jpg

メスの方が圧倒的に数は多い。

目の前でフワフワと低空飛翔して、休憩に入ったナガサキアゲハのメス。
ナガサキアゲハ♀-9955.jpg

(撮影地:上米公園)

午後6時半頃、庭の人工池で産卵していた、ヤブヤンマのメス。
ヤブヤンマ♀-9790.jpg

先に見つけたのは、嫁さんだった。
「あ!ヤンマ」の声に、樹液に来ていた大型ノコギリクワガタの撮影を中断して、
カメラを構え直した。人工池は樹液レストランのすぐ横にある。
2、3回人工池の縁で産卵した後、イヌビワの枝で休憩。

ササキリの幼虫、でっぷりと肥えた?
ササキリ幼虫-9774.jpg


posted by やまかます at 20:48| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年08月01日

樹液レストランの珍客さん

庭のクヌギ、シラカシ、アカメガシワの樹液レストランは、どれも間口は狭い。
けれどそれぞれのレストランに顧客の顔が絶えることはない。

カブトムシ-9760.jpg

カブトムシ-6636.jpg


カブトムシ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、ヒラタクワガタ、カナブン、シロテンハナムグリ、
クロオオアリ、ヨツボシケシキスイ、そしてゴマダラチョウ。

いつもはコクワガタのオスが独占していた小さなお店では、テングチョウが長いこと樹液を吸っていた。
テングチョウ樹液-9785.jpg


保育社『原色日本蝶類生態図鑑(U)』( 1983)によれば、テングチョウはコナラやカシワの樹液によく来るそうだ。しかし、私は初めての観察で結構驚いた。

ナツフジの花期は長い。
今日もウラギンシジミの幼虫がいて、卵も一杯付いていて、そしてメス親が産卵に訪れていた。
ウラギンシジミ-9777.jpg

ウラギンシジミ-9769.jpg

暑いからこそ、外で体を動かしたくなる。
山仕事を1時間半だけだが片付けておいた。
posted by やまかます at 20:59| Comment(0) | チョウ

2019年07月31日

ヒメホソアシナガバチの巣

美郷町の竹やぶで見つけた、ヒメホソアシナガバチの巣。
細い柄でぶら下がった巣の全長は18センチほど。
ヒメホソアシナガバチ-9733.jpg


ガードレールの下から体半分を乗り出してようやく撮影できる、そんな場所だった。
つまり崖下の竹やぶの高所であり、巣の周りは遮るものが全くないオープンな状態。
冬になったら、この巣を採集しようかと思う。

美郷町『おせりの滝』での昆虫観察会は晴天の下、無事に開催できた。
なにせ過去数年ほぼ毎回雨に祟られ、晴れたのはわずか一回のみ。初回は2014年の夏。
oserino-9716.jpg

毎回、参加してくれる子供達は50名以上と多い。


うちの林のウバユリが開花した。
ウバユリ-1750.jpg


ウバユリ-1753.jpg


posted by やまかます at 21:25| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年07月30日

美郷町おせりの滝

午後2時、日向市から山間の美郷町に入った。
山の稜線には入道雲が並んでいた。やけに近い。そして猛烈な暑さ。

渓流の淀みがあったので降りてみた。落ち葉がたっぷりあり、水深も浅いので
そこかしこにコバントビケラの幼虫巣が見つかる。
こんな観察ポイント、三股町にもあるはずだな。すぐには思い当たらないけど。

明日開催予定の観察会、その下見は午後3時から。ギリギリまでコバントビケラの撮影。
5分遅れでおせりの滝に到着。着くやいなや、にわかに曇って雷雨となった。
雷が治まってから雨の中を歩いたが4、50分ほどで止んだ。
観察会経路の途中にある道沿いのウラジロガシ樹洞にキイロスズメバチが営巣していた。
事前に聴いてはいたのだが、目の前をワーカーが出入りしており近づくのは危険。
観察会コースは巣のだいぶ手前までで引き返すことにした。
巣を覗き込んでいたスタッフの方がさっそく刺されてしまった。
自分が同行しておきながら注意喚起が足りなかったことを反省した。

シオヤアブのカップルがふわりと舞った。
メスはニホンミツバチを抱えて吸血していた。
しおやあぶ
posted by やまかます at 21:04| Comment(2) | アブ・ハエ

2019年07月29日

イヌビワ天井

イヌビワは水平に枝を伸ばし大ぶりの葉を繁らせるので、樹下から見上げると一枚の天井のよう。

梅雨の頃から今の時期、盛んに羽化しているのはアオバハゴロモ
アオバハゴロモ-6684.jpg


さらにイヌビワ天井を見ていけば、
アミダテントウ-6580.jpg

アミダテントウ

そして、
ヒゲナガサシガメ-6672.jpg

ヒゲナガサシガメ

庭の草原では、ショウリョウバッタの♀終齢幼虫。
ショウリョウバッタ幼虫-6593.jpg


オスの羽化は撮影できたが、メスは失敗続き。
posted by やまかます at 20:54| Comment(0) | カメムシ

2019年07月28日

タテハモドキ夏型

午前中、谷津田のあぜ道でタテハモドキの夏型に出会った。
タテハモドキ夏型-9695.jpg


別のもう一頭は翅がかなり傷んでいた。陽射しがきついせいか、2頭とも翅を開けることは一度もなかった。

今夏は、コガネグモが多い。
コガネグモ-9657.jpg

かくれ帯は、子グモの時はX字型にかけるけれど、成体になると2本に省略?することがほとんど。

エビヅルの果実が目立ってきた。
ebiduru-9674.jpg



ショウリョウバッタのメスもオスも、新成虫を見るようになった。
昨夜から庭でクツワムシが鳴くようになった。
posted by やまかます at 21:47| Comment(0) | チョウ

2019年07月27日

はね

午後5時半頃の「ねぐら通り」では、
アゲハのメスがちょうど落ち着いたところ。
ナミアゲハ♀-9563.jpg

夜が深まると翅は閉じる。

ミヤマカラスアゲハのオスは、今朝にも羽化したようなピカピカの翅。
ミヤマカラスアゲハ♂-9549.jpg


同じねぐら通りで、まだ活動していたハグロトンボのメス。オスの方が数は多かった。
ハグロトンボ♀-9571.jpg


ウスバキトンボは夕陽を受けて休んでいた。
ウスバキトンボ-9634.jpg

翅をよく見ると、平板ではなく複雑な立体形であることがわかる。
ウスバキトンボ1-9634.jpg


ナガコガネグモに捕まったウスバキトンボもいた。
ウスバキトンボ-9643.jpg



午前中は林の観察路の草刈り作業をした。
日陰での作業だから暑さはさほどでもないが、背負い式の草刈り機を扱うので汗をたっぷりかく。
3時間ほどの作業で2回、休憩をとった。休憩は10数分間と長めにとり水分補強しながら新聞を読んだ。
仕上げにワイアカッターできわ刈りをしていたら、雨が降り出したので切り上げた。
アブラゼミの羽化殻がまた見つかった。


posted by やまかます at 21:02| Comment(0) | トンボ

2019年07月26日

叶わぬ恋

昨日の霧島山。午前6時半。

霧島山701A6526.jpg

今朝は一転して濃い霧に阻まれて山容は拝めず。

林の観察路は草で埋もれている。明日には草刈りをやろう。
ウバユリの蕾が膨らんできた。そこにアブラゼミの羽化殻。
うちの林ではアブラゼミは少なく、羽化の撮影など余程ツイてないとできない。
なのにこんな特等席で、、、、、、。
ニイニイゼミとツクツクボウシは別だけど。
アブラゼミIMG_9444.jpg


里芋の傘の下に、ツマグロバッタ
ツマグロバッタIMG_9383.jpg


さて、昨夕のこと。午後6時20分過ぎ。

クロヒカゲ(画面上)が藪に入ったのを追うようにして、ヒメジャノメがすぐ近くに着地。
IMG_9362.jpg


ヒメジャノメの視線は明らかにクロヒカゲに注がれていた。
しかも10数秒間隔で、翅の開閉を繰り返していた。
IMG_9364.jpg

うん?これはどういうこと。
ヒメジャノメはオス、そしてクロヒカゲはメス。
つまり、ヒメジャノメはまるで姉御のようなクロヒカゲにラブコールしている?

この顛末を見届けたくて、犬のチョロのリード端を足で踏んでの観戦、いや観察。

するとしばらくして、ヒメジャノメがクロヒカゲの傍へ詰め寄った。
IMG_9369.jpg


で、ヒメジャノメがまた翅を開いたその瞬間、クロヒカゲはプイと飛び去って行った。

「ナニ、勘違いしてんのよ!!」

IMG_9370.jpg


去り際は俊足そのもの、クロヒカゲ姉御の姿はすでに画面に写っていなかった。



posted by やまかます at 19:30| Comment(0) | チョウ

2019年07月25日

渓流

先日の大雨の影響で川床の落ち葉がすっかり流されていた。
普段ならたっぷり落ち葉が溜まっている淀みを見て回ったけど、どこもサッパリ。
わずかに落ち葉があった淀みで何とかコバントビケラ幼虫巣を掬ったけど、2巣だけ。
みんな、どこ行った。いやどこに流されたの?

せせらぎの中、膝まで水に入って歩くのは心地良い。しかも森の天井に覆われている。
ふと足元を見ると鹿の白い尻毛が所々に落ちていた。

コオニヤンマのオスがナワバリ飛翔していた。他個体が飛来して一瞬飛びかかってもつれたけど、すぐに離れた。メスではなくオスだったか?
ウチワヤンマIMG_9343.jpg


ミヤマカワトンボのオスは、同じ石の上でお尻を上げた姿勢のまま落ち着いていた。

IMG_9359.jpg


樹液の匂いをプンプン放っていた庭のクヌギに、
サツマヒメカマキリのメスがいた。
樹液レストランにやって来る獲物を狙ってのことだろうか。
体は小さいが、狩の腕前はカマキリの名前に恥じぬ。

2メートル離れた場所からカメラを向けるも、すばやく枝の裏側に隠れる。
反対側に移動しても同じことの繰り返し。サツマヒメカマキリには私の姿がよく見えているし、怪しいヤツだと警戒しているのだろう。
落ちていた細枝を後ろ側に差し入れるも、「ダマサレマセンよ!」と言わんばかり、今度は上へ上へと移動し始めた。
そうはさせまじと、私もしつこい。枝で行く手を遮る。
ついに堪りかねたか、下草に飛び移った。
サツマヒメカマIMG_9285.jpg


posted by やまかます at 20:25| Comment(0) | トンボ