2019年01月20日

山姥の休め木

宮崎市、田野町の宮崎大学演習林を歩いた。
20日2019-7126.jpg

風が強いせいで肌寒く感じる。気温は高めだが。
探していた木は見つからなかったが、それはそれでもいい。

気になった羽毛は、アオゲラ?それともアオバト?
20日2019-7132.jpg

こちらはドバトの羽毛だろう。オオタカの食べ跡だろうか。
20日2019-7135.jpg


崖ではキムラグモの巣蓋がいくつも見つかる。
20日2019-7146.jpg

20日2019-7145.jpg

アオキの実がいびつに変形していた。これは虫こぶで、「アオキミフクレフシ」と呼ばれる。
20日2019-7155.jpg

虫瘤の中では、アオキミタマバエの幼虫が越冬中。

山姥の休め木が、あちこちにあった。

20日2019-7149.jpg

キノコの仲間の一種が感染したものだそうで「絹皮病」と呼ばれている。



posted by やまかます at 20:59| Comment(0) | 菌類

2019年01月19日

間に合った!食草アカネ

今朝になって、ヒメクロホウジャク幼虫の食草がほぼ食べ尽くされていた。
わずかに残っていたアカネの葉を補充できたが。それでいよいよ最後。

しかし、今日は所用で宮崎市の清武町に出かけたので少し探してみたら、あった!ありました。
迷って入った林道沿いに。
元気なアカネの株が、しかもたくさん。
やはり三股町より宮崎市の方が暖かいようだ。

19日2019-1.jpg

3頭とも鮮やかなピンク色になった。熟齢となったから、これだけ餌があれば充分だろう。

少しだけ歩いた、加江田渓谷。
19日2019-7103.jpg

陽射しがあってムラサキシジミとムラサキツバメがたくさん、舞っていた。

ホウライチクの筍には、タケツノアブラムシのコロニーが一杯。
兵隊アブラムシもたくさんいて、息を吹きかけると一斉に前脚を上げて振る。

19日2019-7022.jpg


ホウライチクは主に海岸寄りに生えており、ここ加江田渓谷も海に近い。
19日2019-7076.jpg

私の住む三股町は内陸だから、ホウライチクは極めて少ない。
posted by やまかます at 22:18| Comment(0) |

2019年01月18日

コガタノゲンゴロウが飛んで来た理由

朝、20数羽のイカルがいつものイチョウに羽を休めに来る。
大木なのですぐ下を歩いても大概は、平然としていて飛び去らない。

18日2019-3233.jpg

サクラの止まり木は低いので近寄ると、すぐ一斉に飛び立ってしまう。
18日2019-3216.jpg


コガタノゲンゴロウがうじゃうじゃ泳いでいた池が、完全に干上がっていた。
18日2019-3262.jpg

しばらく見に行ってなかったので、いつ頃干上がったのかはわからない。
先日、うちの玄関先で死んでいたコガタノゲンゴロウ(先週6日の記事)はまだ死んで間もない様子だったが、
もしかしたらこの干上がった池から新天地を求めて旅立ったのではないだろうか、という気がした。


すぐ近所のお宅の庭では、梅が満開になっていた。
18日2019-3270.jpg
posted by やまかます at 21:02| Comment(0) | コウチュウ

2019年01月17日

糞考察

昨日見つけたテンの糞。
拡大してみると爬虫類の鱗にも見える。

17日2019-1-3.jpg

大量の種子は何の果実に入っていたものか。まだ検討もついていないが、インクブルーあるいはマリンブルーの色合いは果汁と関係があるのだろうか?毎冬見ているけれど一度も調べたことがなかった。
以前、イカルの群がよく休んでいるイチョウの下に同じ色合いの種子が混じった鳥糞がたくさん落ちていた。
おそらくイカル達の排泄したものだと思うのだが、もしそうならイカルもテンも同じ果実を食べていたことになる。


昨日、終齢になったヒメクロホウジャク幼虫だが、
3頭とも褐色型と書いたけど、今朝になってよく見ると一番最後に脱皮した個体は、
背面と腹面がツートンカラーだった。褐色型と緑色型の中間と言えるだろう。

17日2019-1.jpg

ヒメクロホウジャク幼虫の特徴は、白いトゲトゲ。
亜背線の白線上の顆粒が終齢ではトゲ状となり、他種とは容易に見分けることができるようだ。

17日2019-1-2.jpg


気温は低めだったが日差しがあって、菜の花はアブ類で賑わっていた。
17日2019-1-8.jpg

17日2019-1-7.jpg


posted by やまかます at 20:36| Comment(0) | けもの

2019年01月16日

ヒメクロホウジャク幼虫、終齢になる

隣の栗林に落ちていた、テンの糞。
16日2019-6795.jpg

食べた果実は何だったろう?
つきとめておきたい。


アカネはもう残っていない、と諦めかけていたが、しつこく探していたら見落としがあった。
助かった!
で、ヒメクロホウジャク幼虫3頭は次々と脱皮して、終齢となった。
3頭とも褐色型に変身。

16日2019-6800.jpg

となると、ますます食欲旺盛になる。家の周辺だけで、アカネ探しはどこまで続けられるだろうか。
posted by やまかます at 22:35| Comment(0) |