2019年02月14日

病死

2月14日-3.jpg


家庭菜園のアブラナは花盛り。

ヒメフンバエかな?
この後どうなっていくだろう。




ナズナでは、アブラムシの一種が産仔していた。
2月14日.jpg


2月14日-2.jpg

アブラムシは
いっぱいいるけれど、アブラムシの天敵、ハナアブ類の幼虫は一匹だけ、卵も1個しか見つからなかった。
きっとどこかに見落としが潜んでいるに違いない。


確定申告の書類は、先週、準備完了。
受付初日には提出に行けそうだ。こんなに早く済ませることができたのは今年が初めて。


posted by やまかます at 22:22| Comment(0) | 菌類

2019年02月13日

パソコンお立ち台

デスクトップパソコンは、21.5インチi-Macを使っているが、このサイズでは机に直置きするとモニターの高さが目線に対して低過ぎる。
そこで端材で組んだ木箱に載せていたのだが、どうもしっくりこなかった。
台にi-Macを固定した格好では、背面にあるSDカードスロットへの差し込みやら外付け HDDの抜き差しもやりにくかった。
パソコン本体を片手で回転できると便利だ。

正月の夜、ふと思い付いて、パソコンお立ち台を新規に組んでみた。

材料はネット通販で溜まった段ボール箱と部屋の隅に転がっていた園芸用の回転台のみ。

2月13日.jpg

園芸用の回転台はプラスチック製で、直径25センチ、厚さは15ミリ。
21.5インチi-Macの底がちょうど納まり良い。回転台は重い物を載せてもスムーズに回転する。

この回転台を段ボールで作った円柱(高さ8センチ)で支える仕組み。
円柱は30センチ長片を固く巻いたロールで、かなり頑丈。これを9本円周上と中央に木工用ボンドで接着している

2月13日-2.jpg

パソコン本体を回転させても、外付けHDDも一緒に動くよう、背面にプラかごを引っ掛けている。
2月13日-3.jpg




posted by やまかます at 22:14| Comment(0) | 日記

2019年02月12日

台場クヌギの剪定をしたので、落とした枝を見ておいた。

見つかった虫は、コミミズク幼虫だけだった。

2月12日.jpg


うっすらと判る眼のおかげで、虫と気付く。まさに眼は口ほどに物を言う。
2月12日-2.jpg


コミミズク幼虫のついた枝は水差しにして、クヌギ小木の幹に触れるように立て掛けておいた。
いづれ枝の異変に気付いた幼虫が脱離した場合、無事に移動できることを期待して。
posted by やまかます at 23:05| Comment(0) | カメムシ

2019年02月11日

いただきます!

2月11日.jpg


花壇のそばでミミズを捕らえて、パクリ!

地面では飲み込まず、一旦止まり木に戻った。

1日にどれくらいの餌を食べているのだろう。朝から晩までずっと張り付いて見ていたいけれどね。
どんな獲物を捕らえているのか知りたいから。

すっかりお馴染みになったモズのオスだが、もうお相手も、営巣場所も決まっている頃だろうか。
しかし、まだメスのねだり鳴きを聞いていないなあ。

朝からどんより曇っていて光量が全然足りない。感度をISO1600に上げてもシャッター速度は1/320。
これではモズの敏捷な動きは完全にブレてしまう。


2月11日-2.jpg


先週末頃、産卵したようだ。ヤマアカガエルの卵。
休耕田の水溜りだけど、ここはいづれ干上がってしまいそうで気になる。
posted by やまかます at 23:31| Comment(0) | とり

2019年02月10日

早春蛾

昨日から寒くなったが、今朝、トビモンオオエダシャクのオスが庭にいた。
昨夜、仕事部屋の灯りに飛来したのだろう。

2月10日.jpg


2月10日-2.jpg

こんな柄のセーターが欲しくなるね。

あぜ道の枯れ草には、コガネグモ類の幼体がいた。
2月10日-3.jpg

犬の散歩途中でふと目に入ったのだが、最初はゴミ?かと。
しかし、立ち止まってよ〜く見れば、、、

2月10日-4.jpg

巣網から離れて休憩中のようだ。

「ユズの枝で、アゲハの蛹が逆さになってるよ」と嫁さん。

「アゲハ?ほんと?」と庭に出てみれば、宙ぶらりんになっていた蛹はアゲハではなく、
ナガサキアゲハだった。
「あれ、こんなところに付いていた?見落としていたねえ」

蛹は2メートルちょいの高さにあった。

2月10日-5.jpg

さっそくミシン糸で帯糸を掛けておいた。ユズの棘や葉っぱが邪魔で、ちょっと手間取ったけど。
2月10日-6.jpg
posted by やまかます at 22:30| Comment(0) |