2018年10月15日

だれのしわざ?

門川町の遠見山は標高300mほどだが、頂上からは日向灘、門川町、延岡市、を展望できる。

IMG_4454.jpg

そこの林道を少し歩いてみれば、ムベの実がいくつか落ちていた。
(10月13日、土曜日、正午〜)

IMG_4463.jpg


おや? だれかが、食べたようだ。
IMG_4464.jpg


14日は、NPO法人「子どもの森」主催の昆虫写真教室に講師として参加。
参加者は小学生と保護者の方々。普段、小さな生きものにカメラを向ける経験のない方がほとんどだったので、皆さんかなり苦労されていたようだ。

恐がられながらも、キイロスズメ幼虫は人気を得ていた。

IMG_4583.jpg

IMG_4587.jpg


クワコも同じく。
IMG_4590.jpg


posted by やまかます at 10:31| Comment(0) | ごった煮

2018年09月24日

夜も昼も

昨夜の柿の実レストランは賑わってはいたが、オオカマキリモドキは一頭も現れなかった。

IMG_3161.jpg


昼間いたノコギリクワガタは、さらに数が増えて2オス、1メスがいた。ノコギリクワガタはお泊まり、長期滞在型のようだ。
長期滞在と言えば、ハラビロカマキリも同じ顔ぶれが終日見られ、こちらも数が増えていた。


諦めるのは早すぎるとは思うが、今季のオオカマキリモドキ観察は難しいような気がする。
もしかしたら発生時期が去年よりか前倒しになっていたのではないだろうか?


庭のクヌギでは、ヤマトシリアゲムシのメスがいた。羽化したばかりのような新鮮な姿。
IMG_3117.jpg

IMG_3114.jpg


朝方、肉団子を食事中のトリノフンダマシ

IMG_3094.jpg


おそらく明け方に獲物を捕獲したのであろう。すっかり肉団子になって獲物の正体はわからない。
トリノフンダマシの観察は、午前3〜4時頃に絞ったほうがいいのかもしれない。
ちょっと辛い時間帯だが。


カキの葉裏にイラガ科の若齢幼虫の集団がいた。ヒメクロイラガだろうか?
よく見ると、寄生バチが馬乗りになって産卵管をしきりに突き立てていた。


IMG_3131.jpg


先月からクリで飼育しているオオミズアオ
体長は8センチ前後の熟齢になり食べる量も一気に増えた。


脱皮直後の終齢。
オオミズアオ脱皮10832.jpg


歩き始めて蛇腹のように伸びた体長は、9センチを超える。

オオミズアオ-9362.jpg


EOS-6D、EOS-5D Mark3 
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM、TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG
+スピードライト430EX III-RT+Nikon SB-30

posted by やまかます at 08:24| Comment(0) | ごった煮