2019年06月10日

ツチアケビの森

6月10日2019-11.jpg

落ち葉に生えていた小さなキノコ。

鹿児島県曽於市の森に着いたのは、午前10時。

森の入り口でしゃがみ込んだまま、1時間を費やしてしまった。
ホソガ科のある種の繭を探すのが目的で落ち葉めくりを始めたのだが、目的とは別の昆虫の観察で動けなくなったのだ。
立ち上がった時には左足の向う脛が引きつってしまい、しっかり歩けなくなった。
足の曲げ伸ばしをゆっくり繰り返して、なんとか復帰。


昨年の7月に撮影したツチアケビは今年も同じ場所で開花していた。
昨年は花の時期は終わりかけだったが、今回は咲き始めに間に合った。

6月10日2019-7.jpg

6月10日2019-8.jpg


ツチアケビの近くの川辺で昼食。
6月10日2019-6.jpg

今朝自分で握ったオニギリ一個。
これまで自作弁当を持参していたけれど、最近は弁当箱が嵩張るのでラップでくるんだオニギリにしている。
まあそれでも、せせらぎの音を聞きながらのランチは贅沢かもしれない。


落ち葉にはいろんな命が見つかる。

6月10日2019-5.jpg

6月10日2019.jpg


イロハカエデの梢には、トビモンオオエダシャク幼虫。
まだまだこの先、食べて、食べて、終齢期間は結構長く、もっとデッカくなる。

6月10日2019-2.jpg


あれ?このツル植物は、ダレ?

6月10日2019-4.jpg

posted by やまかます at 20:34| Comment(0) | 菌類

2019年05月09日

粘菌

庭のシロツメクサの葉をひたすらめくる。
しゃがんだ姿勢が続くので結構くたびれるが、これも仕事。

いい加減飽きてしまうところだが、目的があるので何かに取り憑かれたように手を休めない。
どうしても知りたいことがあって、それを見届けない限り仕事にならないからだ。
先日からこの「シロツメクサめくり」を日課としているが、それでも目的の観察は一応は達成できた。
できたけれど、同じ観察をもう一度と願っても、これがかなり厄介。

追観察は思う様にはいかないが、そのうち別の課題が見つかってしまい、この作業を断つことが出来なくなった。
まあ、昆虫観察、自然観察というのは、そういうことだ。
ある生き物の暮らしの細目をできるだけ把握したい、自分の目で確かめたい、と願っても
それがすぐ目の前の草むらで営まれていながらも、あっさりと願いが叶うことは少ない。

だから、お目当の現場にバッタリ行き当たると、これはかなり嬉しい。
自分にとっては、宝くじに当たるよりか、嬉しい。
もっとも、私は宝くじをこれまで一度も買ったことがないのだけど。

さて、一昨日のこと、めくったそこに、

「うん!?」


5月9日2019-2.jpg


これはどうやら、ハイイロフクロホコリ、という粘菌の子実体らしい。
この粘菌は地面からはい上がってくるという。


こちらはシロツメクサの茎に貼り付いていた。

5月9日2019-3.jpg


下部ほど茶色だが、上の方では徐々に灰色になっている。

昨日、お隣の果樹園で、クリの樹液に集まっていた、サトキマダラヒカゲたち。

5月9日2019.jpg


樹液に夢中のはずだが警戒心が強く、近づけば一斉に飛び去ってしまう。
もちろんそれは予測していたので、ひとまずギリギリの安全圏から撮影。

昨夜から降り始めた雨は夕方までひとしきり降り続けた。
あるゾウムシのスタジオ撮影で、深夜、数時間おきに起きては撮影待機。
結局、撮影が叶ったのは本日の正午過ぎだった。
ゾウムシの作業は延々と続いたが(8時間)、それを見ていると、私の待機疲れなどは大したことでは無いのだろうと思えた。


posted by やまかます at 20:17| Comment(0) | 菌類

2019年02月14日

病死

2月14日-3.jpg


家庭菜園のアブラナは花盛り。

ヒメフンバエかな?
この後どうなっていくだろう。




ナズナでは、アブラムシの一種が産仔していた。
2月14日.jpg


2月14日-2.jpg

アブラムシは
いっぱいいるけれど、アブラムシの天敵、ハナアブ類の幼虫は一匹だけ、卵も1個しか見つからなかった。
きっとどこかに見落としが潜んでいるに違いない。


確定申告の書類は、先週、準備完了。
受付初日には提出に行けそうだ。こんなに早く済ませることができたのは今年が初めて。


posted by やまかます at 22:22| Comment(0) | 菌類

2019年01月20日

山姥の休め木

宮崎市、田野町の宮崎大学演習林を歩いた。
20日2019-7126.jpg

風が強いせいで肌寒く感じる。気温は高めだが。
探していた木は見つからなかったが、それはそれでもいい。

気になった羽毛は、アオゲラ?それともアオバト?
20日2019-7132.jpg

こちらはドバトの羽毛だろう。オオタカの食べ跡だろうか。
20日2019-7135.jpg


崖ではキムラグモの巣蓋がいくつも見つかる。
20日2019-7146.jpg

20日2019-7145.jpg

アオキの実がいびつに変形していた。これは虫こぶで、「アオキミフクレフシ」と呼ばれる。
20日2019-7155.jpg

虫瘤の中では、アオキミタマバエの幼虫が越冬中。

山姥の休め木が、あちこちにあった。

20日2019-7149.jpg

キノコの仲間の一種が感染したものだそうで「絹皮病」と呼ばれている。



posted by やまかます at 20:59| Comment(0) | 菌類

2018年08月25日

テングタケ科白いキノコの正体

昨日、見つけた白いキノコを再び、訪れてみた。
場所は、延岡市立植物園。
ヒダが破れて三度笠のような傘が開いていた。

きのこ_Z5A8068.jpg

茶色のトゲトゲは、カラスザンショウの幹にあるトゲに似ている。
どうやら、ササクレシロオニタケ、のようだ。

ササクレシロオニタケ_Z5A8093.jpg

園内遊歩道の路面で、セスジスズメ幼虫コカマキリの餌食になっていた。


コカマキリ_Z5A8053.jpg

4月末には白い花を咲かせていたハンカチノキに、実がなっていた。
トチノキの実に似ている。

ハンカチノキ_Z5A8024.jpg

EOS-5 DMark3 、EF LENS EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM、TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD、
+スピードライト430EX III-RT+スピードライトトランスミッター ST-E3-RT

posted by やまかます at 21:02| Comment(0) | 菌類

2018年06月29日

緑色のキノコ

雨のなか、合羽を着ての撮影。
カメラもストロボもびしょ濡れだが、目の前の小さなキノコの名前が気になる。

キノコ_1209.jpg

キノコ_1225.jpg

ストロボはOLYMPUSのツインマクロSTF-8で、これは防塵・防滴仕様なので安心。
EOS80Dは雨対応でないが、結構ラフに使っている。少々濡れたって平気さ!と、調子にのっていると
そのうちトラブルに見舞われるだろう。が、意外とこのカメラはタフだ。
posted by やまかます at 21:14| Comment(0) | 菌類

2018年06月09日

菌類、ニセクロホシテントウゴミムシダマシ

鹿児島県曽於市の通い慣れたフィールドへ。
少し出遅れたか、と気になっていたがまだ間に合ったようだ。
ようだ、というのはこの後、継続観察で確認しないことには何とも言えない。


さて、ふと遊歩道の手摺を見れば、点々と小さな虫粒が並んでいた。
ニセクロホシテントウゴミムシダマシ、だ。


クロホシテントウゴミムシダマシ_8541-2.jpg

手摺表面にこびりついている苔か地衣類?を食べている様子。

クロホシテントウゴミムシダマシ_3590-2.jpg

交尾も見られたがどんな場所に産卵して、どこで幼虫は育つのだろうか?

※当初、クロホシテントウゴミムシダマシ、としていましたが、前胸背板に暗色部が無い、ことから
ニセクロホシテントウゴミムシダマシ、と訂正しました。


落ち葉や枯れ枝に、黒髪がいっぱい絡んでいた。
「山姥の髪の毛」と言われる、キノコの一種だ。


カミノケタケ02.jpg

髪の毛そっくりのものは、菌糸束でその先端に傘が開いている。
カミノケタケの一種、だろう。

カモノケタケ03.jpg

柄が枯れ枝を突き破って生えていた、こちらは別種のカミノケタケだろうか?

カミノケタケ01.jpg

落ち葉には一見、粘菌に似ている、担子菌類の一種が張り付いていた。
担子菌類.jpg

照葉樹林の林床に這いつくばっていると、時間が経つのを忘れてしまいそうだ。
一歩も前に進めない。




posted by やまかます at 19:01| Comment(0) | 菌類