2020年07月03日

樹液レストラン〜客の顔ぶれ増えたけれど

頭の回転が鈍くなったときは、体を動かすべし。
日差しはキツいが、草刈り作業を行ったのは、昨日、午後2時からのこと。
今日からしばらく雨が続くので、その前に片付けてもおきたかった。

体を動かすうち、何かしら閃くこともあれば、ただ疲れるだけに終わることもある。
後者だったとしても、気分転換になればそれでもいい。
刈っていく先々に、キリギリスやヒメギスが避難していく姿があった。
午後5時には、作業終了。
こってりとバテてしまい、布団に入って読書もそこそこ、すぐ爆睡。

さて、先日、庭のクヌギ樹液レストランは寂しい、とは書いたけど、
昨日はカブトムシを筆頭に役者の顔ぶれが少し増えた。


ジュエキレストラン-4053.jpg


カブトムシ、ゴマダラチョウ、カナブン、オオスズメバチ、ヨツボシオオキスイ、ハエ類、、、、。

オオスズメバチは落ち着きがなく、カブトムシを追っ払ったはいいけど、すぐに去ってしまった。
オオスズメバチが去ると、カブトムシの天下。
けれど、後から割り込んで来たカブトムシのメスに対して、オスは攻撃的ですぐに追い出してしまう。
よほど腹を空かしているのか。
ゴマダラチョウは長いストローを器用に使うので、まさにソーシャルディスタンスをとっているおかげで、カブトムシの機嫌を損ねることはほぼ無い。

カブトムシとゴマダラチョウが向かい合わせになっているところへ、上空から羽音が聞こえてきた。
「お!新参者、登場か」
と、期待を込めて見上げれば、シロテンハナムグリが樹上を颯爽と舞い降りてくる。

が、途中で羽音がピタリと止んだ。

「あ!コガネグモの網に掛かった」

ジュエキレストラン-7020787.jpg

あっという間に、糸でグルグル巻きにされて,

「お一人様、キャンセル!です」


ジュエキレストラン-7020828.jpg


「こちらは、クモの巣網レストラン、でございます」

隣に並ぶコナラの茂みには、一回り大きいカブトムシのオスがじっと潜んでいた。

「ワイは、夜勤めやから、起こさんといて!」

カブトムシ-7020887.jpg


少し離れたもう一本のクヌギ樹液は、先日紹介したように、もっぱらノコギリクワガタ族で、貸し切り状態。

ノコギリクワガタ-7020896.jpg

E-M1 MarkV  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO MC-20

今日は、大雨。
ほぼ終日降り止むこともなく、そして夜になってからは雷と風も出てきた。

posted by やまかます at 22:14| Comment(0) | 樹木

2020年05月02日

エゴノキ、開花

エゴノキの白い花が目立ち始めた。
エゴノキ-5020010.jpg
OM-D E-M1 Mark3 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

エゴノキが満開になる頃、ゲンジボタルが姿を見せ始める、もう間近だ。

エナガの巣立ちビナと、親鳥が庭にやって来た。

親鳥はクヌギの梢でイモムシを捕らえては、ヒナに給餌していた。
ヒナと言っても、もう親鳥とほぼ同じくらい体格のある幼鳥。

エナガ幼鳥-5018.jpg


クヌギからネコノチチに飛び移った親鳥。
エナガ-5040.jpg
EOS-6D EF70-300mm F4-5.6L IS USMSPEEDLITE430EXV-RT

コナラにカゲロウの一種
クリオオアブラムシ-5020013.jpg
OM-D E-M1 Mark3 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

今日も仕事部屋の裏口で、ドングリを食べていた、アナグマ
アナグマ-5093.jpg
EOS-6D EF70-300mm F4-5.6L IS USM

目の周囲に皮膚病の症状がある。疥癬だろうか。
尻尾はほとんど毛が抜け落ちている。
アナグマの動きを見ていると、どうも視力がかなり低いように思える。
私がすぐ近くに立っていても、じっとしていると気付かないようだ。

posted by やまかます at 22:13| Comment(0) | 樹木

2020年04月18日

サンゴジュとサツマシジミ、コデマリとホソコハナムグリ

午前8時20分。
公民館裏のサンゴジュの蕾が賑やかになった。

サンゴジュ蕾P4180040.jpg


強風の中、来るかな?と見上げてみれば、サツマシジミのメスがちょうど、日光浴をしていた。
サツマシジミP4180012.jpg

しばらくウォーミングアップを行った後、蕾に取り付いて、産卵を始めた。
高い梢なので、卵は確認できず。きっと手の届く蕾にも産卵しているはずだ。
サツマシジミP4180014.jpg

蕾そっくりの幼虫が育つまで、待つとしよう。

自宅林に一本だけ生えているエゴノキの蕾も日々、僅かづつながら膨らんでいる。
今年の開花は早くなりそうだ。
エゴノキP4180006.jpg

午後1時半。
庭のコデマリの花に来ている虫は少なく、ヒラタハナムグリ、クロウリハムシ、
そして、ホソコハナムグリ、がいた。
ホソコハナムグリP4180307.jpg

ホソコハナムグリの登場は例年より早め。本種は数が少ないようで、前にも書いたがいつも一頭ぼっち?だ。
ホソコハナムグリP4180318.jpg


今日は自宅林でミヤマセセリの♀をようやく見た。今春は全く姿を見ないので気になっていた。
posted by やまかます at 21:59| Comment(0) | 樹木

2020年04月14日

芽吹き様々

カラスザンショウの芽吹きが始まった。
クヌギやコナラに比べるとかなり遅い。
カラスザンショウ芽吹き-0428.jpg

カラスザンショウと肩を並べる、センダンはさらに遅い。

アカメガシワは、名前のごとく赤芽が目立つ。
アカメガシワ芽吹き-0437.jpg


足元のあちこちで、ウバユリが大きな葉を広げている。
年々、株の数が増えてきている。
ウバユリ-4140008.jpg


ヨコヅナサシガメ、5齢幼虫、色付いた成虫、羽化直後の成虫の、三点セット。
ツチバチ-4130018.jpg



夕方、電話に出ていると、出窓越しに、林の梢を移動するツツドリが目線の高さに。
電話の応対を中断するわけにもいかず、横目でツツドリの動きを追った。
先日、ウグイスの巣から飛び出してきたのは、やはりツツドリだったようだ。
実は5日前にも、クワゴマダラヒトリをくわえているところをほぼ同じ場所で目撃している。
ツツドリが連日、巣の周辺を行き交うのだから、ウグイスも落ち着かないのではないだろうか。
ツツドリが托卵するとして、さて、何色の卵を産むのだろう?
posted by やまかます at 20:43| Comment(0) | 樹木

2020年03月26日

コナラの芽吹き盛ん

朝から雨が降ったり止んだり。
ソメイヨシノの開花はポツポツ始まったが、気温は久々に低め。

サクラの開花よりも、コナラの芽吹きの彩りに気持ちが春めく。
コナラ-4166.jpg


双眼実体顕微鏡の台を作った。
透過観察をしたいときには必須の、台である。
ビノキュラー-4193.jpg

検体に下から光を当てるための台だが、頻度は少ないのでこれまでは本を重ねたりしてあり合わせで誤魔化してきた。
要は実体顕微鏡に、下駄を履かせればいいわけだ。
けれど本などでは不安定だし、そもそも面倒だし、格好悪いし、で、
ようやく腰を上げた。工作時間は1時間少々。ガッチリした常設の台が完成した。
材料は端材など、手元にあるもので間に合った。買い物は一切無し。

形状は、便座に似ていなくも無い。いづれ気が向いたら、表面処理もしっかりやっておこう。

posted by やまかます at 21:00| Comment(0) | 樹木

2020年03月07日

クヌギ、一足早い芽生え

例年、芽吹きが早いクヌギ
クヌギ雄花序-9120.jpg

一部の枝のみだけど、手に取れるような高さ。

虫こぶのクヌギハナカイメンフシも毎年、同じ梢から現れる。
クヌギハナカイメンフシ-9111.jpg


庭には今日もシロハラが長い時間、餌探しに夢中。よほど餌が見つけ易いと見える。
シロハラ-3837.jpg

窓ガラス越しにじっと見ていても、逃げようとはしない。

レンゲ-9107.jpg

花の表情が昨日とは違う、レンゲ

posted by やまかます at 20:49| Comment(0) | 樹木

2019年12月04日

落ち葉

午前10時ちょうど、台所でコーヒーを淹れている最中、
またもや桜島噴火による、激しい空振があった。
午後3時過ぎにも再び。外に出ると微かに、硫黄臭もした。

昨日見つけたアカタテハの死骸はそのまま。
1204アカタテハ-040037.jpg

この寒さでは、運び去っていくアリもいない。このあと、どうなるだろうか。

2カ所にあったムラサキツバメの越冬集団は、写真の一箇所のみとなった。
1204ムラサキツバメ-030027.jpg

すぐそばに脚立を置いてあって、少し見下ろす位置から撮影している。

一週間、家を空けている間に、自宅林の観察路はすっかり落ち葉に覆われていた。
ほとんどは、クヌギの落ち葉だ。

1204落ち葉-040048.jpg



posted by やまかます at 20:52| Comment(0) | 樹木

2019年11月05日

キハダの実

蝶が好きなお宅の庭木には、キハダが一本くらいはあるかもしれない。

ミヤマカラスアゲハの飼育には欠かせない食樹であり、
もしや母蝶が飛来するかもしれない、という期待もあるだろう。
生息地から離れた街中であっても、稀にそういうことがあるから、気まぐれな母蝶にラブコールを送りたくなるというものだ。

かなり、いやウンとウンと昔、ある昆虫雑誌に、ミヤマカラスアゲハの飼育法を紹介した記事があって、食い入るように読んだことも懐かしい。飼育ケースは大型のタッパー容器を使う方法だった。
記事の中で、キハダは水揚げが悪く、萎れないようにするため密閉容器を使うことを薦めていた。
飼育する頭数にもよるが食べる量も半端ではないので、新鮮な葉を供給するには庭木に植えておくのが一番とあった。
確かにキハダはどこにでも生えているものではなく、かと言って山地の自生地まで通うのもほとんど不可能。
で、記事の著者はキハダの実を希望者には差し上げます、とまで書かれてあったと思う。
実生から育てて、食樹として使えるまで成長するにはどのくらいの年数が必要かは忘れた。

しかし結局、私はミヤマカラスアゲハの飼育をする機会に恵まれることはなかった。
成虫の採集どころか目撃すら果たせなかったと思う。
ミヤマカラスアゲハはかなり長い年数の間、憧れの蝶であり続けた。それはそれで良かったような気もする。今となってみれば、、、。

さて、都城市内の公園に植えられている、キハダを見てきた。
ここは私の自宅から一番近い場所にあるキハダ、になる。雌株なので果実がたくさんなっていた。
1105キハダ-0942.jpg

このあと熟すと黒くなる。

かつて憧れだったミヤマカラスアゲハは、今では四季折々、庭の花壇に飛来し自宅林のカラスザンショウで繁殖もしている。
カラスザンショウは大木なので、卵や幼虫を見ることは難しいが、稀に地上近くで蛹が見つかることがある。

飼育したいという、昔には抱いていた欲望は自然と薄れて、あるがままの姿を見れる時に見れればいい、と思うようになった。追い求めなくても、向こうからやって来る環境に住んでいるのだから当然と言えば当然。

キハダでは、ミヤマカラスアゲハ以外に、エサキモンキツノカメムシも繁殖する。
キハダの果実は、エサキモンキツノカメムシの幼虫たちが育つための必須の栄養源になるためだ。

キハダの樹冠を眺めたあと、少し歩いていると、イロハカエデの梢にいたキジバトと目があった。
日陰になっていたので、露出をちょいプラス補正。
1105キジバト-0954.jpg


クルクルと地面から舞い上がったムラサキシジミが、またすぐに降りてきて、
草の上の朝露を吸い始めた。

1105ムラサキシジミ-0950.jpg




posted by やまかます at 21:56| Comment(0) | 樹木

2019年11月03日

ツタウルシ

ツタウルシの紅葉が見たくなって、霧島山の高千穂河原に行ってみた。

1103高千穂河原-2679.jpg

画面中央、稜線の窪んだところにちょこんと見えているのが高千穂峰で、標高1,574m。
高千穂河原の登り口から1時間半のコース。
10年前の5月、ミヤマキリシマの撮影で登ったことがあるが、砂礫の崩れやすい直登は結構キツかった

連休とあって県外ナンバーの車もチラホラ。多くの登山客で賑わっており、砂礫の直登コースには人の列ができているのが遠目にも見えた。
1103御鉢-7908.jpg

今日は写真画面下の駐車場右手奥にある自然研究路の森を歩いた。
ここに入る人は極めて少ないので落ち着いて観察歩きができる。
3年前、ここでハルゼミの羽化の撮影を行った。

研究路の地面には大粒の火山灰がビッシリ。
1103火山灰-2665.jpg


ハルゼミの撮影をした春には、ツタウルシの新緑が目についたことを思い起こしながら、
樹冠を見上げると、、、、
紅葉したツタウルシ
1103チタウルシ-7859.jpg

1103ツタウルシ-7879.jpg


こちらは、トウダイグサ科の、シラキ
1103シラキ-7847.jpg

1103落ち葉-2667.jpg


森の中に観察舎がポツンと建っている。
1103観察舎-7893.jpg


中はガランとしていて、鳥の剥製が飾っているだけ。
1103観察舎-7890.jpg


観察舎の横に人工池があって「ここは鳥の水場だね」などと話している最中に、本当に鳥がやって来た。
アトリだ。

すぐ近くにも関わらず、落ち着いて水を飲んで行った。

1103アトリ-7898.jpg

1103アトリ-7900.jpg


地面を這うかのように、低く飛んでいたのは、オオセンチコガネ。
膝元に来たので手ではたき落としたが、残念ながら見失ってしまった。
黄金色に輝いていた姿が気になって、しっかり見ておきたかった。

他にアサギマダラとオオスズメバチが飛んでいたが、虫はさっぱり。
駐車場に戻ってみると、後ろタイヤの所に、ヒメツチハンミョウがいた。

「待ってくれていたんだよ、コレは!」

手にとると死にマネをして、黄色いカンタリジンを出した。
1103ヒメツチハンミョウ-2687.jpg


帰宅途中のゴボウ畑で、花茎がポツポツと伸び上がっていのが目に止まった。
気にはなったがまだ開花は少し先の様子だったので、また後日、出直すことにした。



posted by やまかます at 21:06| Comment(0) | 樹木

2019年03月10日

満開、ヒサカキの花

林に降りるとヒサカキの花の香りが漂ってくる。

人によっては不快に感じるかも知れない。
私は嫌いでもないが、好きな香りとは言い難い。微妙な匂いだ。


下向きに開いた雄花を仰いで見れば、中にちいちゃい虫がたまに入っている。大概は頭を奥にしているので見えているのはお尻だ。
けれどよくよく探してみると、頭を外向きにしていることもある。

    (写真は全て昨日9日に撮影)
3月10日.jpg

先日載せたアブラナの花に潜り込んでいたケシキスイ類とよく似ている。
口には花粉をいっぱい付けている。


一つの花に2頭入っていることもあった。これはペアだろうか?
いや多分そうだろう。

3月10日-2.jpg


花にはハチやアブ、ハエ類も数多く訪れているが、ハエカビ菌に感染して死んだものもいた。

3月08日.jpg


ヒサカキは雌雄異株で、
こちらは雌花。

3月10日-3.jpg

posted by やまかます at 09:29| Comment(0) | 樹木

2018年09月23日

柿の実レストラン〜昼の部

昨日は久々に快晴。しかも、暑かった。

柿の実レストランのお客たち(三股町、上米公園)。
キイロスズメバチ。

701A8313.jpg


ノコギリクワガタのペア。
IMG_3060.jpg


キタテハ
IMG_3072.jpg


アカスジコケガなど、夜のレストランを訪れた客たちの姿が葉陰にあったが、
オオカマキリモドキは一頭も見つからない。

夕方から草刈り作業の続き。夜の観察は今夜に延期とした。


EOS-5D Mark3、EOS-6D
EF70-300mm F4-5.6L IS USM 、シグマ50mm Macro
+スピードライト430EX III-RT+マクロツインライトMT-26EX-RT
posted by やまかます at 06:54| Comment(1) | 樹木