2018年10月18日

コガタコガネグモ

午前中、21日(日)に予定している観察会の下見をしておいた。
三股町の上米公園。

陽当たりの良い道沿いにはタテハモドキ

上米-0046.jpg


ツマグロキチョウは低くゆっくり舞い、休むときは草むらに潜り込むことが多い。
飛び方を見ればキタキチョウと区別できる。
カタバミで吸蜜していたが、それ以外ではほとんど花には来なかった。

上米-9984.jpg


ホウネンタワラチビアメバチの繭。
上米-0041.jpg


コガタコガネグモだろうか?
上米-9957.jpg

少し大きいように感じるが、近似種にムシバミコガネグモがいる。

アラカシの朽ち木には、びっしりとキノコが生えていた。ウスヒラタケだろうか?
上米-0026.jpg

上米-0019.jpg


ヒナカマキリも探してみたが、見つからず。
ルッキングだけで見つかるほど数はいない、ということだろう。
posted by やまかます at 21:03| Comment(0) | クモ

2018年10月09日

お食事中

仕事部屋を出てすぐの草原で、ナガコガネグモが食事中だった。


IMG_4128.jpg


網に掛かっていたのは、ショウリョウバッタのオス。
オスはこうしてよくクモの巣網に絡まっているが、メスは稀。


ヤブガラシの葉っぱをほぼ食べ尽くす寸前。セスジスズメの幼虫。デカイ!
体長7p。

IMG_4045.jpg

目玉模様が強烈。

深夜、11時20分頃、枕元に体長10p超のムカデが登場。
嫁さんがパニック状態で騒ぐ、、、、、のも当たり前か。

「おお!久々にこれはデカイね」と、ハエ叩きで退治したが、
残念ながらムカデの侵入を食い止める策は無い。

いつもは大型ピンセットで摘みアルコール瓶に放り込むのだが、場所によってはハエ叩きも使う。
ただし、場所によってであり、狭い隙間や障害物がある場合は、ピンセットが有効。
posted by やまかます at 23:48| Comment(0) | クモ

2018年08月26日

事故死

「風呂場の換気扇が動かなくなったんだけど」と、嫁さん。

「取り付けたのが11年前だから、そろそろ寿命かな?」

雨漏りの次は換気扇か、ヤレヤレ、と見に行ってみる。
スイッチが入ったままだけど、確かに作動していない。
換気扇のカバーを外してみた。

「なんだ、こういうことか!」

回転翼に挟まっていたアシダカグモが、ポトリと落ちた。

アシダカグモ_1339.jpg
おそらく即死だったのだろう。腹部が大きく抉れていた。
死骸が外れたはずみで、換気扇は正常に作動し始めた。
電源が入れっぱなしだったにも関わらず、モーターが焼き切れなかったのが不思議だ。


不思議と言えば、アシダカグモがブンブン唸って回転する換気扇の中に入ったこと。
振動もかなりあるはずだし、警戒して近寄らないのでは?と思いたくなる。
もしかして、その振動を獲物の動きと勘違いした?  いやいや、11年間、毎晩回転してきたのだから、
今回に限ってというのは考えにくい。

回転する前に侵入し、うっかり長居しているうちに、家人がスイッチを入れた。
たぶん、そんなところだろうなあ。

わが家ではもっともお馴染みの同居者だから、こんなアクシデントもたまにある。
扉の隙間でせんべいになっていたりと。


クヌギに行儀良く並んだ、イモムシ。
ツマキシャチホコかな。

けむし_Z5A8107.jpg

数時間後には、身を寄せ合って食事していた。
けむしZ5A8111.jpg
色合いといい、暑苦しいことこの上ない。


EOS-5D Mark3、TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD+スピードライト430EX III-RT
posted by やまかます at 18:50| Comment(2) | クモ

2018年08月19日

猫顔

庭のクヌギ小木に、トリノフンダマシオオトリノフンダマシがいる。
トリノフンダマシ_0764.jpg
オオトリノフンダマシ_0806.jpg

いづれもまだ幼体。
大きな腹部には、想像力を掻き立ててくれる模様があって、昼間はただただじっとしているだけ。
夜には網巣を張るから、糸張りや狩りの様子を見ておきたい。


EOS-6D タムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
+スピードライト270EX II
posted by やまかます at 21:12| Comment(0) | クモ

2018年08月15日

ヤリグモ、ふたたび

一昨日見つけたヤリグモの卵のうと子グモたち。
昨夜は台風のおかげで一晩中、雨脚が強かった。
今日はどうなっているだろうかと、覗いてみた。

ヤリグモ_4305.jpg

垂直に立っていた卵のうは横倒しとなり、
少し離れた位置に孤立している子グモも数匹いたが、子グモたちはかろうじて一か所にまとまっていた。


息を吹きかけると脚を広げて動き出す子グモもいるが、ほとんどは動かない。
ヤリグモ_4386.jpg
子グモの尖ったお尻はヤリグモという和名に相応しい姿とも思える。
さて、この小さな子グモたちは、どうやって成長するのだろうか?

EOS-M5 MP-E65mm F2.8 1-5×マクロ、EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
posted by やまかます at 21:56| Comment(0) | クモ