2019年08月05日

樹液レストラン

地元新聞社の取材で記者の方を伴い、カブトムシ、クワガタムシを探してみた。
場所は三股町内の公園。

カブトムシはすでに残骸が転がっているだけで、一足先にカラスに食べられてしまったようだ。
しかし、大きなヒラタクワガタ
クヌギの樹液に来ていた。彼らは隙間に身を潜める巧みな術を心得ている。
ヒラタクワガタIMG_6763.jpg


アラカシでは、シロスジカミキリのメスがいた。
樹液レストラン開業の裏方だ。
シロスジカミキリIMG_6755.jpg


アルコール発酵が進んでプンプン臭う、クヌギ樹液の根本にオオスズメバチがいた。
元気が無かったが、一目で、スズメバチネジレバネ♀の頭部が覗いているのがわかった。
あんまりおとなしいので、これをケースに入れて持ち帰ったところ、スズメバチは衰弱して死にかけていた。
と!目の前でスズメバチネジレバネの頭部からワラワラと小さな幼虫が出てきた。
とにかく小さい。動いているから幼虫だとかろうじてわかる。
スズメバチネジレバネIMG_0092.jpg

数百、いやそれ以上のかなりの数。
黒っぽい方が、頭部。
スズメバチネジレバネ幼虫IMG_0102.jpg


微小なふ化幼虫をもっと鮮明に表現するのは難しいが、少なくとも6脚あって素早く歩行すること、
お尻に長い二本の細いヒゲがあること、などの特徴が見てとれる。

ネジレバネの頭部をピンセットで引っ張り出してみたら、
体本体が破れ、そこからもふ化幼虫が溢れるように出てきた。
スズメバチネジレバネは、『体腔内卵胎生』という特殊な産卵形態である。

寄生されていたオオスズメバチは弱って結局死んでしまった。
本来なら樹液レストランの場で親の体から分散したふ化幼虫たちは、そこでオオスズメバチの飛来を待ち、
自ら選んだ運搬者に便乗する。
で、便乗したオオスズメバチが帰巣するや、巣内で多数養われているオオスズメバチ幼虫に寄生するようだ。
スズメバチネジレバネふ化幼虫(1齢)の寿命は、わずかに5日間。



参照文献:
前田泰生・木船悌嗣『ネジレバネの生態(1)〜(5)』
インセクタリュウム 1990.Vol.27:4月~8月号)

posted by やまかます at 21:17| Comment(2) | ハチ・アリ

2019年08月02日

残骸

昨日、縁側のヤマトアシナガバチの巣が空っぽになっていた。
おそらくヒメスズメバチの略奪があったのだろう。
予想はしていたが、ちょうど私が留守にしている間の出来事だったようだ。

ヤマトアシナガバチ巣-6617.jpg


先月半ば頃からうちの庭ではカブトムシの姿が多い。
カブトムシ-9829.jpg

メスの方が圧倒的に数は多い。

目の前でフワフワと低空飛翔して、休憩に入ったナガサキアゲハのメス。
ナガサキアゲハ♀-9955.jpg

(撮影地:上米公園)

午後6時半頃、庭の人工池で産卵していた、ヤブヤンマのメス。
ヤブヤンマ♀-9790.jpg

先に見つけたのは、嫁さんだった。
「あ!ヤンマ」の声に、樹液に来ていた大型ノコギリクワガタの撮影を中断して、
カメラを構え直した。人工池は樹液レストランのすぐ横にある。
2、3回人工池の縁で産卵した後、イヌビワの枝で休憩。

ササキリの幼虫、でっぷりと肥えた?
ササキリ幼虫-9774.jpg


posted by やまかます at 20:48| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年07月31日

ヒメホソアシナガバチの巣

美郷町の竹やぶで見つけた、ヒメホソアシナガバチの巣。
細い柄でぶら下がった巣の全長は18センチほど。
ヒメホソアシナガバチ-9733.jpg


ガードレールの下から体半分を乗り出してようやく撮影できる、そんな場所だった。
つまり崖下の竹やぶの高所であり、巣の周りは遮るものが全くないオープンな状態。
冬になったら、この巣を採集しようかと思う。

美郷町『おせりの滝』での昆虫観察会は晴天の下、無事に開催できた。
なにせ過去数年ほぼ毎回雨に祟られ、晴れたのはわずか一回のみ。初回は2014年の夏。
oserino-9716.jpg

毎回、参加してくれる子供達は50名以上と多い。


うちの林のウバユリが開花した。
ウバユリ-1750.jpg


ウバユリ-1753.jpg


posted by やまかます at 21:25| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年07月11日

キイロスズメバチ、リセット

午前5時15分、ワーカーの数が増えていたが、一気に巣をそぎ落とした。窓の隙間からにわか造りの槍で。しばらくはワーカーが右往左往していたが、やがて来なくなった。
がしかし、昼前にトイレに行くと、窓の外、屋根の庇で新たな巣作りが急ピッチで進んでいた。
他の候補場所はどうなっているのだろう?

夜、仕事部屋のドアを開けて外にあるサンダルを履こうとしたら、すぐ横にマムシがいた。中くらいの大きさ。敷地内でマムシに遭遇したのは今夜が初めて。

今日の午後からネット接続ができなくなりました。原因は光回線の信号が入らなくなったせいで、固定電話も通じません。
修理は来週、水曜日になるので復旧するまでの間、ブログ更新は休止します。(今夜は携帯で入力。)
posted by やまかます at 22:38| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年07月10日

雨でも巣作り怠らず

一昨日から始まったキイロスズメバチの巣作り。
今朝、午前6時15分にはワーカーが飛来した。

多い時では7頭のワーカーが集まり、巣作りの勢いはいよいよ加速してきた。

キイロスズメバチIMG_1692.jpg


すでに育房室を覆う外被の土台も形が整い始めた。
巣材の違いによる独特な縞模様も出てきた。

キイロスズメバチIMG_1699.jpg


午後7時半、日没後も3頭のワーカーが残っている。このまま夜通しで巣場所を守るのだろう。

どうやらこの場所での営巣が本格化してきたように思える。
当初はどうせ他の候補地に移るだろう、と見くびっていた。
けれど場所が場所だけに、残念ながら営巣を阻止しなければならない。
夜通しでワーカーが居残るようになると、排除作業もちょっと厄介だ。

昨年の4月、玄関先に置いてある植木台の天井板裏に、コガタスズメバチ女王が単独営巣を始め、
気付いた時点では3つの育房室に卵が産まれていた。
これも場所が場所だけに、しかしコガタスズメバチだから、少し場所替えをして撮影をすることにした。
いきなり場所替えをしたのでは女王バチが迷って、放棄するかもしれないので、
50センチほどの小刻みで、ゆっくりと植木台を人の導線から外れる3メートル離れた家壁の庇下へと移動した。
この牛歩作戦は成功して、なおかつ観察と撮影がし易いよう、植木台に下駄を履かせて巣の位置が目線の高さに来るように出来た。
移転先で女王バチは何事もなかったのように、巣作りを粛々と続けてくれた。

がしかし、さあ巣作りの様子を克明に撮影できるぞ、という気負いが過ぎたか、
カメラをセットしている時に、ガタンッ!と植木台に三脚をぶつけてしまった。
しまった!と慌てた時には、巣の一部が崩れて硬いコンクリート地面に落ちていた。
戻ってきた女王バチは異変に気付いてか、あっさり巣を放棄してしまった。という苦い経験を思い出した。

コガタスズメバチの場合は、植木台を犠牲にすれば巣場所を移動できたけれど、
今回のキイロスズメバチ営巣場所は縁側の庇の梁であり、夜通しワーカーが居残るようになった今となっては
もはや強制的に移動させることは難しい。
またコガタスズメバチほど穏やかな性格ではなく、巣コロニーの規模も大きいので、
営巣場所が住居部近辺では危険が伴う。
結局、キイロスズメバチの巣作りを早めに阻止した方が、彼女らにとってもダメージが少ないかと思う。

巣場所の同じ並びに40センチほど隔てて、ヤマトアシナガバチの巣もあるので、
さらに注意が必要だ。できれば刺されたくない。
そう言えば、三股町役場ではハチ駆除用の防護服を貸し出してくれると、先日、聞いたばかり。

posted by やまかます at 22:59| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年07月09日

キイロスズメバチの営巣とヤリグモ出のう

午前6時過ぎ、まだキイロスズメバチの姿は無かったが、
2時間後にはワーカーが巣作りに励んでいた。

キイロスズメバチIMG_1668.jpg

午前中に育房室が三つ完成している。
午後7時頃、ワーカーはいなくなった。本家の巣に戻ったのだろう。

引越しは新しい巣が完成してからで、まだまだ日数が掛かりそうだ。この場所が本命になるなら。


玄関先のツバキでヤリグモが出のうしていた。
子グモの姿を見るまで、卵のうに気付かなかったのは迂闊だった。


ヤリグモIMG_8883.jpg

昨年は8月14日に出のうを見ている。

今年も三股町のJR三股駅「みまたんMギャラリー」で写真展を開催する。
その打ち合わせで役場に赴いたついでに参議院選挙の期日前投票を済ませておいた。

※写真展の開催時期は9月14日〜28日を予定していますが、観察会+講演の日程など、仔細は後日お知らせします。
posted by やまかます at 20:49| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年07月08日

キイロスズメバチの引越し

縁側の庇にキイロスズメバチが来るようになったのは数日前から。
3、4頭のワーカーが天井や家壁にしきりとタッチを繰り返していた。

「新しい巣場所を探しているんだな!」


でもそのすぐ傍にはヤマトアシナガバチがすでに営巣している。
しかしキイロスズメバチはヤマトアシナガバチには全く無関心の様子。

で、今日になってにわかに巣作りが始まった。

キイロスズメバチIMG_3356.jpg


時折、ヤマトアシナガバチのワーカーがキイロスズメバチにアタックするけれど、
それでもキイロスズメバチは相手にすることなく、粛々と巣作りに励んでいた。
まるでヤマトアシナガバチの姿が見えてないかのような振る舞いは、不思議に思える。
人がちょっかいを出したら、そうもいかないだろうに。

一気に巣作りが進展しそうな勢いが最初はあったが、やがてワーカーの数が減り、
一頭だけが寄り添っている時間が多くなった。

キイロスズメバチはワーカーが百頭くらいになり巣が手狭になると引っ越しをする。
その引越しに際しては、数カ所の候補地の中からベストの1カ所に絞られるようだ。(中村雅雄『スズメバチ』2007;八坂書房)
ということは、縁側のこの場所が本命ではない可能性もある。
過去にも偵察ワーカーがよく我が家に飛来することはあったけど、一度も営巣には至っていない。

ヤマトアシナガバチの巣はすぐ横。

キイロスズメバチIMG_3361.jpg


日没時になるとキイロスズメバチのワーカーは姿を消してしまった。
さて明日はどうなるだろう。

近所の草はらにいた、カヤキリ♀の幼虫。
頭胸部の大きさはすでにクビキリギスやクサキリの成虫と同じくらいの大きさがある。

カヤキリ幼虫IMG_8907.jpg

羽化までまだあと一回は脱皮するかな。
カヤキリ幼虫IMG_8929.jpg

羽化の様子を観たくて、この幼虫はお持ち帰りとした。
posted by やまかます at 21:36| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年03月12日

虫こぶ

クヌギハケタマバチの両性世代が育つ虫こぶが、
クヌギハナカイメンフシ

3月12日-4.jpg


ピンク色に染まった綿状の虫コブから、6月頃にクヌギハケタマバチの雌雄が羽化脱出する。
しかしながら、昨日、紹介した寄生バチが数日間にわたって産卵しているので、
クヌギハケタマバチが羽化できる確率はきわめて低いだろう。


6月に羽化したクヌギハケタマバチの♀は、今度はクヌギの葉裏に産卵。
産卵したところには頂上に凹みがある壺型をした虫こぶ、クヌギハケタマフシが形成される。
そのクヌギハケタマフシの中で育つのは、単性世代で♀のみ。


アケビの花が咲き始めた。
3月12日-5.jpg

菜の花の光景も今月一杯くらいだろうか。今のうちにこの光景を目に焼き付けておこうか。
春の進行は速い。

3月12日-3.jpg


仕事部屋の灯火に飛来した、アカハラゴマダラヒトリ
3月12日.jpg

なるほど擬死して、でんぐり返りすると和名の由来がわかる。
3月12日-2.jpg
posted by やまかます at 21:03| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年02月23日

キンケハラナガツチバチ

自宅菜園のアブラナは多くのニホンミツバチやアブ類で賑わっていた。
とにかく暖かい。

一際大きなハチのカップルが目をひく。


2月23日.jpg

キンケハラナガツチバチだ。画面左がメス。
体の小さいオスが懸命に言い寄っていた。
メスは後ろ脚を高く上げては素っ気無いが、脚上げが肘鉄のようなものかな。


ブ〜ンと翅音を立てて着地したのは、クチブトカメムシ
イモムシの天敵だ。モンシロチョウの幼虫もよく吸血されているのを見る。
まだ越冬明け直後でウォーミングアップ、といったところだろうか。

2月23日-2.jpg

ケヤキに絡んだスイカズラの葉上を、イチモンジチョウ幼虫が歩いていた。

2月23日-3.jpg

つい先ほどまで葉の縁を齧っていたようで、食事を終えた後、近くの越冬巣に戻ってそこへ潜り込んだ。
けれど、頭隠して尻隠さず。ちょっと肥えちゃいました。

2月23日-4.jpg


山仕事で朽木を整理していたら、次々とイモリが出てきた。
うちの林にはイモリが多いね。池があるから。

2月23日-5.jpg

2月23日-6.jpg

posted by やまかます at 21:24| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年02月21日

リュウキュウコオロギバチ

午後3時、紅茶を飲んでいると、カサコソ、カサコソ、と音がする。
ウンどこからだ? 隣の部屋か?玄関か?廊下か?と探り歩くも音源の位置がわからない。
そのうち音は止んでしまった。

おかしいなあ、空耳か?とカップを手にしたらまた、今度は近くから聞こえてきた。
隣の客間に入ってみれば、障子に何かがぶつかる音だと、わかった。

あ!ハチだ。


2月20日-5.jpg


あ!このハチはコオロギ類を抱えて運んでいる姿を以前に撮影したことがある。
ギングチバチ科のリュウキュウコオロギバチ、だ。


2月20日-6.jpg


金色の体毛が輝く特徴的な姿で、クチキコオロギを主に狩るようだ。
そして、成虫越冬。

どういう経緯で部屋に紛れ込んだのかわからないが、ともかく外に出たいようなので窓を開けた。
手に乗っけて外に突き出してみたが、しばらく手のひらをウロウロするばかり。
身繕いなどして落ち着いているので仕方なく外壁に強制移動。するとしばらくしてプイッと飛び去って行った。
posted by やまかます at 23:10| Comment(0) | ハチ・アリ