2018年08月04日

竹尾緑地〜福津市

福岡県、福津市にある竹尾緑地で昆虫観察会を開催した。
主催は環境ネットワーク『虹』

P8030015.jpg
竹尾緑地は、シイ・カシ類が優占する照葉樹林の森を中心に、ガマが生える湿地、小川、草原という自然環境が保全されている。

朝、宿泊しているホテルの玄関前で拾った、ベーツヒラタカミキリ♂。
ベーツヒラタ_9834.jpg

参加者の皆さんに見てもらってから森に返した。

ジョロウグモの網糸についていた、チャバネアオカメムシの卵

たまご_9799.jpg
糸に引っかかったメスが、苦し紛れにか産卵したものだろう。
以前、清瀬市の中里緑地保全地域の林で同じシーンを見ている。そのときはメス成虫も掛かっていた。
こちらは、クワの葉に産んであった卵塊。

たまご_9821.jpg

昨日の下見ではヒグラシがかなり多く、セミヤドリガ幼虫を背負ったものや、幹に紡がれた繭も見つかった。
ミズキの実では多数のツノカメムシ類の幼虫がついていたが、おそらくエサキモンキツノカメムシかと思う。
だとすると、2化としてはかなり早い発生だ。まさか別種?もう一度、明日の帰り際に確認してみよう。
マツヨイグサにはルリクチブトカメムシの幼虫がいて、別の場所の草むらで成虫も見つけた。


明日は、福津市立図書館で講演。

OLYMPUS TG-4 、 EOS-6D シグマ50mmマクロ+ストロボ270EXU


posted by やまかます at 17:50| Comment(0) | カメムシ

2018年07月27日

ホオズキカメムシ

家庭菜園のピーマンに、ホオズキカメムシの群れが。
ホオズキカメムシ_9292.jpg
幼虫は白い粉をふいたような姿だが、よく見ると体一面に白い毛が生えているのがわかる。
ホオズキ_9288.jpg

これを退治するのは簡単。
右の手のひらを受け皿にして、左手でピーマンの茎をポンポンと叩くだけ。
ホオズキカメムシは慌てて受け皿に落ちるから、溜まったところでギュッと潰さない程度に握りしめる。
そして、菜園から離れた草むらに投げ捨てる。
幼虫は飛べないから、ピーマンに生還するのは難しい、と思う。

ま、イタチごっこではあるが、やらないよりまし。

ヤマアジサイの葉上を忙しく歩いていたのは、クロマドボタルの幼虫だろうか?
しきりと水滴を舐めていた。

マドボタル幼虫_9313.jpg


posted by やまかます at 21:47| Comment(0) | カメムシ

2018年07月24日

ススキが好き好き!

鹿児島県曽於市。

先月、花の終わり頃に見つけたツチアケビ
自分の目と足で、初めて出会えただけあって嬉しかった。
誰かに蹴飛ばされていないか心配だったが、赤い実が無事に育っていた。

ツチアケビ_9235.jpg
この場所は道のすぐ傍なのだが、樹木の陰になってすぐには見つからないのが幸いしたのだろう。

ツチアケビの隣には、綺麗なキノコ。
キノコ_9240.jpg
今朝の目的は、ベニツチカメムシの観察だったが、羽化ピークも終盤、残っている5齢幼虫はわずかで、集団のほとんどが成虫となっていた。例年よりか少し早い。

仕事部屋を出てすぐのススキ。
_Z5A7316.jpg
しきりとススキの汁を吸うアカハネナガウンカ。もしかして、あそこか?産卵場所。

お尻を上げているのは、何で?暑いから?
エビイロ_Z5A7336.jpg
写真のエビイロカメムシ幼虫は日陰だけど、日向でガンガンに日射しを浴びている幼虫もいた。

EOS-6D EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM 、 
タムロン SP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD、スピードライト270EX II
posted by やまかます at 19:38| Comment(0) | カメムシ

2018年07月18日

代々木公園のカメムシ

本日も代々木公園。

コブシを見上げると、ミナミトゲヘリカメムシが多数いた。

ミナミトゲヘリ_6026.JPG
交尾カップルもいて、ここで繁殖しているのだと思う。
そこで、卵や幼虫がいないか探してみたところ、
アカスジキンカメムシの卵があった。

アカスジ_6030.JPG

ふ化した卵もあるし、色づき具合にもバラツキがある。大丈夫かな?

今日で都心での撮影、観察は完了。予想していた以上の成果があった。

posted by やまかます at 18:30| Comment(0) | カメムシ

2018年06月25日

ヨガ体操

ホイホイ見つかる、クロヒカゲの幼虫。ほとんどが終齢である。

仕事部屋のすぐ外でも、4頭を継続観察中だったが、そのうち1頭が昨日、蛹化場所を求めて姿を消した。
で、今晩のこと蛹を1頭発見。この蛹は姿を消した1頭とは別個体であろう。
仕事部屋の扉を開けるとすぐ目の前に幼虫が見えるので、時間の空いたときにはまめに覗いている。


ヨガ体操_8486-1.jpg

大きく体を反らした姿勢を、10数分間以上、保持していた。このままでじっとしているだけ。
なんだこりゃ?
休憩を挟んでこのヨガ体操のようなことを、数回行っていた。
一体この運動?どんな意味合いがあるのだろう。4頭が皆やる訳ではなく、写真の1頭だけ。


クロヒカゲ幼虫を見ているすぐ隣には、ミナミマエグロハネナガウンカ
本種の幼虫は朽ち木に生えるキノコを餌にして育つようだ。したがって羽化場所は朽ち木で、いつも成虫を見かける場所とはまったくかけ離れている。

ミナミマエグロ_8466-1.jpg

ミナミマエグロ_8468-1.jpg

しかし、なんでいつもこう翅をV字型に立てているのだろう?
風が強いときには難儀するだろうに。
羽化直後は折り畳んでいるが、成虫になってからも畳むことができるのだろうか?
翅を畳んでいる様子は一度も見たことが無い。


今日の夕方、キノカワガの幼虫が繭作りを始めた。カキの葉裏にボート型の繭を紡ぐ。
posted by やまかます at 21:18| Comment(0) | カメムシ

2018年06月24日

キケロ星人

家庭菜園の胡瓜に、ノコギリカメムシがいた。
胡瓜はノコギリカメムシのホストの一つで、ここで産卵し繁殖することもある。

ノコギリカメムシ_0319-2.jpg

ノコギリカメムシを見るたびに想い出すのが、特撮TV「キャプテンウルトラ」のキケロ星人。
危険を察知すると首をすっこめて、岩に変身できるのがキケロ星人の得意技であった。


「キャプテンウルトラ」のテーマソングのソノシートが漫画本の付録だったと思うが、繰り返し聴いては歌っていた。このテーマソングは一番だけだが、「タイガーマスク」の主題歌とともに、今でもしっかり憶えている。

posted by やまかます at 20:41| Comment(0) | カメムシ

2018年05月30日

兄弟

延岡から帰宅する途中、毎年、訪れている青井岳のポイントに立ち寄ってみた。
クワの実はどれも小粒で、食欲をそそるものでもない。これはヤマグワ?

クワとヤマグワの区別はなかなか難しい。
クワ_7443.JPG

例年通り、たくさんのヒメツノカメムシが育っていた。
ヒメツノカメ_7441.JPG
まだ3齢幼虫の集団も残っていたが、ほとんどが終齢。羽化はちょうど序盤といったところか。
新成虫の小さな集団も二つほど見つかった。


この場所から谷の向こう側に聳える常緑樹林は花期も終えて梅雨らしいしっとりとした雰囲気。
樹林_7453.JPG

寄り道をしながら三股町に戻ってみれば、にわかに晴れ間が出て来た。
延岡でも朝のうち小雨があった程度で、ずっと曇りだった。
出発前から雨を覚悟していたが拍子抜けするほど、雨に降られなかった。いや降っている時間帯もあったのだが、ことごとく活動停止中に重なったのは幸いだった。

うちの林に降りてみれば、クヌギの梢にベニオビヒゲナガ♀がいた。今季はこれで3度目の遭遇。(10日の前記事に登場したのはオス)
ベニオビヒゲナガA7532.JPG
たいへん神経質で少しでも危険を察知すると、プイッと姿を消してしまう。

本種はこうして葉裏に静止していることが多く、梢を見上げるようにして歩いていると黒い小さなシルエットが見つかる。
逆光になるのと暗いので肉眼では決して紅色の帯は見えないが、シルエットで本種とすぐにわかるようになる。


ハグロトンボ♀A7560.JPG
ハグロトンボを初めて見たのは小学1年生の頃だったと記憶している。
松山市内のまん中を流れる石手川の川縁だった。
当時は護岸もされておらず、岸辺は鬱蒼とした薮で川縁に降りる場所を探すのもやっと。日中でも薄暗くて不気味だった。
私は昆虫少年でもなかったが、ハグロトンボの幽玄な姿に衝撃を受け、見とれてしまったことだけはよく憶えている。ハグロトンボという和名を知ったのはずっと後のことだった。

posted by やまかます at 07:10| Comment(0) | カメムシ

2018年05月08日

ぬけがらの輝き

先月はじめ、次々と羽化したニシキキンカメムシ。
5齢幼虫から成虫になった直後のぬけがらは、こちら
左矢印2
ニシキキン羽化直後殻A6326.JPG
すぐのぬけがらは羽化前の色彩輝きを保っていたが、
腹部背面中央にある朱色だけは、数時間後にはどの個体でも消えていった。


そしてほほ一ヶ月後の今日のぬけがら左矢印2
ニシキキン脱皮殻_Z5A6543.jpg
ライティングの違いや個体差もあるが、かなり色彩輝きを維持している。
posted by やまかます at 18:59| Comment(0) | カメムシ