2019年06月06日

ハンモック

「オハヨウゴザイマス!」

6月6日2019.jpg

アシナガオニゾウムシ♂

産卵は昨夜だったのかもしれない。
6月6日2019.jpg

オナガグモ♀

6月6日2019-2.jpg


アオハナムグリ
posted by やまかます at 18:00| コウチュウ

2019年06月03日

ヤママユ、営繭始まる

クヌギの葉に、クヌギハマルタマフシ
6月03日2019-3.jpg


梅雨も間近。季節の進行が速く感じる。


同じクヌギに、キボシツツハムシ
6月03日2019-4.jpg

6月03日2019-5.jpg

庭ではたまに見かける程度で多くはない。
そう言えば、ずっと昔(1992年)八丈島で仕事をした時、島内のどこに行っても本種がやたらと多かったことを、想い出した。


同じくクヌギで放飼中のヤママユ幼虫の一頭が、繭作りを始めていた。
6月03日2019-2.jpg


網掛け飼育、気づかぬうちにトラブルが多発。
網越しに中の幼虫が食べられてしまったり、網が経年劣化していて縫い目がほつれてしまい、多分そこから脱走してしまい行方不明、と、二つの袋掛けで幼虫が消滅してしまった。
袋掛け飼育では袋が直接食樹に触れないようにする工夫が必要だろう。


エノキの樹上にいたのは、キクビアオアトキリゴミムシ(体長7ミリ程度)。
6月03日2019.jpg



posted by やまかます at 21:38| コウチュウ

2019年05月31日

後食

午後9時37分、クリの枯れ枝にカミキリムシのペアがいた。
ちょうど目線の高さ。懐中電灯を向けるとすぐに浮かび上がった(5月28日)。

5月31日2019.jpg


セミスジコブヒゲカミキリ、だ。

画面上の小柄な方がオスで、触角第3節が膨らんでいる(で、コブヒゲ)。
成虫はこうして枯れ枝の樹皮などを食べる。

昼間、玄関先に置いてあった傘に止まっていたメスがこちら。

5月31日2019-5.jpg

玄関の灯りに飛来したのだろう。
posted by やまかます at 20:51| コウチュウ

2019年05月23日

枯れてしまったイロハモミジ

玄関前のイロハモミジがついに枯死した。
5月23日2019-4.jpg


あそこが、ここが、と枯れ枝が増えていたイロハモミジだったが、何とかまだ生きている枝葉があって花も咲かせていた。けれどその最後の砦もついに枯れてしまった。ここ数日内のことだろう。

5月23日2019-3.jpg


枯れた枝を切った断面は穴ぼこだらけ。カミキリムシ幼虫が穿ったトンネルだ。
堀クズが今日も出ていたから、トンネルの中にはカミキリムシ幼虫がいることがわかる。

4月15日-5.jpg


夜間の撮影に備えて下見に行った河川で、アオサナエがすぐ足下にいた(都城市、庄内川)。

5月23日2019-5.jpg


肌がヒリヒリするほどの陽射し。アオサナエはお尻をツンと上げていた。

仕事部屋の外灯にキオビゴマダラエダシャクが多数、飛来していた。
5月23日2019-2.jpg


オオゴマダラエダシャクの若齢幼虫は、カキノキに多数いて、成虫になるのはまだ少し先のようだ。

5月23日2019-6.jpg


肉眼では真っ黒にしか見えないが、強めの光を当てて撮影してみた。
posted by やまかます at 21:58| コウチュウ

2019年05月21日

増水

水生昆虫の下見で都城市、庄内川の河原を訪れてみたが連日の雨で増水しており、
予定していた撮影はしばらく難しいことが判明。

川縁には色鮮やかに成熟した、アオハダトンボがいた。

5月21日2019.jpg


庭のスモモではカイガラムシを捕食するアカホシテントウの羽化が、数日前からピークを迎えていた。
今日になって、ズラッと並んでいた蛹のほとんどが羽化を終えていた。


5月21日2019-2.jpg

羽化後の成虫達は、近場の葉裏に身を寄せ合って、ただただじっとしている。
お椀を被せたような姿は、カイガラムシに擬態しているようにも見える。
posted by やまかます at 22:01| コウチュウ

2019年05月18日

竹筒のゆりかご

ニホンホホビロコメツキモドキの幼虫が蛹化したのは、連休明け頃。
しかし2頭の大きな幼虫のうち蛹化したのは1頭だけで(写真上)、
もう一頭は脱皮して齢を重ねていた(写真下、左にあるのは抜け殻)。
幼虫は何回脱皮するのだろう?


5月18日2019-3.jpg

5月18日2019-2.jpg


イヌビワの枯れ枝に、アトジロサビカミキリ
じっとしていれば、安心。


5月18日2019.jpg






posted by やまかます at 21:09| コウチュウ

2019年05月15日

初めての虫達

林の観察路へ降りようと一歩踏み出したそこに、
イヌビワの葉裏に、

ゲンジボタルのメスがいた。


ゲンジボタル雌2019.jpg


メスは、オスに比べて大きいね。
ゲンジボタル雌2019-2.jpg


ゲンジボタルのすぐ傍に、キイロナガツツハムシ

キイロナガツツハムシ.jpg


こんな可愛いハムシ、初めて見たね!


コナラの伐採木に、タイワンオオテントウダマシ、がいた。

タイワンオオテントウダマシ.jpg


ダニの一種の卵や幼虫、成虫がいっぱい取り付いていて、ちょっと可愛そう。

観察路を小一時間歩いて、さあ山仕事の続きをと物置小屋に向かえば、
足元にえらく派手な赤色が目に入った。

「え!? 初めて見るサシガメ、じゃない!」

クロバアカサシガメ.jpg


ササグモに捕らわれていたサシガメは、クロバアカサシガメ

天気情報では晴れるはずだったが、陽射しはあまりなく、気まぐれに小雨が降ったり、
突風が吹き荒れたりと、穏やかでない一日だった。
予定していた河川での撮影は取止め、明日に出直し。

台所の排水管が詰まってしまい、自分でなんとか改善しようとは試みたが工具も足りないので
信頼できる業者の方に来てもらった。
多くの現場を見て来ている業者の方の説明を聞きながら、修理作業に立ち会い、
排水管がなぜ詰まってしまったかを理解できた。
とりわけ、牛乳がヘドロになりやすい、というのは初めて知った。
牛乳のヘドロは真っ黒。最近、牛乳の消費量が増えてもいたのだけど、牛乳パックを洗った後は、
バケツ一杯くらいの水を流した方がいいようだ。
うちの場合は。








posted by やまかます at 20:36| コウチュウ

2019年05月06日

黄金虫


近くの公民館脇にあるゴミ集積場までは、歩いて9分程度。
朝の犬の散歩は、まずはゴミ出しから。

畑の間を下って谷津田を歩き始めてすぐ、今年初めてのコガネムシに出会った。
夜露をびっしり纏っている。


5月6日2019.jpg


「おはよう!」

5月6日2019-2.jpg


で、帰り道にコガネグモの幼体がいた。
あと2回脱皮したら、成体になるかな?


5月6日2019-3.jpg




posted by やまかます at 20:52| コウチュウ

2019年05月03日

コメツキムシ

この時期よく見かける甲虫と言えば、ジョウカイボンが筆頭に上るだろう。
草むらから樹上に至るまで、茶色のほっそりした、頭でっかちの姿は嫌でも目に入る。
まさに地面からワラワラと湧いて出て来たようにさえ感じるほど。
それに次いでそこそこ多いのが、コメツキムシ類だ。

5月3日2019.jpg


肉眼でサラッと見れば黒光りする革靴のようだけど、
ルーペで持ってしっかり拡大してみれば、、、、、


5月3日2019-2.jpg


ところで、数日前からうちの林のエゴノキは、もう花が散り始めていた。
早い!!

5月3日2019-3.jpg

5月3日2019-4.jpg


それと今年は花数がとても少ない。どうやら周期的に裏年があるようだ。

エゴノキの花が終わる頃はゲンジボタルのお出ましとなる。
さてどうなるだろう?



posted by やまかます at 21:00| コウチュウ

2019年04月30日

小さなハナムグリ

一週間前、コデマリの花に来ていた、ホソコハナムグリ

体長は1pほどで、ほっそりした体型をしている。

4月23日-8.jpg


本種は近畿以西の西日本に分布しているので、東日本の方々には馴染みが薄いかと思う。
私も東京から宮崎に移転した2007年の4月末、宮崎市内の宮崎神宮で初めて目にした。
その時はこの小柄で可愛いハナムグリの姿にかなり興奮したのを想い出す。

けれど、ホソコハナムグリに会える機会はそう多くはない。これまでを振り返っても年に一回程度しか見ていない。
やたらと多いコアオハナムグリと比べるのも適当では無いかもしれないが、その違いは何故?と問いたくなる。
posted by やまかます at 19:50| コウチュウ

2019年04月29日

タケトゲハムシ、産卵盛んになる

越冬明けのタケトゲハムシ

4月29日.jpg


ササの葉先近くに産み込まれた卵が見つかるようになった。
写真では一個だけだが、3〜5個を並べて産むことが多い。


4月29日-4.jpg


アジサイで休んでいた、キスジトラカミキリ
4月29日-2.jpg


羽化直後、翅が伸びきったばかりの、オビヒトリ

4月29日-3.jpg



昨夜は地区の「俵踊り芸能保存会」の総会があった。
総会は午後6時半からだったが、ギリギリまで撮影をしていた。
撮影を始める前に、ポジ写真を収納していたスチールキャビネットを片付けたり、本棚の整理などもやっていた。
スチールキャビネットはかなり大きく場所を取っていたので、
もっと手軽な収納箱へポジ写真を移動させることにした。ポジ写真の使用頻度が減ったことや、いづれは取捨選択してストック量を大幅に減らそうと思っている。

posted by やまかます at 15:00| コウチュウ

2019年04月23日

サクラ巡り

毎日、あちこちのサクラを見て回っている。もちろんうちの庭のサクラも飽きることなく。
葉っぱが枝がドンドン成長していくのもよくわかるから、余計に焦る。

お目当の虫に遭遇できない時間がもう当たり前になってきたが、サクラで出会う他の虫たちに、少しは慰められる。
「やあ!アンタにもそう言えば、しばらく会ってなかったよね」


4月23日-6.jpg

サクラの隣のエノキにいた、ヤツメカミキリ
色落ちしたような体色だけど、やはりヤツメカミキリだ。


久しぶり、と言うか、この辺りではなかなか出会えていない、ヒメヤママユの中齢幼虫。
4月23日-5.jpg



こちらは、ときおり見つかる、オバボタル
4月23日-7.jpg


ヤマザクラは探索対象から外しているけど、サクランボが気になった。
4月23日-4.jpg

上写真はエノキの葉上に落ちていた。

あれ?マッチ棒みたい。
4月23日-2.jpg


あれ?アレ? 葉っぱの槍に突き刺さった?
4月23日-3.jpg


コンなこともあるんだね!

突き刺さった瞬間を想像してみたよ。

posted by やまかます at 20:34| コウチュウ

2019年04月22日

うんち虫と、メイフライ

道端にニョキニョキ、槍のような姿のイタドリ。
その群落を眺めていると、鳥の糞そっくりの、小さなカミキリムシがいた。


4月22日.jpg


体長9ミリほどの、ナカジロサビカミキリ

4月22日-2.jpg


先日、講師を務めた観察会では、思わずホンモノの鳥の糞を虫に間違える、という逆のことをやらかした。
糞そっくり虫をアレコレ知っていることが、アダになったわけだ。


平地ではどうやらタイミングを逃したある虫の行動を追って、今日は少しばかり標高の高いフィールドを巡ってみた。しかし、お目当の虫は見つからなかった。
結構あちこち見て回って、少しくたびれた頃、モンカゲロウの姿が目に入った。


4月22日-3.jpg
posted by やまかます at 20:07| コウチュウ

2019年04月21日

花上のドローン

ヴィ〜〜〜〜〜〜ン。ヴォ〜〜〜〜〜〜〜ン。

ツツジの花には多数のキイロアシナガコガネ、

4月21日-3.jpg


コアオハナムグリが、訪れている。
4月21日-2.jpg


コアオハナムグリは前翅を閉じたまま、後ろ翅だけを使って飛翔する。
まさに、サンダーバード2号!

4月21日.jpg


ずっと観察を続けているサクラの葉裏で、アミダテントウが休んでいた。

4月21日-4.jpg


アミダテントウは、アオバハゴロモの幼虫を捕食するらしいが、まだその現場を見たことがない。
posted by やまかます at 20:24| コウチュウ

2019年04月17日

ヒゴトゲハムシの産卵痕

ヤブムラサキの葉裏に居座っているのは、ヒゴトゲハムシ

とは言え、うちの林のヤブムラサキ全部を探し歩いても、せいぜい2頭ほど。
葉裏に残った食痕の数からしても、個体数が極端に少ないことが分かる。

けれどともかく、そろそろ産卵しているのでは? と
今日のこと覗いてみれば、予想は的中した。

4月17日-4.jpg


矢印先にポツンとあるのが、産卵痕。

葉表から葉肉に埋め込まれた卵の表面が白く見えている。
埋め込む前に葉表面に切れ込みを入れたのだろうが、切り口の縁が茶色く変色している。
どのように切れ込みを入れるのか? 口のアゴを使うのか、産卵管の先端か、そのどちらだろう?

産卵痕に寄り添っているヒゴトゲハムシ。実はこの少し前では葉裏にいた。
最初、産卵痕を確認してから、カメラを取りに戻っている間に、葉表に移動していたのだ。
何故だか理由は思い当たらない。
いや、もしかしたら私が葉っぱに触れたりしたからだろうか? そうかもしれない。
そうでないかもしれない。
けれど産卵痕の証拠写真としては申し分のない絵柄にはなった。

この卵が孵化すれば、やがてマインが観察できるはずだ。
産卵痕がさらに増えることを期待してみよう。


仕事部屋の入り口壁に、アシダカグモ
4月17日-6.jpg


デカい図体だけれど、控え目な性格。

足下をチョロチョロしたり、そっと壁際から私の手元を覗いていたり。
そんな同居者の挙動が視界の端々にあるだけで、なんだか頼もしい。


うちの林の南端にあって、一番デッカい、イチイガシ。(画面右側)
4月17日-5.jpg


四季を通して、一番明るい姿が今。
posted by やまかます at 21:24| コウチュウ

2019年04月12日

春酣

クロボシツツハムシ コナラにて
4月12日-9.jpg

カシワクチブトゾウムシ コナラにて
4月12日-8.jpg


ダイコンサルゾウムシ イヌガラシにて
4月12日-10.jpg

ツマグロヒョウモン 左がメス、右がオス
4月12日.jpg


クヌギ林、右端はハルニレ。そして霧島山。
4月12日-7.jpg


明日から佐賀県、福岡県に出掛けます。


posted by やまかます at 20:02| コウチュウ

2019年03月28日

ヒゴトゲハムシ、ふたたび

一週間前、ヤブムラサキで見つけたヒゴトゲハムシのうち、1頭は、
そのままずっと今日まで、同じ若葉の裏に留まっている。

3月28日-4.jpg

昨夜から今朝にかけて結構、雨が降り続けたけれど、それでも動かなかった。食痕は増えたようだが、それもわずか。

イワガネの若葉上で、脱糞していた、クロボシツツハムシ。ブニュ、ブニュニュ〜
3月28日-5.jpg

庭のサクラの若枝では、ムネアカアワフキがもう羽化していた。

3月28日-6.jpg

posted by やまかます at 21:55| コウチュウ

2019年03月24日

アオキの花と虫

しばらく前から気になっていた、アオキの花。

うちの林で一本しかないアオキだが、ちょうど目線の高さで花が賑わっている。
曇り空の下では何も来ていなかったが、今日はコアオハナムグリが3頭来ていた。


3月24日.jpg


小柄なヒメスギカミキリも花粉に夢中。
3月24日-3.jpg


3年前の2016年、3月には、クリの樹液に本種が来ていた。

この時期、ヒメスギカミキリは様々な花や樹液などに来るようだ。ミツバアケビの花に来ている写真もあるブログに載っていた。

アオキの花に来る虫を見ていたら、足下にウラギンシジミのメスが舞い降りた。

3月24日-2.jpg

ゆるく翅を開いて束の間の日光浴。

アケビの雄花が溢れるほどに咲いている。
3月24日-4.jpg

ここにも来ていないか気になったが、その姿はなかった。ヒメスギカミキリだけど。
posted by やまかます at 20:49| コウチュウ

2019年03月21日

若葉、虫を呼ぶ

ヤブムラサキの若葉が賑やかだ。

そこにイチモンジカメノコハムシの姿がチラホラ。

3月21日-4.jpg

交尾カップルもいたが、すでに卵もあったのには驚いた。

最初はタケトゲハムシかと思ったが、食痕もあるので、おかしいなあ?とよくよく眺めてみれば、、
3月21日-3.jpg


うちの林では初見の、ヒゴトゲハムシ、だった。
タケトゲハムシより少し小さい。
他にもう一頭だけ見つかった。


同じヤブムラサキの葉裏に、アカクチホソクチゾウムシ(ホソクチゾウムシ科)。
一瞬、チョッキリ類かと勘違いした。
ゴマ粒ほどだから、うっかり見落としそうだ。

3月21日-5.jpg
posted by やまかます at 21:04| コウチュウ

2019年03月19日

アブラナ食堂の賑わい

アブラナの花食堂は、キスイモドキで大賑わい。
3月19日-3.jpg


今頃がちょうど成虫の発生ピークではないだろうか?
交尾カップルも探せばそこそこ見つかる。

3月19日-5.jpg

キスイモドキ。不思議な名前だが、「木の汁を吸う」キスイ。その紛い物。という意味だろうか。〇〇モドキ、〇〇ダマシ、ニセ〇〇、昆虫の和名にはこんなのが多い。
3月19日-4.jpg


菜園のすぐ傍に転がっていた朽木には、ナナホシテントウの卵塊がいくつもあった。
ナナホシテントウは、硬い場所に産卵する傾向がある。

3月19日-2.jpg
posted by やまかます at 21:48| コウチュウ

2019年03月13日

イタドリハムシ

3月11日-4.jpg


イタドリが極端に少ないせいか、イタドリハムシは滅多に見ない。
見つかってもせいぜい一頭で、1箇所に複数がいたためしがない。寂しい限りだ。

と言うことは、どこか他に主たる繁殖地があって、そこから別の繁殖地へと移動する個体を見ているだけなのかもしれない。つまりうちの近辺で見かけるイタドリハムシは、旅行中なのかもしれない。
そのせいか、どこか落ち着かない、ソワソワした態度に感じる。

一人旅のイタドリハムシに出会える、というのは、考えようによってはとってもラッキーなことかもしれない。
この春もこの一頭との出会いが最初で最後になるのかな。
posted by やまかます at 20:43| コウチュウ

2019年03月07日

尻ツノ虫

クヌギ朽木の樹皮下隙間に潜んでいた、アカハネムシの幼虫。終齢だろう。
お尻の突起はまるでハサミムシだが、ただツノで動かない。

3月06日-3.jpg


もうじき蛹になるはずだ。
先週、開催した観察会では若齢〜蛹、成虫、と各ステージが見つかった。


イヌガシの花を深度合成で撮影してみた。
3月06日.jpg

けれど花の形や仕組みはあまりよくわからない。
posted by やまかます at 07:03| コウチュウ

2019年03月03日

クヌギ朽ち木

伐採してから4年目のクヌギ朽ち木。

鉈で割り開くと、カブトムシ幼虫が次々と出てくる。

3月03日-2.jpg


これって、互いに逆方向からトンネルを掘り進み(食べ進み)、ゴッツンこした。ということだろうか?

こちらは蛹部屋で羽化したコクワガタ♀の新成虫。
暗闇の密室で、春を待ってます。

3月03日.jpg


こちらは、チビクワガタ
狭いところが好きです。広い場所は嫌いです。

3月03日-3.jpg
posted by やまかます at 21:21| コウチュウ

2019年02月28日

ちいちゃい虫の食事

アブラナの花に集う、ケシキスイ科のちいちゃな甲虫たちだが。

やはりと言うか、今日は花粉を食べているところをしっかりと確認できた。

2月28日-2.jpg

彼らの仕草をつぶさに観察してみると、体に付いた花粉を掃除したり、時に後ろ翅を伸ばしてクリーニングしたりと、ちいちゃいなりに表情豊かな生き物だとわかる。

アブラナ菜園に、ナガメもようやく登場。

2月28日.jpg


スイカズラのイチモンジチョウ幼虫も、こちらは脱皮して4齢になった。
お尻の先に脱皮殻あります。

2月27日-2.jpg

ああ〜、これは脱皮してから最初の排便かな?
2月27日-6.jpg


こっちはまだ3齢、越冬時のまま。

2月27日.jpg


アブラナ菜園では、モンシロチョウが盛んに産卵したり、ビロードツリアブ、スジグロシロチョウ、ルリシジミ、コマルハナバチ女王、などなど、訪問客も増えて、一層にぎやかになってきた。
posted by やまかます at 21:04| コウチュウ

2019年02月27日

ちっちゃな虫、ケシキスイ

アブラナの花に潜り込んでいた、小さな甲虫。
2月27日-4.jpg


体長3ミリ程度と小さく、撮影のために左手で花を固定しようとすると過敏に反応して姿を隠そうとするか、飛び降りてしまう。
ちょいと撮影には厄介な虫。

何頭かいたので、見失っては別の花へと舞台を移していった。
しかし2頭以上が一緒にいることはなく、みな単独行動だ。

2月27日-3.jpg


ケシキスイ科のの一種ではないだろうか?
花粉を食べているのかな。

一回り大きなルリミノハムシもチラホラ、花弁の陰に見え隠れしていた。


こちらは茎で汁を吸っていた、ツマグロオオヨコバイ
ちいちゃい虫ばかり見ていると、これはデカいね。
このアングルからだと、口を大きく開けたサメみたい。
「JAWS」!

2月27日-5.jpg


今日は曇りで小雨もあり、寒くはないけど気温はさほど上がらず。
晴れてずっと暖かった昨日は、庭でフチグロトゲエダシャク♂やルリシジミが飛んでいた。

posted by やまかます at 21:55| コウチュウ

2019年02月18日

ポジ写真

庭のツバキにハナアブの一種が来ていた。
2月18日-2.jpg

味見をするかのように雄しべにタッチしては、空中に戻ることを繰り返していた。
やっと納得したのか、花に着地。

2月18日-3.jpg

「ああ〜、そんなに花粉こぼしてお行儀悪いねえ」

さて、オオキベリアオゴミムシのポジ写真を取り出してみた。
なんと!28年前の1991年に撮影。
こうしてライトテーブルの上で眺めるのも何年ぶりだろうか。


2月18日-4.jpg


当時、仕事の主力カメラとして使っていたPENTAX645で撮影。
フィルムは富士フィルムのプロビア。
撮影日は10月22日。オオキベリアオゴミムシはミズナラの落ち葉布団でお休み中。
滅多にないチャンスに興奮した場面が過ぎる。
越冬前の活動期、日中だからこうして休んでいたのか。

ラベルには「黒川村」とある。1991年当時は北蒲原郡黒川村。が、2005年にお隣の中条町と合併して郡より抜け、胎内市として現在に至る。
『胎内昆虫の家』の仕事をきっかけに黒川村には随分と通った。

ゲンゴロウやタガメが普通にいて、オオヒカゲ、ウラクロシジミ、ウラキンシジミ、チョウセンアカシジミやクロウスタビガもウスタビガもいて、ちょいと足を伸ばせばブナ林。
ハイイロセダカモクメの幼虫にもここで初めて出会った。
サジクヌギカメムシもいっぱい!ゲンジボタルの乱舞も健在だった。
なので、28年前のこの頃は新潟への移住すら真剣に考えていた。

しかし「冬の積雪はダメよ」という嫁さんの強い意見もあって早々と諦めた。
まあ、あの当時に移住などしていたら生活が成り行かなかったことも確かだ。

posted by やまかます at 22:41| コウチュウ

2019年02月07日

ニホンホホビロコメツキモドキ

ニホンホホビロコメツキモドキの体格には個体差が大きい。
そんなに小さくて大丈夫なの!?と心配になるほど極小個体も少なくない。

ホホビロ-2395.jpg

写真は右からオス、メス、オスの順。

個体差に雌雄の違いは関係ない。
メスにもオスにも、おチビちゃんがいる。

幼虫が育った竹筒内の容積と成虫の大きさには、私が調べた限りでは相関関係を見出せなかった。ゆりかごの大きさも無関係ではないのだろうが、筒内で繁殖させた菌類の量、質などが成長に影響しているのではないか?と推測している。

今の時期、メダケやホテイチクの枯れ茎内からは、新成虫、初齢〜熟齢の全ステージの幼虫が見つかる。
初齢については、この時期にこれまで見つけたことがなかったのでちょっと驚いた。
本種の産卵行動は4月末〜5月によく見られるが、それ以外の時期にもダラダラと産卵しているのかもしれない。
けれど周年経過についてはどうもはっきりしない。

枯れ竹から羽脱した成虫が何かの餌をとる様子を見たことがなく、成虫の寿命がどれくらいなのかもよくわからない。水は飲んでいることがあった。
幼虫が育つ枯れ竹は年中あるのだから、いつでも産卵できることになるが、問題は成虫の活動可能時期だろう。
これまでの観察では、春に成虫が活動を開始して産卵、幼虫はゆっくり成長して秋から冬に羽化、という年1化を想定していたけれど、そう単純な暮らしぶりではなさそうだ。

ササやタケの節で区切られた密閉空間というのが、ニホンホホビロコメツキモドキにとっての唯一のゆりかごである。一つのゆりかごでは一匹だけが育つという厳格な決まりもある。

ゆりかごの中が子育てにとっていかに安全で、しかもどの程度安定した環境であるのだろう?
真夏の猛暑でも中は涼しいのだろうか?厳冬期でも中は比較的温暖なのだろうか?
唯一わかることは、ゆりかごの中は光が届かない暗闇であることだろう。

ゆりかご環境の物理学的、生物学的など多方面からの詳しい研究の成果に期待したい。
posted by やまかます at 23:25| コウチュウ

2019年01月18日

コガタノゲンゴロウが飛んで来た理由

朝、20数羽のイカルがいつものイチョウに羽を休めに来る。
大木なのですぐ下を歩いても大概は、平然としていて飛び去らない。

18日2019-3233.jpg

サクラの止まり木は低いので近寄ると、すぐ一斉に飛び立ってしまう。
18日2019-3216.jpg


コガタノゲンゴロウがうじゃうじゃ泳いでいた池が、完全に干上がっていた。
18日2019-3262.jpg

しばらく見に行ってなかったので、いつ頃干上がったのかはわからない。
先日、うちの玄関先で死んでいたコガタノゲンゴロウ(先週6日の記事)はまだ死んで間もない様子だったが、
もしかしたらこの干上がった池から新天地を求めて旅立ったのではないだろうか、という気がした。


すぐ近所のお宅の庭では、梅が満開になっていた。
18日2019-3270.jpg
posted by やまかます at 21:02| コウチュウ

2019年01月06日

飛来

玄関前に置いてあったジャムの空き瓶底に、コガタノゲンゴロウが転がっていた。
玄関の灯りに飛来することは以前にもあって、その時はヒメグモの網糸に掛かって絶命していた。

2019年6日-2090.jpg


どうやらここ数日内の夜、玄関の灯りに飛来してここに落ちて死んだのだろう。
コガタノゲンゴロウが多産する池は近所にいくつもあって、冬でも泳いでいる姿はよく目にする。

2019年6日-2097.jpg

2019年6日-2094.jpg


昨年、11月1日に福岡県福津市で採集して持ち帰ったヒナカマキリ♀。
2019年6日-2126.jpg

これまでに3回産卵しているが、いづれも飼育ケースの壁面に産み付けてしまい、
産卵シーンの撮影は出来なかった。

2019年6日-2134.jpg


室内で飼育しているためか、こうして冬でも元気に生きているが、実際には野外ではどうだろうか?
飼育下とは言え、2ヶ月も生きていることは驚きだ。

卵しょうは春になったら福津市の森に返す予定。

うちの林に自生するモチノキ。

2019年6日-6817.jpg

2019年6日-6825.jpg


posted by やまかます at 21:43| コウチュウ

2019年01月02日

きのこむし

午前6時15分、窓から『明けの明星』が見えていた。
2019年3日-9639.jpg


昨年切り倒したコナラ2本が横たわっている草地は、実はうちの土地では無い。
ご近所のOさんの土地だ。
しかしコナラが立っていた法面はギリギリうちの土地であり、コナラも当然、私の所有物?ということになるだろう。
Oさんと相談して、大きくなり過ぎたコナラは伐採しましょう、と以前から話しは決まっていたのである。
草地をできるだけ現状回復する必要があったのは、一つには他人の土地であることだったが、
Oさんから許可を得てここのフィールドも観察や撮影で出入りさせてもらっている。

切り倒したコナラは折半することになっているが、昨日にも書いたように、私の方では朽ち木レストランと薪用にするだけ。まあ、薪とは言っても薪ストーブも五右衛門風呂も、カマドも無いので、結局は朽ち木レストランになってしまうだろう。せっかく作ったロケットストーブ(エコストーブ)も全く出番が無い。
いつの日か災害などの緊急時には活躍してくれるだろうけど。


2年前の9月に撮影した、オオキバハネカクシの一種(日南市)。
オオキバハネカクシ (2 - 4).jpg

オオキバハネカクシ類の暮らしぶりについては、『きのこレストラン』(ポプラ社)で取り上げたかったのだが、残念ながら掘り下げが甘くて実現しなかった。
そうした後悔や反省点はこれまでに出したどの本にも、必ず一つや二つ、あるいはそれ以上あって、
宿題を積み上げているような気がする。

今日の夕暮れも、カレーを仕込みながら、窓越しに撮影。

2019年3日-9689.jpg


すっかり葉を落とした枝のシルエットは、コナラ。
右手の常緑樹はナナミノキ。



posted by やまかます at 21:30| コウチュウ

2018年10月13日

オオテントウ

今朝、9時半。
オオテントウの体色はほぼ落ち着いたようだ。


オオテントウ-4390.jpg

オオテントウの体色は濃い赤色になるが、さらに日数を掛けてそうなっていくのだろうか?
越冬個体では上の写真のような色合いもいるので、季節によっても変化するのか、それとも個体差だろうか?
体色の違いについてはよくわからない。

昨夜、ライトに飛来したヤママユ♀はさっそくクヌギの梢に袋掛けしてみたが、
まだ産卵していない。今夜辺り産卵してくれるだろう。


今日は午後から県北の門川町に移動。
明日の昆虫撮影教室『昆虫カメラマンに挑戦』の下見と準備の予定。
posted by やまかます at 09:41| コウチュウ

2018年10月12日

オオテントウの羽化は午後4時15分〜

昨日、見つけたオオテントウの蛹が羽化した。

IMG_4325.jpg

IMG_4349.jpg

前翅の黒斑紋は4時間ほどで色付いた。

日南市の山間部でナイターに参加。
飛来する虫は少なかったが、ヤママユガの♀は比較的綺麗な姿だった。
そして、トリバガ科の一種は小さいながら、これで飛べるの?と不思議な姿。
翅はまさに羽毛だ。

トリバガIMG_5033.jpg


灯りから離れた場所のイヌビワに止まっていた、キマダラオオナミシャク
食樹はマタタビやイワガラミ。普通種らしいが初めて見た。

キマダラオオナミシャクZ5A9830.jpg
posted by やまかます at 23:30| コウチュウ

2018年09月25日

糞虫

NPO法人『こじいの森・こどもの時間』のスタッフの方々と阿蘇山に出向いた。
来月予定している観察会の下見である。片道、約3時間。

現地の天候は秋晴れで日射しがあるものの、涼しい風が心地良かった。

マウンド付きの馬糞を見つけて、さっそく掘ってみれば、ゴホンダイコクが2ペア、
そしてお目当てのダイコクコガネが2オス、1メス、見つかった。

ツノがちっちゃな可愛い、オス。

IMG_3223.jpg


もう一頭のオスのツノは長かったが、先端の4分の1が折れていた。

そして、メス。

IMG_3234.jpg


まだ育児球は作っておらず、トンネルは浅かった。

熊本県の条例では、ダイコクコガネは採集禁止なので姿を拝見してから元に戻した。

こちらは、ゴホンダイコクのオス。
ちいちゃい、けれどカッコいい!

IMG_3283.jpg


南阿蘇ビジターセンターの遊歩道に、オオムラサキの翅が落ちていた。
IMG_3236.jpg

野草園ではツリフネソウの大群落が見事で、フシグロセンノウの鮮やかな花も多かった。

とんぼ返りで、午後7時からは、都城市の市民大学講座で講演。

阿蘇山までの往復の運転もしたので、少し疲れたが、
ダイコクコガネをどうしても見たい!というスタッフの方々のリクエストが叶って良かった。
観察会当日にも見つかるといいが、ダイコクだけでなく、様々な糞虫を観察して欲しい。
posted by やまかます at 22:48| コウチュウ

2018年08月10日

被り物

日南市、板谷林道。

キブシの実

キブシ_0363.jpg

それならきっといるだろう、と枝ごと引き寄せてみれば、やはり。
アカスジキン3齢_0355.jpg
アカスジキンカメムシの3齢幼虫たちだ。

と、そのすぐ傍には、カタツムリの帽子を被った、マドボタル類の幼虫がいた。

マドボタル幼虫_0322.jpg
この格好でスタコラせっせと、あちこち歩き回る。前は見えないと思うのだが、、、。

川岸のススキではついさっき羽化したばかりの、
クロコノマチョウ
まだしっとりとした翅が、風で揺れていた。

クロコノマ_2515.jpg

あ!コアカソには、サカハチチョウの幼虫もいた。
久しぶりだね。

サカハチ幼虫_0317.jpg

EOS-6D、EOS-5D Mark3、EF70-300mm F4-5.6L IS USM、シグマ50mmマクロ、スピードライト270EX II
posted by やまかます at 22:21| コウチュウ

2018年08月03日

ノコギリクワガタのメス

朝一番、庭のクヌギにノコギリクワガタが3頭来ていた。
どれもオス。大きさは三者三様。

仕事部屋のすぐ外のクヌギには、大柄なメスがいた。

ノコギリ♀_Z5A7578.jpg
そういえば、メスを単独で撮影する機会はあまり無かったように思う。

カブトムシはコウモリガ幼虫巣の樹液にオス2頭、メス1頭が来ていた。
カブト♂_9777.jpg

午後から福岡県宗像市に移動。
明日はお隣の福津市で観察会、明後日には講演の予定。
posted by やまかます at 22:27| コウチュウ

2018年08月02日

窓の外

朝からずっと仕事部屋の窓の網戸に、アブラゼミのメス。
アブラゼミ♀_9642.jpg
昼食後もおやつタイムにも、まだじっとしていた。

午後7時ちょうど、いきなり飛び立って行った。
羽化して日が浅いのか、あるいは昨夜辺りに羽化したのか?
日没近くの時間帯が彼女等の婚活タイムだ。


食堂の出窓ガラスには、ホオズキカメムシのメス。
ホウズキ♀_9722.jpg
家庭菜園だけでなく、アサガオや道ばたのアメリカイヌホオズキでも繁殖しているから、ホオズキカメムシはやたらと目につく。
体の割りに頭が小さいね。


仕事部屋を出てすぐ、ベーツヒラタカミキリのメスがいた。
夜の灯りに飛来した残り組だろう。

ベーツヒラタ♀_9705.jpg

弦楽器のコントラバスを思わせる、胴体。

※オスはこちら(福岡県宗像市8月4日)。
ベーツヒラタ♂_9849.jpg

EOS-6D シグマ50mmマクロ+ストロボ270EXU
posted by やまかます at 20:23| コウチュウ

2018年07月30日

先日、20日に歩いた飯能市のフィールド。
車の行き交う舗装道路を渡ってすぐ、林の入り口があった。
日陰に逃げ込むように進むと、遊歩道がずっと奥まで続いていた。

道_2306.jpg
こんな道を、うちの林でも欲しいのだが、私一人が歩く程度では到底無理。
それでも敷地内に一か所だけ、それもほんのわずかの面積だが、写真の山道のような剥き出しの地面がある。
それは、洗濯干場の足下。ほぼ毎日、嫁さんなり私が立ち仕事をするからだ。
さらに洗濯干場から物置小屋への細道もわずかにへこんで見える。

草がほとんど生えていない剥き出しの地面は、多くの昆虫が暮らしのなかで必要とする。
一つにはハンミョウの幼虫が営巣する場所となる。
「ハンミョウの道」と称して人工的に剥き出し地面を拵えようとしたこともあったが、ことごとく失敗に終わり、物置小屋に続く踏み跡に、ようやく幼虫巣を発見できたときは嬉しかった。移転してからじつに9年目のことだった。
写真の山道は、いかに多くの人が年間を通じて行き交っているかを物語っている。人の匂いに満ちている。

そんな飯能市の山道で、久しぶりにセンチコガネに出会えた。小柄だが鮮やかな輝きだった。

センチコガネ_6153.jpg
そこで何をするでもなく、佇んでいたが、きっと次にとるべき行動に備えていたのだろう。
posted by やまかます at 22:06| コウチュウ

2018年07月28日

さびしい樹液レストラン

1メートル弱の苗木を植えてから4年目のクヌギ。
頂部はすでに屋根を超えている。
コウモリガの穿孔や枝打ちの痕などで、ささやかな樹液レストランが開店中。

樹液ノコギリ_9379.jpg
小さいけれど気が強いノコギリクワガタは、カナブンやアブを追い払うのに忙しい。
これじゃあ、ゆっくり食事どころではないよね。


なかなか渋い衣装を纏ったカナブン。見る角度によってはインクブルー。
樹液アオカナブン.jpg
3頭のサトキマダラヒカゲは、もしかして兄弟?
樹液サト_9442.jpg

うちの林で、クヌギ樹液レストランの賑わいが盛大だったのは2007年の夏のこと。
いわゆる常連客の顔ぶれが一通り揃った上に、個体数も多かった。過去に経験がないほどの光景に驚いた。
が、しかし、翌年2008年以降から、その賑わいはパタリと消えてしまった。
虫が減ったこともあるのかもしれないが、樹液の出方や質にも問題があるようだ。
虫達を虜にするような、魅力的な樹液とは、そもそも何だろう?


午後3時、林からツクツクボウシの鳴き声。
代々木公園では17日に聞いているので、もう驚かない。


EOS-6D EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 、EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
+マクロフラッシュ STF-8
posted by やまかます at 22:25| コウチュウ

2018年07月23日

証拠写真、暑いのがお好き!

黒装束では余計に暑い?よね。
先日、代々木公園にて。

カラス5823.jpg

午後4時過ぎ。庭に出てエノキを見上げれば、金属光沢を輝かせてタマムシが元気に舞っていた。シルエットは今流行のドローンだな。
タマムシ_6360.jpg

高い梢を舐めるように舞ってから着地するその場所に、大概、メスのタマムシがいた。
すると、オスはメスにマウントしていた。

タマムシ_6392.jpg
オスは赤い交尾器を伸ばして交尾しようとしていたが、交尾が成立したのかどうかは不明。交尾時間はどれくらい?
タマムシ_6407.jpg

しかし、下から仰いでの観察には限界がある。目線で観察できる場所を見つけておきたい。
以前、樹液レストランの撮影で3メートルのやぐらを組んだけれど、タマムシの場合、倍の6メートルは必要。

ススキのアカハネガウンカを探していたら、カヤネズミの巣があった。
もう空き家になっていたようだ。

カヤネズミ7307.jpg

わが家の敷地とその周辺では、まだカヤネズミが健在のようだが、個体数は少ないのかもしれない。

午後5時半〜、林の観察路の草刈りを1時間半ほど行った。
朽ち木のきわ刈りもあったし、草丈も低いのでワイアカッターを使用。丸刃に比べてラフに作業できるので、体力的にも気分的にもかなり楽。しかし、刈り残しエリアが倍の面積も残っている。

posted by やまかます at 21:37| コウチュウ

2018年07月19日

牛面

今日も午後から、代々木公園。

エゴノキの実には、エゴヒゲナガゾウムシの産卵痕が多く、
産卵準備中のメスもいた。

エゴ_6095.JPG

エゴヒゲナガ_6097.JPG
posted by やまかます at 23:47| コウチュウ