2019年01月26日

冬本番

朝から冷たい北風が吹き荒れ、日差しがあっても体感気温はすこぶる低い。
26日2019-9799.jpg


飼育していたヒメクロホウジャク幼虫は三頭とも蛹部屋に落ち着いた。
吐いた糸はわずかで、蛹部屋と言ってもあっさりしている。

26日2019-9815.jpg

この様子だと、明後日からの遠出に彼等を連れて行くことになりそうだ。
できればそれは避けたいのだが。
posted by やまかます at 21:43| Comment(0) |

2019年01月19日

間に合った!食草アカネ

今朝になって、ヒメクロホウジャク幼虫の食草がほぼ食べ尽くされていた。
わずかに残っていたアカネの葉を補充できたが。それでいよいよ最後。

しかし、今日は所用で宮崎市の清武町に出かけたので少し探してみたら、あった!ありました。
迷って入った林道沿いに。
元気なアカネの株が、しかもたくさん。
やはり三股町より宮崎市の方が暖かいようだ。

19日2019-1.jpg

3頭とも鮮やかなピンク色になった。熟齢となったから、これだけ餌があれば充分だろう。

少しだけ歩いた、加江田渓谷。
19日2019-7103.jpg

陽射しがあってムラサキシジミとムラサキツバメがたくさん、舞っていた。

ホウライチクの筍には、タケツノアブラムシのコロニーが一杯。
兵隊アブラムシもたくさんいて、息を吹きかけると一斉に前脚を上げて振る。

19日2019-7022.jpg


ホウライチクは主に海岸寄りに生えており、ここ加江田渓谷も海に近い。
19日2019-7076.jpg

私の住む三股町は内陸だから、ホウライチクは極めて少ない。
posted by やまかます at 22:18| Comment(0) |

2019年01月16日

ヒメクロホウジャク幼虫、終齢になる

隣の栗林に落ちていた、テンの糞。
16日2019-6795.jpg

食べた果実は何だったろう?
つきとめておきたい。


アカネはもう残っていない、と諦めかけていたが、しつこく探していたら見落としがあった。
助かった!
で、ヒメクロホウジャク幼虫3頭は次々と脱皮して、終齢となった。
3頭とも褐色型に変身。

16日2019-6800.jpg

となると、ますます食欲旺盛になる。家の周辺だけで、アカネ探しはどこまで続けられるだろうか。
posted by やまかます at 22:35| Comment(0) |

2019年01月11日

窓際飼育

ヒメクロホウジャク幼虫の食草は、アカネ。

アカネは多年性植物。今の時期、地上部は枯れてしまう。
近所でなんとか残っている葉を集めてきたが、もうこれでおしまい。
弱々しい茎を折らないよう、腫れ物を扱うように大事に摘み取ってきた、希少な食糧。

11日2019-6717.jpg

ここまで色褪せては栄養も乏しいだろう。
成長が遅いのは気温のせいだけではないはず。

先日脱皮してから急に食べる量が増えたので、ケースを二つに増設した。
海苔の容器を逆さにして、天井は通気が良くなるように網蓋とした。
晴れた日だと容器の内壁に水滴がつくほど高湿になるので、それを避けるためである。
アカネの水揚げは良好。

11日2019-6722.jpg

さて、どこかでアカネを探さねば。

一方、ユズの葉を食べてゆるゆると育ったナガサキアゲハ幼虫は今夜になって、蛹化した。やっと!
11日2019-6956.jpg


炊事していた嫁さんが蛹化の場面をリアルタイムで見ていたようだ。

「なんで今頃、蛹になるの?大丈夫なの?」

まあ、当然の疑問かと思う。
posted by やまかます at 23:05| Comment(0) |

2019年01月09日

シンジュサン繭

カラスザンショウの根元辺りを探ってみた。

昨年見つかっているので今年もあるだろうとの狙い通り。
枯葉そっくりだから、その気になって見つめないとね。

9日2019-6858.jpg


裏返してみると、はっきり繭だとわかる。もちろん、シンジュサンの繭だ。
分厚い糸壁はかなり硬い。繭の中では蛹が冬越し中。

9日2019-6855.jpg


少し高い位置にもう一個あったが、ケヤキの枯葉に見事に化けていた。

昨年、12月17日に終齢となったナガサキアゲハ幼虫が昨日、ようやくのこと前蛹となった。
9日2019-6834.jpg


南向きの窓辺で飼育しているのは他に、ヒメクロホウジャクとつい先日見つけたばかりのベニシジミ、2種の幼虫。
9日2019-6848.jpg


ヒメクロホウジャクは昨年11月30日に産卵されたのだから、なんとも成長が遅い。
4頭いたが、1頭だけは途中で死んでしまった。
9日2019-6840.jpg

そもそも、食草のアカネがほとんど枯れてしまっている。なんとか緑葉を見つけては給餌してきたが、そろそろ限界かもしれない。


ナガサキアゲハもヒメクロホウジャクも、自然下ではとっくに凍え死んでいたことだろう。
両種とも産卵のタイミングが遅すぎたのであろう。

ヒメクロホウジャク幼虫の尾角の色が黒くないのが気に掛かる。脱皮してまだ時間が浅いためだろうか?


posted by やまかます at 22:24| Comment(0) |

2018年12月11日

Hatchingふ化

先月30日に見つけた、ヒメクロホウジャクの卵が昨日から今日にかけて孵化した。

幼虫の顏が透けて見え始めると、ふ化は近い。
11日たまご--2.jpg


硬そうだけど、おいしいのかな? 
ふ化後しばらくして、卵の殻はぜんぶ食べちゃう。

11日-110499.jpg


お尻の角がご自慢です。
アカネの若葉をさっそくいただきました!

11日-110451.jpg


けれど、もう12月も半ば。だいじょうぶかな?

それと、謎のたまごの方はついにふ化しなかった。
なんでだろう?
posted by やまかます at 23:19| Comment(0) |

2018年12月05日

ふ化間近

ここ数年でクヌギカメムシ受難の現場を見る頻度が、あきらかに増えた(都城市神柱公園)。
5日-6463.jpg


ヨコヅナサシガメ幼虫群は、自分たちのすまいに出入りするあらゆる昆虫を獲物としている。
この補食圧がクヌギカメムシの繁殖にどれだけの影響を及ぼしているのだろうか?

それはともかく、先日すでに交尾を確認したにも関わらず、クヌギカメムシの産卵行動や卵塊がまったく見られない。
目線の高さでは3頭が補食されていて、他にも死骸が2頭あった。

「おかしいな?どうしたんだい」とクヌギの高所を眺めていると、体を樹肌に密着させて産卵しているメスが何頭かいた。5メートル以上の高さだ。
もっとも、高い場所だからといって安全とは限らないが。


神柱公園にある4本のクヌギ大木を見て回ると、ヒメクダマキモドキの♀幼虫がいた。
後脚2本とも失っているのは何かアクシデントがあったのだろう。

5日-6470.jpg


このあと順調に羽化して成虫になったとしても、今の時期にも生き残っているオスがいるだろうか?見かけるのはメスばかりだ。
番相手のオスに遭遇できる可能性は低いように思える。


さて、アカネで見つかった謎の卵(先月30日に発見)に、ふ化の前兆が現れた。
全体に紫色を帯びて、幼虫の頭部や体毛が透けて見える。


5日-1.jpg

5日-.jpg

ちなみに、この卵の直径は1ミリ以下で、肉眼ではほぼ見落としてしまう。
posted by やまかます at 20:14| Comment(0) |

2018年12月02日

アカエグリバ、ふたたび

サルトリイバラの枯れ葉は、今にも落ちてしまいそうだが、
昨日見つけたアカエグリバはまだそこにいてくれた。

2日-6443.jpg


きっと今日が見納めになるだろう。

2日-6445.jpg
posted by やまかます at 22:14| Comment(0) |

2018年12月01日

アカエグリバ

朝から、ビーぶ、ビーぶ、ビ〜、と豚の鳴き声が賑やか。
聞き耳を立ててみると向かいの丘の薮中からだ。

「あ! イノシシが罠に掛かったな」

鳴き声は豚そっくりだ。

昼過ぎになって「パアーン!!」という発砲音が聞こえた。
自宅林から見下ろすと、谷津田の農道に軽トラが1台停まっている。

罠に掛かったイノシシの止めをさすのに鉄砲を使うこともあると、先日、寄り合いの席上で聞いた。
しかし通常はナイフを使用するという。そういう場面をテレビで見たこともある。

少し間をあけて二発目が鳴り響いた。結構大音響だ。

軽トラの荷台に載せられたイノシシは小柄で、おそらくまだ幼獣だろう。
二発の発砲音がいかにも不釣り合いに感じた。

さて、サルトリイバラの枯れ葉を眺めていたら、目が合ってしまった。

1日-1827.jpg


アカエグリバだ。
ちゃんと枯れ葉を選んでいるかのようにも見える。


posted by やまかます at 20:59| Comment(0) |

2018年11月30日

アカネとヒメクロホウジャク

キアゲハ幼虫の行方を追い地面を眺めていると、
スイスイと視界に入ってはまた出て行く、ヒメクロホウジャクがいた。

「何かにこだわっているな、なにかを探しているな」と、見てすぐ判る飛び方だった。

狙いを定めてピタリと縋り付いたのは、アカネの若葉だった。


30日-1681.jpg


うっかり見落としていたけど、狭い範囲にアカネが繁茂していた。
ヒメクロホウジャクが気付かせてくれたわけだ。
グイとお腹を直角に曲げて産卵すること、2回。さっそくその葉っぱをめくってみれば、、、

30日-1727.jpg


アゲハチョウの卵をほんの少し押し潰したような卵が、キラリ。

若葉を次々とめくってみれば、3個目も見つかった。レモン色の蛹を撮影したいのでもう少し卵を追加しておきたい。
産卵シーンの撮影はたっぷり時間を掛けないと、タイミングが難しい。今年は無理かもね。

ところでヒメクロホウジャクとは別の卵も同じアカネの葉裏で見つかった。


アカネの謎の卵.jpg

一回り小さいし模様もあるけど、これは誰の卵だろう?


6日前に載せたナガサキアゲハ幼虫を回収した。
30日-12687.jpg

今の時期に若齢ではちょっと心配。ユズの葉をモリモリ食べ始めた。

30日-12688.jpg
posted by やまかます at 22:29| Comment(0) |