2019年05月10日

震度4の揺れは、実に50年ぶり

エノキで見つけたテングチョウの蛹を撮影していた、
ちょうどその時、大きな揺れが来た。


5月10日2019-2.jpg

自宅に目を向けると建物がユサユサ揺れているし、
遠くの県道では走行していた車が次々と減速して停車していた。
地面が横揺れして不気味だった。  

そう言えば3月にも、あぜ道で撮影していて地震があった。
時間帯もだいたい同じ。
あの時、嫌な予感がすると書いたけど、やはり!


そろそろかな、とエゴノキを見上げてみれば、ゲンジボタルのオスがいた。

5月10日2019-4.jpg


ウメの葉裏では、オバボタルが交尾中。

5月10日2019-5.jpg


雌雄の違いは触角の形でよくわかる。

庭のクヌギ小木に、ヤママユの幼虫がいた。4齢だが、これまでこの幼虫は見落としていた。
ここでも越冬卵に気付かなかった、とは!


5月10日2019-3.jpg


ちょっと悔しいけど、嬉しい発見には違いない。
posted by やまかます at 21:23| Comment(0) | チョウ

2019年05月04日

ダイミョウセセリ

最初、ノアザミで吸蜜していた、ダイミョウセセリ
そっと近寄ったけれど、プイッと飛び立ってしまった。


5月4日2019.jpg


しばらくあっちでもない、こっちでもないと、めまぐるしく舞った後に、ノウゼンカヅラの葉に落ち着いた。
羽化したばかりで翅はピッカピカ。


草刈り機用のガソリンを調合してたら、目の前にいた、イタドリハムシ

5月4日2019-2.jpg


昨日に引き続き、草刈り作業を行なった。燃料はレギュラーガソリンとエンジンオイルを50:1の割合で調合する。
調合した既製品もあるけれど、面倒でも使う度に調合した方がエンジンの調子が良い。

敷地全部の草刈り作業は、丸三日は掛かる。

昨日、左目眼球に小石か何かが当たって、その時は大して痛くなかったのだけど、
今日、鏡を覗いてみれば、白目に赤い内出血の大きな塊ができていた。
流石に今日はゴーグルを装着して作業を行なった。
まあ特に痛みは無いのでしばらく様子を見るしかないだろう。

ワイアーカッターを使う場合は、フェイスマスクを装着して顔をガードするが、
丸刃の場合にはノーガードで作業してきた。けれど稀に跳ねた小石などが体や顔面に飛んでくることもある。
これからはやはり、ゴーグルを装着して安全に気を配るようにしようと、反省した。

posted by やまかます at 21:16| Comment(0) | チョウ

2019年03月27日

日向灘沖地震

3月27日.jpg


午前9時11分、あぜ道に膝まづいて撮影していると、地面がユサユサと揺れ始めた。
ほんの数秒だったらしいが、長く感じた。
「結構揺れたなあ」と犬のチョロに語りかけていた。

「ねえ、揺れたでしょ?恐くない?」

チョロは舌を出して平然としていたけど、宮崎に来てからこれだけ揺れる地震は滅多にないことだけに
なんだか嫌な予感がした。

今日は宮崎市内の叔父宅に次男を連れて出掛けた。
しばらくチョロを預かってもらうことにしたからだ。
次男はもうすぐ宮崎を離れるので、挨拶も兼ねていた。

宮崎市から帰宅してすぐにまた、地震があった。今度は室内で揺れを感じた。

大きな地震の予兆でなければいいけど。
posted by やまかます at 21:07| Comment(0) | チョウ

2019年03月20日

春の蝶

待ってました!の、トラフシジミ
3月20日.jpg


ボケの花に来る前、隣のアセビで吸蜜していた。

ツバキには、キチョウ
3月20日-2.jpg


明るい畦道の草原には多数のベニシジミ

3月20日-5.jpg

写真の個体はだいぶ翅が擦れているが、新旧取り混ぜて大賑わい。

二ヶ月前には散々、探し歩いたアカネだが、今はあちこちで所狭しと若葉が顔を覗かせている。

3月20日-6.jpg


「あれ?こんなに生えていたっけ?」
posted by やまかます at 20:47| Comment(0) | チョウ

2019年03月11日

テングチョウ

寄生産卵をするコバチの一種


3月11日-2.jpg

イチゴのカキ氷のようなものは、クヌギの雄花序が肥大してできた虫コブ「クヌギハナカイメンフシ」。
このコブ内で育つのはクヌギハケタマバチ。


3月11日-3.jpg

この虫コブの生態はちょいと複雑だ。けれどそのややこしい話をいつかは写真絵本にしてみたい、という思いはある。

庭のツバキにテングチョウがやって来た。

3月11日-5.jpg

posted by やまかます at 20:41| Comment(0) | チョウ

2019年03月08日

ピュう〜ん!!

午前中、仕事部屋の片付けを行う。
撮影中のものも、終わったものも、ともかく整理整頓。
機材の収納棚も無駄なものを省き、使い勝手の良いように整理整頓。床もピカピカに掃除。

部屋が綺麗に片付いたところで、屋外へ出て春の虫探し。いや探さなくても玄関出たらすぐそこで待っていてくれる。

アセビで吸蜜するアカタテハ

3月08日-2.jpg


アブラナモンキチョウ
3月08日-3.jpg

忙しくストローを手繰る。美味しいのだろうねえ。

ピュう〜ん!!
3月08日-4.jpg


正午の時報の直後、来週に予定していた山口行きはキャンセルした。
草バッタ売りのおじさんには会えなくなった。

そして来週は、もう少し先の広島に行くことに。広島を訪れるのは40数年ぶりだろうか。
故郷、松山からは近くて遠い場所だった。

posted by やまかます at 23:03| Comment(0) | チョウ

2019年01月05日

スイバとベニシジミ幼虫

近所のスイバに丸い食痕があったので、一枚一枚葉っぱをめくってみた。
このときできるだけそっとめくること。
ベニシジミ幼虫は振動に反応し、体を丸めて地面に落下することもあるので。
お目当の幼虫は、数枚めくった先にいました。 3齢かな?


2019年5日-1050011.jpg


紅型ではなかったけれど、しわざのおかげで見つかりました。
2019年5日-6807.jpg


今日も暖かくて、幼虫の成長は早そうに思える。
posted by やまかます at 22:39| Comment(0) | チョウ

2019年01月04日

越冬ムラサキツバメ

去年から観察している、上米公園(三股町)のムラサキツバメ越冬集団を見ておいた。
一時は離散していたが、今朝の段階ではまた戻っていた。しかし、個体数は明らかに減っている。
昨年12月の様子はこちら

2019年4日-6658.jpg


気温が上がらない限り群れの数は増えないだろうが、この先どう推移していくのか観察を継続してみよう。

残ったコナラ倒木の解体作業を行った。
連投はきついので、1日空けようと思っていたが明日は雨になりそうだ。
作業は晴れているうちに済ませておくことにした。
明日開催予定だった「おねっこ祭り」も早々と延期になった。

しかしコナラ倒木は急斜面に転がっているので、切断作業は思ったように捗らない。
おまけにチェンソーの調子も芳しく無い。さらに右手首が痛んできた。
1時間ほどで作業は潔く中断。チェンソーを丁寧に分解掃除することに時間を費やした。
防振手袋を着用しなかったこともいけなかった。横着は禁物。
チェンソーの振動は半端では無い。
posted by やまかます at 23:46| Comment(0) | チョウ

2019年01月01日

謹賀新年

あけまして おめでとうございます。
本年も よろしくお願いします。


昨年は、5月に写真絵本『虫のしわざ探偵団』(少年写真新聞社)を、
しわざ探偵団.JPG

9月には『きのこレストラン』(ポプラ社)を
20191月 (1 - 1).jpg
刊行しました。

今年もまた、新たな本作りに向けて観察と撮影を続けます。観察会の講師もできるだけ多く勤めることができればと思います。


今朝の霧島山。
この山容を毎日眺めること、早12年目に入った。

2019年1日-9623.jpg

昨日から雲が多い天候が続いている。
気温が上がらない朝。霧島山から目線を落とした先の縁側を、ツマグロヒョウモン幼虫が歩いていた。
こんなに冷えるのに大丈夫!?

2019年1日-6785.jpg

2019年1日-6787.jpg


今日も午後から、上下ヤッケに二丁拳銃を下げた作業着姿で山仕事。
束ねた刈り枝を担いで急斜面をアリの如く何度も往復。
担ぎ方、足の踏ん張り方、気持ちの入れ方を毎回確認しながら、黙々と2時間半。
ようやくコナラ大木2本分の打ち枝を片付けることができた。
コナラを切り倒した痕跡が判らないまでに、ことごとく細枝まで掃き清める。
自分でも神経質過ぎるくらいに感じるまで、綺麗に片付けることに没頭。
元々あった草はらの原状回復、にこだわったのである。
もちろん、細枝にヤママユの越冬卵が付いていないかのチェックは怠らなかったが、昨日の繭殻一個のみ、
という寂しい結果に終わった。

後は太い幹をチェンソーで裁断し、それを所定の位置に移動させるだけ。
だけ、とは言え、そこからがまた思いっきり力仕事なのである。


posted by やまかます at 21:43| Comment(0) | チョウ

2018年12月30日

暮れのベニシジミ

朝から山仕事。コナラ伐採枝のあと片付けだ。
集めた伐採枝を担いで急勾配を何度も往復した。細枝も束ねてみれば結構な重さになる。
ともかくもコナラ大木2本分の伐採枝は半端ない量だ。

一方、嫁さんは餅つき作業。
親戚から借りた餅つき器で、スイッチを入れればたちまちに、餅が出来上がる。

30日-300012.jpg

休憩がてら、餅つきの手伝いに手を出してみたが、「お餅こねた事ないの?下手ね」と言われて、早々と退散して山仕事に戻った。
30日-300014.jpg


伐採枝は太さで選別し、長さも揃えた。午後4時頃で作業は終了。
それでもまだ半分までしか終わっていない。

庭のアブラナでベニシジミが吸蜜していた。

30日-2899.jpg


30日-2904.jpg


ヤマトシジミのオスも日光浴していた。
こちらはカメラを取りに走ったが、間に合わなかった。


posted by やまかます at 21:31| Comment(0) | チョウ