2019年03月27日

日向灘沖地震

3月27日.jpg


午前9時11分、あぜ道に膝まづいて撮影していると、地面がユサユサと揺れ始めた。
ほんの数秒だったらしいが、長く感じた。
「結構揺れたなあ」と犬のチョロに語りかけていた。

「ねえ、揺れたでしょ?恐くない?」

チョロは舌を出して平然としていたけど、宮崎に来てからこれだけ揺れる地震は滅多にないことだけに
なんだか嫌な予感がした。

今日は宮崎市内の叔父宅に次男を連れて出掛けた。
しばらくチョロを預かってもらうことにしたからだ。
次男はもうすぐ宮崎を離れるので、挨拶も兼ねていた。

宮崎市から帰宅してすぐにまた、地震があった。今度は室内で揺れを感じた。

大きな地震の予兆でなければいいけど。
posted by やまかます at 21:07| Comment(0) | チョウ

2019年03月20日

春の蝶

待ってました!の、トラフシジミ
3月20日.jpg


ボケの花に来る前、隣のアセビで吸蜜していた。

ツバキには、キチョウ
3月20日-2.jpg


明るい畦道の草原には多数のベニシジミ

3月20日-5.jpg

写真の個体はだいぶ翅が擦れているが、新旧取り混ぜて大賑わい。

二ヶ月前には散々、探し歩いたアカネだが、今はあちこちで所狭しと若葉が顔を覗かせている。

3月20日-6.jpg


「あれ?こんなに生えていたっけ?」
posted by やまかます at 20:47| Comment(0) | チョウ

2019年03月11日

テングチョウ

寄生産卵をするコバチの一種


3月11日-2.jpg

イチゴのカキ氷のようなものは、クヌギの雄花序が肥大してできた虫コブ「クヌギハナカイメンフシ」。
このコブ内で育つのはクヌギハケタマバチ。


3月11日-3.jpg

この虫コブの生態はちょいと複雑だ。けれどそのややこしい話をいつかは写真絵本にしてみたい、という思いはある。

庭のツバキにテングチョウがやって来た。

3月11日-5.jpg

posted by やまかます at 20:41| Comment(0) | チョウ

2019年03月08日

ピュう〜ん!!

午前中、仕事部屋の片付けを行う。
撮影中のものも、終わったものも、ともかく整理整頓。
機材の収納棚も無駄なものを省き、使い勝手の良いように整理整頓。床もピカピカに掃除。

部屋が綺麗に片付いたところで、屋外へ出て春の虫探し。いや探さなくても玄関出たらすぐそこで待っていてくれる。

アセビで吸蜜するアカタテハ

3月08日-2.jpg


アブラナモンキチョウ
3月08日-3.jpg

忙しくストローを手繰る。美味しいのだろうねえ。

ピュう〜ん!!
3月08日-4.jpg


正午の時報の直後、来週に予定していた山口行きはキャンセルした。
草バッタ売りのおじさんには会えなくなった。

そして来週は、もう少し先の広島に行くことに。広島を訪れるのは40数年ぶりだろうか。
故郷、松山からは近くて遠い場所だった。

posted by やまかます at 23:03| Comment(0) | チョウ

2019年01月05日

スイバとベニシジミ幼虫

近所のスイバに丸い食痕があったので、一枚一枚葉っぱをめくってみた。
このときできるだけそっとめくること。
ベニシジミ幼虫は振動に反応し、体を丸めて地面に落下することもあるので。
お目当の幼虫は、数枚めくった先にいました。 3齢かな?


2019年5日-1050011.jpg


紅型ではなかったけれど、しわざのおかげで見つかりました。
2019年5日-6807.jpg


今日も暖かくて、幼虫の成長は早そうに思える。
posted by やまかます at 22:39| Comment(0) | チョウ