2019年09月15日

マダム・マロニーと魔法のスパイス

地区自治会主催の敬老会で、田上伝統芸能保存会が「俵踊り」を披露した。
毎年恒例となっているが、私は過去に2回踊っただけで、今年は数年ぶりの参加。
嫁さんは三味線の伴奏をするので毎年参加している。

この保存会の実質メンバーが年々減少し、踊り手を確保するのもギリギリ綱渡り状態。
私もその状況を知っているので、踊りは全然上達していないが、総勢5名の踊り手に加わった。
これまでは12名、2列で踊っていたが、今回は6名の予定だった。しかし、急遽5名になった。
まあ、5名でも何とか形にはなったが。

敬老会は午前中で終了。
夕方、心地よい秋風の中、犬と散歩に出る。
モンキアゲハ-7767.jpg

彼岸花を訪れるチョウの写真は数年間、毎年撮り続けてきた。
自宅の庭で撮影できるのが嬉しくてついついカメラを手に取っていたが
どうもマンネリで新鮮味のある写真が撮れない。
彼岸花が並んでいる場所は林縁にあり、成長した木々が青空を遮るようになったのも問題。
10年も経てば、ほんと木の成長には驚かされる。
そこで西側で、上空も背景も抜けのいい場所に移植もしたのだが、今年はなぜか花が咲いていない。

イヌビワでは、イシガケチョウの終齢幼虫の数が増えていた。
つい先日まで若齢や中齢が多かったが、こうして幼虫たちの成長ぶりが日の経つ速さを教えてくれる。
のんびりはしていられない。

イシガケ顔-1644.jpg


今夜は2時間映画の『マダム・マロニーと魔法のスパイス』という映画を観た。
舞台は南フランスの自然豊かな街。電柱も看板もない美しい風景。
インド料理とフランス料理が融合していき、そして人もまた。
最後の最後まで気になったのは、インドの料理で、ウニ料理。
ウニって生で食べるのが一番、としか知らないので一体どんな味なのか?気になる。

posted by やまかます at 21:37| Comment(0) | チョウ

2019年09月11日

イシガケチョウの羽化殻

今朝一番、見に行ってみれば、イシガケチョウは羽化した後だった。
羽化殻にアリが来ていた。
イシガケ幼虫-1346.jpg


少なくとも9日の夕方までは羽化していないことを確認できているので、
10日か今日の早朝かのどちらかであろう。羽化は。
この蛹は3日早朝に蛹化したので、蛹期間は7日間あるいは8日間、ということになる。

イヌビワには卵や若齢〜終齢までの幼虫がいて、これからまた蛹も見つかるだろう。

お尻のツノが自慢です!
イシガケ幼虫-1415.jpg


糞塔で休眠中です。2齢幼虫。
イシガケ幼虫-1366.jpg

もうじき脱皮します、です。


さて、朝の観察を終えてデスクに向かうと、
目の前に羽化したキマダラセセリ
キマダラセセリ-1373.jpg


四日前、ススキの筒巣で見つけた蛹を、デスクの目につきやすいところに置いてあった。
おとなしいのでこのままケースごと外に持って出たら、いきなり飛んで行ってしまった。
posted by やまかます at 22:18| Comment(0) | チョウ

2019年09月06日

たまごの中のかお、

今朝になって、サトキマダラヒカゲの卵の顔模様がくっきり。

サトキ顔-7411.jpg


そして、深夜11時。
サトキ顔-7422.jpg


外出している間に、ふ化が終わっていた。
卵の殻はほとんど食べ尽くされている。

16匹兄弟、みな無事に出揃った。

鹿児島中央駅から出るはずの電車が、雨の影響なのか停電で運休に。
運転再開の見通しが立たない、と次男から連絡が入り、仕方無く車で鹿児島まで迎えに行った。
東九州道を使って1時間半。
にぎやかな鹿児島市内は数年ぶりだったが、次男とお友達を拾ってトンボ帰り。
トンネル抜けて、南九州道に入ったらこれが全く反対方向の、薩摩川内につながっていた。
やむなく終点で降りて引き返し、鹿児島で高速を乗り換えた。
東九州道と九州道、南九州道が交錯していて、ちょいとややこしい。
戻りでは一旦、九州道に入ってから東九州道に入ることになるが、
うっかり「南」を「東」と勘違いもした。
戻りは片道1時間半のところ、2時間半、掛かってしまった。

家に着いた頃、雨脚が激しくなって来た。
台風の影響だろう。


posted by やまかます at 23:46| Comment(0) | チョウ

2019年09月05日

たまごの中のかお

先日、見つけたサトキマダラヒカゲの卵に顔模様が浮かんできた。

サトキマダラ卵-7409.jpg


顔の向きはバラバラだが、多くは天空を仰いでいる(草裏面を地面に例えるなら。実際は下向き)
横向きもいるが、卵の底へ俯く者はいない。

しかし、やはり、16兄弟!さすがに、にぎやか。にぎやかすぎるかも。

拙著『むしのかお』(ポプラ社;2010)の裏表紙には6コ並びの顔が載せてあるが、
上写真よりも、産卵してからもう少し日にちが経っている。

洗濯物と一緒に部屋に運ばれて来たのだろう。
マツムシモドキがカーテンから窓へ、窓から壁へと、忙しく落ち着きがない。

そっと手を差し出すと、私の手に這い登って来た。
よほど気に入ったのか、カーテンにも窓にも戻ろうとしない。
そこで庭に出て草の上に誘導してみた。
朝露をたっぷり纏っていたのが良かったのだろう。
さっそく、吸水に余念がない。

マツムシモドキ-1128.jpg


マツムシモドキは時々、林で見かけるけれど、いつもじっとしている。
表情が見たいな、と思っていたら、美味しそうに滴を飲んでくれた。

午後からまるで計ったように、にわか雨。ちゃんと天気情報でも言ってた通り。
かと思えばあっと言う間に雲が切れて、青空、蒸し暑くなる。

久しぶりにが出た。


にじ-0006.jpg


サトキマダラヒカゲの学名の綴りを確認しようと、たまたま開いた図鑑が
保育社の標準原色図鑑全集1『蝶・蛾』(1966) 白水隆、黒子浩、共著
1970年当時、私は中学1年生で、誕生日祝いにこの図鑑を母親から買ってもらった。
値段は1200円。
本書ではサトとヤマの2種に分かれる前で、和名はキマダラヒカゲで載っている。

さて、サトキマダラヒカゲの学名は、
Neope goschkevitschii

種名のゴシュケビッチはロシア人名で、いかにも、と言う名前だが、

1855年の春、そのゴシュケビッチさんが、伊豆半島の下田近辺で本種を採集した標本がタイプ標本だそうだ。
その前年の12月23、24日に安政の大地震が発生し、乗って来た船のDiana号が大破。そのためしばらくはロシアに帰国できず、1855年7月まで下田に滞在していたと言う。
(高橋昭;「日本産キマダラヒカゲ属Neope 2種の学名と原産地」 蝶と蛾 28(4), 133-142, 1977日本鱗翅学会)港に接岸していたのか沖に停泊していたのかはわからないが、それが大破するほど、地震の規模が大きかったのだろう。
江戸では大変多くの犠牲者が出たそうだ。


posted by やまかます at 19:50| Comment(0) | チョウ

2019年09月03日

早朝の逆さま脱皮

午前5時半。
このくらいで早起きとは言えないけど、イシガケチョウ前蛹の様子が気になった。

歩いて2分も掛からない林縁で、低いイヌビワの葉裏を覗き込めば、
まだ蛹化していなかった。間に合った。

しかし、体表面の色合いからいつ脱皮が始まってもおかしくなかった。
間欠的なウンウン運動も始まっていた。
それが判っていた上で、一旦、三脚を取りに家に引き返した。
数分のちに戻ってみれば、やはり、、、、

イシガケ蛹-0336.jpg

すでに脱皮を終えた直後だった。
下を見れば、脱皮殻もすぐに見つかった。脱皮は数分間で終了したようだ。
イシガケ蛹-0342.jpg

まあ最初から蛹化(脱皮)の様子を撮影する気は無く(あれば呑気に三脚忘れたよ、なんて取りに戻りません。そもそも忘れる事自体、気合が入っていない)
蛹化時刻を確認できれば良かったわけで、そうこうしている間は小雨も降ったりした。

朝早くは小雨もぱらついたけど、すぐに青空が広がりキツい陽射しが出てきて、
ジョロウグモの網糸が輝いていた。まだジョロウグモは成熟手前。
これからどんどん肥えていく。
ジョロウグモIMG_0396.jpg


夕方、すっかり体型が整った蛹は、見事に枯葉に化けていた。
イシガケ蛹-1061.jpg


天候は特に午後から不安定となり、昼過ぎに出掛ける時は一旦洗濯物を庇の下へと退避させておいて、
正解だった。雷雨あり。
夕方近くになって再び陽射しが戻ると、庭ではツマグロヒョウモンのオスが、
メスに求愛していた。
ツマグロヒョウモン-0435.jpg


オス(画面右)は、メスの行く手を塞ぐように回り込む。これが実にしつこい、というか熱心、なんだろう。
ツマグロヒョウモン-0452.jpg



posted by やまかます at 20:37| Comment(0) | チョウ

2019年09月02日

イシガケチョウ幼虫、三日目

先月31日に見つけた、イシガケチョウ幼虫
重量感あるその姿から、今日はもう前蛹になっているだろうと思えた。
夕方の犬の散歩は、午後5時20分〜。

で、やはり。
同じイヌビワの葉裏で、逆さまになっていた。

イシガケチョウ前蛹-1013.jpg

イシガケチョウ前蛹-1022.jpg


イシガケチョウの前蛹期間は短くて、明日の早朝には蛹になっているはずだ。
早起きして見に行こうか。

庭でオニグモの網張りを少し眺めてから仕事部屋に戻ると、
飼育室の床に、カヤキリのメスが佇んでいた。
なぜに、そこ?

カヤキリ-7702.jpg


逃げるかと思えば、手を差し出しても全く動じず。
むしろ手に登ってきた。警戒心ゼロ。なぜに?
カヤキリ-7728.jpg


今夏はやけにカヤキリと遭遇する機会が多い。

カヤキリ-7723.jpg


ツルボの花が目立ち始めた。

ツルボ-1027.jpg


午前中は、三股町内の「エコフィールドみまた」で今月28日に予定している観察会の下見を行なった。
予報では晴れだったのに、朝から雨。しかし、現地を歩き始めるとすぐ雨は止み、陽射しが出てきてかなり蒸し暑くなった。
虫の姿は少なかったが、ムラサキツバメの産卵シーンを目の前で見ることができた。
おまけに葉上で翅を開いてくれてサービス満点。
役場の担当の方は、初めてであろうそのシーンに、しきりと携帯をかざされていた。
うまく撮れたかな?


posted by やまかます at 21:22| Comment(0) | チョウ

2019年09月01日

サトキマダラヒカゲの卵

キササゲのカメムシを今日も見ていたら、チャバネアオカメムシの幼虫が脱皮を始めた。
脱皮-7381.jpg

脱皮-7390.jpg

脱皮-7402.jpg

脱皮-7404.jpg


4齢から、5齢になった。

昨日の夕方、笹やぶに飛び込んだサトキマダラヒカゲ
手前に葉が重なりよくは見えなかったが、葉の縁での止まり方が斜めで不自然だったので、
これは産卵しているのだろう、と思えた。
にしても、ちょい長め。

で、今日のこと。そのササの葉をめくってみれば、、、、、、

サトキマダラヒカゲ-0991.jpg


16個、ちょい多め。

ブレないよう慎重に、雰囲気重視の自然光で撮影。

昨日のイシガケチョウ終齢幼虫、今日はちょうどお食事中だった。
イシガケチョウ2-0967.jpg

イシガケチョウ2-0966.jpg


posted by やまかます at 22:03| Comment(0) | チョウ

2019年08月29日

ロードキル、モンキアゲハ

上米公園のアカメガシワ樹液に、大きめのコクワガタが来ていた。
いや結構、大きい。久しぶりに見た。
コクワガタ-0735.jpg

樹液はコウモリガの幼虫巣から滲み出ていた。

夕方の犬の散歩コースの一つ。ここは農耕車も滅多に通らない静かな小道。
以前、「チョウのねぐら通り」とか書いた場所だ。
ねぐらについたチョウは見かけなかったが、モンキアゲハの死骸が路面に貼りついていた。
モンキアゲハ-0760.jpg

車の通行量が極端に少ないせいか、ここでのロードキルは、ずっと前にハンミョウを一回だけ見た。
それだけ。

こちらは随分と体に傷を負ってはいるが、元気に歩いていた、オオゴキブリ
オオゴキブリ-0755.jpg

後脚がうまく動かないようで、引きずるようにして歩く姿は痛々しかった。

で、帰り際に目に入ったのは、オオトリノフンダマシの卵のう。
まだ新しいようで、すぐ上にメスが留まっていた。

オオトリノフンダマシ-0768.jpg


〜ツインマクロストロボは使うけれど〜

さて、私が20歳代の頃、昆虫写真撮影に使う機材と言えば、
金科玉条のごとく、ツインストロボと100ミリマクロの組み合わせだった。
(まあレンズの種類もそんなに無かったし。3本とかで。)
これが昆虫写真のスタイルだ!と思い込んで、迷うことがなかった。
なにせ光のまわりが良く、ソツのない写真が撮れたからだ。

ところがある日、撮影した写真を眺めていて、絵柄にもよるけれど、天地がわからない、
どっちが天空でどっちが地面だ、という仕上がりが物凄く気に掛かり始めた。
気持ちが悪くすらなった。写真は見た目通りとはいかないまでも、これは自分が欲しい、
描きたかった写真ではないじゃないか。テカリ具合が不気味なカットもドンドン増えた。アイキャッチが2個、3個というのも気分が悪いし。
それで、ダメ写真を次々とゴミ箱に放り捨てたのも懐かしい。かなり大量に捨てた。早く気付けよ!だが。

ストロボの使い方を改めて見直し、まず特別な場面を除いては、ツインストロボを使わないことにした。
もっとも、超接写や広角接写など、レンズ先端から被写体までの距離がごく短い場合には
ツインストロボを使っている。その場合も自作のディフューザーは必ず使う。
メーカー付属のものはほぼ使いものにならない。

またマクロレンズも、100ミリや90ミリ系よりか、標準マクロを使う頻度の方が高くなって、(虫のしわざ、というテーマに嵌っていったのも一因ではある)
被写体の条件で、この二系統のマクロレンズを頻繁に取り替えるようになった。
つまり二台体制が常に必要となる。ちょっと面倒くさいが。

標準マクロでは被写体までの最短距離が短くなるため、ストロボの発光部はできるだけ
低い機種を選んでいる。100ミリ系ではノッポのストロボでも構わない。
低いと言えば、カメラ内蔵のストロボの発光部がもっとも低い位置にあるけれど、
原則、内蔵ストロボは使わない主義だ。(フルサイズカメラではそもそも、内蔵ストロボは装備されていない。キャノンの場合。)
これには大きな理由が二つあって、
一つはチャージが遅いことで、大事なシャッターチャンスを逃したという、痛い苦い経験があるからだ。
それも二回。そのとき撮り逃した瞬間は、今もって撮りきれてない。あの時、外付けのストロボを使っておれば!
という後悔の念が強く影響している。最初のカットの次の瞬間こそが欲しかった絵柄で、シャッタータイミングはバッチリ合ってたのに、2カット目は発光してなかった。ブレブレで真っ暗。
内蔵ストロボの手軽さに気が緩んだのだと思う。お散歩撮影、なんて呑気なことを言ってた。

もう一つは、内蔵ストロボには日中シンクロのシャッター速度に上限制限があって、明るい場所では使えないことがままあること。高速シンクロで早いシャッター速度を維持したい場面は多い。

ストロボをカメラから離して発光させるときには、電波通信を使うようにしている。
光通信では受光部のちょっとした向きで発光しないことが夜間でも結構あり、大事なシヤッターチャンスを逃したり、撮影時にストレスを抱える原因にもなる。電波通信なら、木の陰などカメラから見えない位置にもストロボを構えることが可能。

ともかくも、カメラ機材という道具は、場面によって、撮影目的しだいで、あれこれ道具選びをする必要があり、
当たり前だが、万能な機材などは無い。

だからフィールドに出掛ける時は、今でも毎回、機材の絞り込みには時間が掛かる。迷う。
かと言って、何もかも担いで行くわけにもいかない。年相応の体力的な問題も大きい。
残念ながらこれは仕方がない。気力だけでは克服できない。


posted by やまかます at 22:51| Comment(0) | チョウ

2019年08月14日

寄生バエとキマダラセセリ幼虫

台風10号の影響で風雨が激しくなり始めたのは、日暮れ頃から。

日中は雨が降ったり止んだりで、はっきりしない天気だったが、気温は低めでまずまず快適。
庭のススキで営巣していたキマダラセセリ幼虫を覗いてみれば、寄生バエの蛹が並んでいた。

キマダラ-6876.jpg

キマダラセセリの蛹を撮影したかったのだが。

午後4時、ちょっと一味工夫したカレーを仕込んでみた。
なかなかいけるので、ご飯は少なめで、ルーだけをお代わりした。
posted by やまかます at 21:35| Comment(0) | チョウ

2019年08月01日

樹液レストランの珍客さん

庭のクヌギ、シラカシ、アカメガシワの樹液レストランは、どれも間口は狭い。
けれどそれぞれのレストランに顧客の顔が絶えることはない。

カブトムシ-9760.jpg

カブトムシ-6636.jpg


カブトムシ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、ヒラタクワガタ、カナブン、シロテンハナムグリ、
クロオオアリ、ヨツボシケシキスイ、そしてゴマダラチョウ。

いつもはコクワガタのオスが独占していた小さなお店では、テングチョウが長いこと樹液を吸っていた。
テングチョウ樹液-9785.jpg


保育社『原色日本蝶類生態図鑑(U)』( 1983)によれば、テングチョウはコナラやカシワの樹液によく来るそうだ。しかし、私は初めての観察で結構驚いた。

ナツフジの花期は長い。
今日もウラギンシジミの幼虫がいて、卵も一杯付いていて、そしてメス親が産卵に訪れていた。
ウラギンシジミ-9777.jpg

ウラギンシジミ-9769.jpg

暑いからこそ、外で体を動かしたくなる。
山仕事を1時間半だけだが片付けておいた。
posted by やまかます at 20:59| Comment(0) | チョウ