2019年06月25日

産卵

クヌギの若葉でムラサキシジミが産卵していた。

06252019-6.jpg

06252019.jpg


06252019-7.jpg


チガヤの葉で食事をしていた、ヒメジャノメ幼虫。

06252019-2.jpg

大きなウンチ、します。
06252019-3.jpg


玄関横の人工芝で産卵していた、モノサシトンボの連結カップル。
06252019-4.jpg

睡蓮鉢がすぐ横にあるとはいえ、そんな所で良いのかい!?
posted by やまかます at 20:40| Comment(0) | チョウ

2019年06月19日

の、ようなもの

06182019-3.jpg


ポロンと落っこちた、クロヒカゲ幼虫。

なんでかいつもおとなしい、ムーアシロホシテントウ
06192019.jpg

クリの葉を食べます、コイチャコガネ
06192019-6.jpg

庭のナツフジ花蕾には白い卵が点々と目立つようになった。先週、ウラギンシジミ♀が産卵していたが、その後もちょくちょく飛来していたようだ。
06192019-4.jpg

すでにふ化済みの殻もあるけれど、幼虫の姿が見つからない。
06192019-5.jpg

蕾がまだ小さすぎて、潜り込むこともできないからウロウロしている間に、天敵に食べられただろうか?

午後6時45分。明日は晴れるようだ。
06192019-8.jpg

posted by やまかます at 19:58| Comment(0) | チョウ

2019年05月20日

追っかけ

朝、犬の散歩から戻った嫁さんが、
「ダイコン畑にモンシロチョウがいっぱい、いたよ」と言うので、
窓から覗いてみれば、確かに畑一面に白いチョウがわんさか舞っていた。

「こりゃあ、久しぶりに見る光景だね」

とは言え、肉眼で見えるモンシロチョウの多さを写真で表現するのはほぼ不可能だ。

5月20日2019-2.jpg

時折、メスを追いかけるオスの集団が舞い上がるのだが、そのどれも追われているメスは
必ずスジグロシロチョウであった。

5月20日2019-4.jpg


さて、、、

5月19日2019-5.jpg


「赤目テントウ」!?、
ではなくて、、、、


5月19日2019-4.jpg

ひっくり返すと本物の目は、こちら。
赤目に見える球は、刺激を受けて分泌した忌避物質。


先月中ごろ、コナラやクリの葉にオオワラジカイガラムシのメスがやたらと多かった。
なぜに?と思っていたのだが、その後、オオワラジカイガラムシを餌として育つテントウムシの幼虫が
これまたやたらと目についた。そのうち蛹になり始めたので、
3頭だけ蛹を持ち帰り、成虫の羽化を待つことにした。

で、一昨日、蛹の一つが羽化して、アカイロテントウ(上写真)と判明した。

そうかアカイロテントウだったんだ、と納得したその翌日。
2頭目が羽化したのだが、今度はベニヘリテントウ、だった。

5月20日2019.jpg


写真画面左が、アカイロテントウ、右がベニヘリテントウ。

両種の蛹は極めて酷似しており、肉眼ではまず見分けがつかない。
たった3頭の蛹を適当にチョイスしただけなのに、2種が混成していたのだがらなおさら。
どっちが多くて、どっちが少ないか、なんて、まあ調べてみる気はないけれど、、、。、

posted by やまかます at 20:05| Comment(0) | チョウ

2019年05月17日

キャッチー

ムラサキツバメの幼虫が落ち葉の下に降りていた。
体色からして、蛹になる場所を探していたようだ。


8月16日2019.jpg


そこへトビイロシワアリがやって来ました。

触角でツンツン、すると「待ってました!」いやあるいは「しょうがないなあ〜」とばかり、
美味しい(多分)液体のご褒美(多分)をアリにあげました。


「あ!あああ〜!こっち、こっち!!」

5月17日2019.jpg



posted by やまかます at 23:20| Comment(0) | チョウ

2019年05月10日

震度4の揺れは、実に50年ぶり

エノキで見つけたテングチョウの蛹を撮影していた、
ちょうどその時、大きな揺れが来た。


5月10日2019-2.jpg

自宅に目を向けると建物がユサユサ揺れているし、
遠くの県道では走行していた車が次々と減速して停車していた。
地面が横揺れして不気味だった。  

そう言えば3月にも、あぜ道で撮影していて地震があった。
時間帯もだいたい同じ。
あの時、嫌な予感がすると書いたけど、やはり!


そろそろかな、とエゴノキを見上げてみれば、ゲンジボタルのオスがいた。

5月10日2019-4.jpg


ウメの葉裏では、オバボタルが交尾中。

5月10日2019-5.jpg


雌雄の違いは触角の形でよくわかる。

庭のクヌギ小木に、ヤママユの幼虫がいた。4齢だが、これまでこの幼虫は見落としていた。
ここでも越冬卵に気付かなかった、とは!


5月10日2019-3.jpg


ちょっと悔しいけど、嬉しい発見には違いない。
posted by やまかます at 21:23| Comment(0) | チョウ

2019年05月04日

ダイミョウセセリ

最初、ノアザミで吸蜜していた、ダイミョウセセリ
そっと近寄ったけれど、プイッと飛び立ってしまった。


5月4日2019.jpg


しばらくあっちでもない、こっちでもないと、めまぐるしく舞った後に、ノウゼンカヅラの葉に落ち着いた。
羽化したばかりで翅はピッカピカ。


草刈り機用のガソリンを調合してたら、目の前にいた、イタドリハムシ

5月4日2019-2.jpg


昨日に引き続き、草刈り作業を行なった。燃料はレギュラーガソリンとエンジンオイルを50:1の割合で調合する。
調合した既製品もあるけれど、面倒でも使う度に調合した方がエンジンの調子が良い。

敷地全部の草刈り作業は、丸三日は掛かる。

昨日、左目眼球に小石か何かが当たって、その時は大して痛くなかったのだけど、
今日、鏡を覗いてみれば、白目に赤い内出血の大きな塊ができていた。
流石に今日はゴーグルを装着して作業を行なった。
まあ特に痛みは無いのでしばらく様子を見るしかないだろう。

ワイアーカッターを使う場合は、フェイスマスクを装着して顔をガードするが、
丸刃の場合にはノーガードで作業してきた。けれど稀に跳ねた小石などが体や顔面に飛んでくることもある。
これからはやはり、ゴーグルを装着して安全に気を配るようにしようと、反省した。

posted by やまかます at 21:16| Comment(0) | チョウ

2019年03月27日

日向灘沖地震

3月27日.jpg


午前9時11分、あぜ道に膝まづいて撮影していると、地面がユサユサと揺れ始めた。
ほんの数秒だったらしいが、長く感じた。
「結構揺れたなあ」と犬のチョロに語りかけていた。

「ねえ、揺れたでしょ?恐くない?」

チョロは舌を出して平然としていたけど、宮崎に来てからこれだけ揺れる地震は滅多にないことだけに
なんだか嫌な予感がした。

今日は宮崎市内の叔父宅に次男を連れて出掛けた。
しばらくチョロを預かってもらうことにしたからだ。
次男はもうすぐ宮崎を離れるので、挨拶も兼ねていた。

宮崎市から帰宅してすぐにまた、地震があった。今度は室内で揺れを感じた。

大きな地震の予兆でなければいいけど。
posted by やまかます at 21:07| Comment(0) | チョウ

2019年03月20日

春の蝶

待ってました!の、トラフシジミ
3月20日.jpg


ボケの花に来る前、隣のアセビで吸蜜していた。

ツバキには、キチョウ
3月20日-2.jpg


明るい畦道の草原には多数のベニシジミ

3月20日-5.jpg

写真の個体はだいぶ翅が擦れているが、新旧取り混ぜて大賑わい。

二ヶ月前には散々、探し歩いたアカネだが、今はあちこちで所狭しと若葉が顔を覗かせている。

3月20日-6.jpg


「あれ?こんなに生えていたっけ?」
posted by やまかます at 20:47| Comment(0) | チョウ

2019年03月11日

テングチョウ

寄生産卵をするコバチの一種


3月11日-2.jpg

イチゴのカキ氷のようなものは、クヌギの雄花序が肥大してできた虫コブ「クヌギハナカイメンフシ」。
このコブ内で育つのはクヌギハケタマバチ。


3月11日-3.jpg

この虫コブの生態はちょいと複雑だ。けれどそのややこしい話をいつかは写真絵本にしてみたい、という思いはある。

庭のツバキにテングチョウがやって来た。

3月11日-5.jpg

posted by やまかます at 20:41| Comment(0) | チョウ

2019年03月08日

ピュう〜ん!!

午前中、仕事部屋の片付けを行う。
撮影中のものも、終わったものも、ともかく整理整頓。
機材の収納棚も無駄なものを省き、使い勝手の良いように整理整頓。床もピカピカに掃除。

部屋が綺麗に片付いたところで、屋外へ出て春の虫探し。いや探さなくても玄関出たらすぐそこで待っていてくれる。

アセビで吸蜜するアカタテハ

3月08日-2.jpg


アブラナモンキチョウ
3月08日-3.jpg

忙しくストローを手繰る。美味しいのだろうねえ。

ピュう〜ん!!
3月08日-4.jpg


正午の時報の直後、来週に予定していた山口行きはキャンセルした。
草バッタ売りのおじさんには会えなくなった。

そして来週は、もう少し先の広島に行くことに。広島を訪れるのは40数年ぶりだろうか。
故郷、松山からは近くて遠い場所だった。

posted by やまかます at 23:03| Comment(0) | チョウ