2023年10月30日

ヤマカマス〜山叺

三股町

1030-1089035.jpg
     OM-1 M.ZUIKO DIGITAL ED 90mm F3.5 Macro IS PRO FlashQ G20U

ここなら見つかるはず、と覗いてみたイロハカエデ一本に、ウスタビガの繭が3個ついていた。
羽化を観察するにもちょうどいい高さで、経過観察が可能な、うちからほどほどの距離にある。

1030-1089039.jpg
      OM-1 M.ZUIKO DIGITAL ED 90mm F3.5 Macro IS PRO FlashQ G20U

3個のうち一個は、鳥のしわざだろうか?繭壁が食い破られて中はすっかり空洞になっていた。
こんな具合に引き裂かれたような繭は、過去にも何度か見ている。

日南市

1030-1000831.jpg
 
1030-1089053.jpg
         LUMIX G9 M2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmF4-6.3 U 

ホウライチクで、オオテントウを探してみた。
アブラムシのコロニー近くで休んでいるのや、アブラムシを捕食中のものもいた。
蛹殻がいくつか見られ、9〜10月に羽化したまだ日が浅い新成虫だろう。

1030-.jpg
    LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmF4-6.3 U

ミカンの梢には、オオキンカメムシが潜んでいた。このまま越冬に入るのだろう。

posted by やまかます at 21:21|