2022年02月28日

春の妖精

三股町

朝一番、仕事部屋の外灯周辺を見て回る。
そろそろかな、と思っていたらやはり!

トビモンオオエダシャクのオスがイチイガシに止まっていた。
0228-3284059.jpg
 OM-D E-M1 MarkV M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro マクロフラッシュ STF-8 深度合成

翅の縁はかなり痛んでいるが、羽化してからの日は浅いように見える。
過去の飛来データを見る限り、今日という日付は例年並みと言える。
ちなみに我が家での過去データを「ひむか昆虫記」から拾い出してみると、

2011.3.21 ♀(愛媛県松山市)、2013.3.6 ♂、2015.2.24 ♂、2016.3.1 ♀、2017.3.4 ♂  

トビモンオオエダシャクの出現期は早くても2月下旬。

朝早くから庭に出入りするシロハラが少なくとも3羽いて、餌場の争奪戦なる様相を窓越しに観察できる。
0228-2286819.jpg
 OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO MC-14

使い始めてまだ1週間程度だけど、M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO の描写が素晴らしく良いことに感動の日々。まあお値段だけのこともあって良いのは当たり前かもしれないが、レンズの描写性能でゾクゾクするほどの感動を得たのは久々かと思う。前々から噂は聞いていたけど、実際に使ってみるともうこれは手離せない。事前試用もせずいきなり発注してしまったけど、懐具合を傷めたことを十分過ぎるほど癒して尚且つ、(ちょっと盛り過ぎかもしれないけど)明日への活力さえこのレンズから貰っているような気がする。
posted by やまかます at 20:04|