2020年02月21日

クロナガアリ

先月の暖かい日にも地上で盛んに活動していた、クロナガアリ
クロナガアリP2210072.jpg


どんな種子を運んでいるかな?
クロナガアリP2210108.jpg

クロナガアリの巣は、グルッと家を取り囲むように数カ所あって、観察には事欠かない。

とは言え、、、、

膝をつき、地面に顔を擦り付けるようにして、クロナガアリの働きぶりを眺めていたら、
無茶苦茶、足腰が固まって痛くなった。立ち上がった瞬間、思わず呻き声が出てしまった。
じっと同じ姿勢を長時間続けるのは、とんでもなく体に毒だ。
これは職業病とも言える、、、かな?

クヌギカメムシの卵塊をチェックしてみたら、3カ所で完全に消失していた。
先日、メジロがクヌギの樹肌を舐めるようにして丹念に餌探しをしていたが、
鳥に捕食された可能性も考えられる。

そのクヌギの幹で、コガネグモの幼体が網の上に佇んでいた。
コガネグモP2210043.jpg

クモの顔の表情はなかなか見づらいものだが、下から見上げてみた。


posted by やまかます at 21:05| ハチ・アリ