2019年10月23日

ヤマトアシナガバチ

林縁でチョンチョンと梢を突くようにして何かを探す、カトリヤンマ。
その何かというのは、どうやらメスらしい。
ともかくも、オスの気迫が伝わってくるので、こちらも一緒に林縁をカニ歩きする。

カトリヤンマの姿を追っているうちに、アシナガバチの巣がチラリと見えた。
1023ヤマトアシナガバチ2-230017.jpg


スダジイの茂みに紛れた巣が見つかったのは、カトリヤンマのおかげで、
そうでなかったら、まず見過ごしていただろう。
繭蓋の色や成虫の特徴から、ヤマトアシナガバチかと思う。
これまでヒメスズメバチの強奪に合わずに済んだのも、こんな茂みに紛れていたからだろうか。
それとも単に運が良かっただけなのか。
1023ヤマトアシナガバチ1-230021.jpg

いや、待てよ。この時期にしては巣が小さ過ぎる。
何らかのトラブルがあって、この場所に逃避して来たものかもしれない。さて、どうだろう?

例年、ツチトリモチが出るポイントを見て回ったが、一つも見つからず。
今季は遅れているのだろうか?

薄暗い林内で輝くように見えたのは、おそらくオオワライタケの幼菌。
1023オオワライタケ-230033.jpg

数年前まではこのすぐそばのスダジイの根元で盛んに傘を開いていた。

1023渓流-230053.jpg


ホウキタケの一種が地面に点々と並んでいた。
1023ホウキタケの一種-230048.jpg


フジの太い蔓が地面に転がっていて、そこに白いキノコ。
1023白いキノコ-230041.jpg

傘全体が滑っていて、傘の裏側のヒダまで。(ヌメリツバタケ?)
1023白いキノコ-230044.jpg

イヌビワ
1023イヌビワ-230011.jpg

ゴンズイ
1023ゴンズイ-230022.jpg

ノササゲ
1023ノササゲ-230014.jpg


1023落ち葉-230007.jpg


昼過ぎから小雨が降り出した。
予定していた次のポイントは後日に。


(使用機材:OLYMPUS OM-D E-M5 Mrak2 LEICA DG MACRO 45mm ASPH、
 M.ZUIKO DEGITAL 9-18mm、M.ZUIKO DEGITAL 40-150mm 、 ストロボFL-300R )
posted by やまかます at 19:55| ハチ・アリ