2019年02月19日

ミミズの卵

庭のトロトロになったクヌギ朽木の中から、ミミズと一緒に卵包が見つかった。
長さは3ミリ足らず。

2月19日-3.jpg


右下の瓢箪口のようなところがいづれ、ふ化口になるはず。
つまりそこから白く透けた体の仔ミミズが、チュルン、チュルリと何匹かが続けて出てくるはずだ。

30数年前、私がふ化シーンのスタジオ撮影セットを準備し、もちろん撮影にも立ち会ったのだから間違いない。
今やもう化石のような16ミリ映画だけど。
このところ記憶が曖昧になっているが、撮影時の苦労はよく憶えている。


今日は昼前から雨が強く降った。雨音にウンザリするほど降った。
午後4時頃、雨は止み晴れ間が出てきた。

2月19日.jpg

空気がやけに生暖かい。手袋は要らなかった。
2月19日-2.jpg

posted by やまかます at 22:51| Comment(0) | 環形動物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: