2019年01月01日

謹賀新年

あけまして おめでとうございます。
本年も よろしくお願いします。


昨年は、5月に写真絵本『虫のしわざ探偵団』(少年写真新聞社)を、
しわざ探偵団.JPG

9月には『きのこレストラン』(ポプラ社)を
20191月 (1 - 1).jpg
刊行しました。

今年もまた、新たな本作りに向けて観察と撮影を続けます。観察会の講師もできるだけ多く勤めることができればと思います。


今朝の霧島山。
この山容を毎日眺めること、早12年目に入った。

2019年1日-9623.jpg

昨日から雲が多い天候が続いている。
気温が上がらない朝。霧島山から目線を落とした先の縁側を、ツマグロヒョウモン幼虫が歩いていた。
こんなに冷えるのに大丈夫!?

2019年1日-6785.jpg

2019年1日-6787.jpg


今日も午後から、上下ヤッケに二丁拳銃を下げた作業着姿で山仕事。
束ねた刈り枝を担いで急斜面をアリの如く何度も往復。
担ぎ方、足の踏ん張り方、気持ちの入れ方を毎回確認しながら、黙々と2時間半。
ようやくコナラ大木2本分の打ち枝を片付けることができた。
コナラを切り倒した痕跡が判らないまでに、ことごとく細枝まで掃き清める。
自分でも神経質過ぎるくらいに感じるまで、綺麗に片付けることに没頭。
元々あった草はらの原状回復、にこだわったのである。
もちろん、細枝にヤママユの越冬卵が付いていないかのチェックは怠らなかったが、昨日の繭殻一個のみ、
という寂しい結果に終わった。

後は太い幹をチェンソーで裁断し、それを所定の位置に移動させるだけ。
だけ、とは言え、そこからがまた思いっきり力仕事なのである。


posted by やまかます at 21:43| Comment(0) | チョウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: