2018年12月28日

カンシャワタムシ


庭のススキにカンシャワタムシのコロニーがあった。
まるで和菓子のようだ。

28日-6682.jpg


1令幼虫のツノは長く、これでもって天敵を攻撃したり排除する。ツノの長さは他のステージ(令)に比べて一番長い。
28日-6724.jpg

もっとも、どんな天敵にでも通用するかと言えばそうはいかない。懸命にツノを突き立てるも、空振りに終わる場合もある。が、それでも諦めずに攻め続ける。
あんまり頑張り過ぎ、力尽きて死ぬ事さえある。

同じ1令でも色違いが見られる。

28日-6725.jpg




今月初めに切り倒したコナラの解体作業を行った。
三日前にも1時間ほどやったがまだまだ序の口。
コナラ2本は樹高約10メートル。横たわった樹冠部の細枝から順番に切っていくのだが、
幹は太枝数本に支えられて地面からかなり浮いている。
どの枝から切っていくかは、慎重に見極めながらやらないと、下敷きになったり足を潰しかねない。
枝にどの方向から力が加わっているかの判断は目見当だが、時にこれを間違えると、チェンソーの刃が食い込んで抜けなくなることもある。また切った瞬間に枝がはね上がることもあるので、切り方や体の構え方などに細心の注意を払う。
今日は3時間ほどで作業を切り上げたが、まだ5〜6mの太い幹が残っているし、散らかった枝の後片付けもあるので、あと二日ほどは掛かりそうだ。



posted by やまかます at 22:57| Comment(0) | アブラムシ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: