2018年12月01日

アカエグリバ

朝から、ビーぶ、ビーぶ、ビ〜、と豚の鳴き声が賑やか。
聞き耳を立ててみると向かいの丘の薮中からだ。

「あ! イノシシが罠に掛かったな」

鳴き声は豚そっくりだ。

昼過ぎになって「パアーン!!」という発砲音が聞こえた。
自宅林から見下ろすと、谷津田の農道に軽トラが1台停まっている。

罠に掛かったイノシシの止めをさすのに鉄砲を使うこともあると、先日、寄り合いの席上で聞いた。
しかし通常はナイフを使用するという。そういう場面をテレビで見たこともある。

少し間をあけて二発目が鳴り響いた。結構大音響だ。

軽トラの荷台に載せられたイノシシは小柄で、おそらくまだ幼獣だろう。
二発の発砲音がいかにも不釣り合いに感じた。

さて、サルトリイバラの枯れ葉を眺めていたら、目が合ってしまった。

1日-1827.jpg


アカエグリバだ。
ちゃんと枯れ葉を選んでいるかのようにも見える。


posted by やまかます at 20:59| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: