2018年11月23日

赤いタテハ蝶

23日-2741.jpg


庭のツワブキで吸蜜する、アカタテハ

東京に住んでいた頃、アカタテハの思い通りの写真がなかなか撮れなかった、、普通種なのに。

清瀬市のマンション近くの畑で、吸蜜するアカタテハをようやくなんとか撮影できたのは、宮崎に移転が決まった頃だったと思う。
ただ残念ながら、吸蜜に熱心なあまり一度も翅を開いてはくれなかった。その百日草で吸蜜するアカタテハの写真はお蔵入りしてからすでに10数年。
宮崎に来てから、自宅の敷地内でアカタテハの写真はいろんな場面を撮影できるようになった。アカタテハの食草カラムシ群落に囲まれているせいだろう。


23日-2727.jpg


近くの畑で日光浴する、ヒメアカタテハ。

中学生の頃、はじめての採集、そして展翅も初体験だったのがヒメアカタテハ。
下校時、松山市、番町小学校正門脇の花壇で見つけ、学生帽で捕まえたときは手が震えていた。
もちろん三角紙など持ってなく、指で摘んだまま持ち帰ったのも懐かしい。


23日-2754.jpg


まだ喰うかい?
そろそろ越冬準備しないと、、、、キアゲハの幼虫。
posted by やまかます at 23:02| Comment(0) | チョウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: