2018年11月10日

シラネセンキュウとキアゲハ

シラネセンキュウが花盛りだが、今秋は意外と訪れる虫が少ない。
比較的よく見かけるのはニホンミツバチくらい。
だからか、小さいけれどクロウリハムシの姿にはつい足を停めてしまう。

10日-5276.jpg


花の蜜や花粉がお目当てでない虫としては、キアゲハの幼虫がポツポツ、見つかる。
まだどれも、若令〜中令。

10日-5569.jpg

キアゲハの幼虫たちは、葉っぱよりか花や実のほうが好物のようだ。ほとんどがシラネセンキュウの頂上に群れている。一株に15頭というケースも。

10日-5567.jpg

台風の影響だろうと思うが、マムシグサの結実は、いびつだったり、くずれているものがほとんど。
10日-5565.jpg


ようやく、庭のツワブキの開花が始まった。
10日-5546.jpg

posted by やまかます at 23:02| Comment(0) | チョウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: