2018年11月02日

キタキチョウのお食事メニューとは?

キタキチョウ-8807.jpg


庭のプランターで育ち、先日羽化した、キタキチョウ

じつは蛹が色付くまで、てっきりモンキチョウと思い込んでいた。

なぜなら、幼虫はプランターに生えていたシロツメクサをモリモリ食べて育っていたからだ。
同じ場所に幼虫は3頭いた。
他の2頭のうち1頭は熟令後行方不明となり、もう1頭は途中で病死(おそらく)していた。
シロツメクサを食べていることで、モンキチョウと決めつけてしまった。
して、キタキチョウの食草リストにはシロツメクサが見当たらない。
マメ科の草本も食べたっけ??


昨日、福津市、『竹尾緑地』での観察会は秋晴れの下、無事に開催できた。
竹尾-5215.jpg


台風の影響で一ヶ月延期となったけど、ヒナカマキリも多数見つかり、ウラギンシジミの乱舞や
ルリタテハの日光浴、バッタ類と、活動する虫の姿も観察できた。
『竹尾緑地』は幹線道路や住宅街に取り囲まれてはいるが、水系も含めて生物層の豊かな森で、
どのような生きもの達に出会えるか期待が高まる。
今後もまた季節を違えて訪れることができればと思う。


森の縁ではすでにツワブキが開花していた。南九州に比べてずいぶんと早い。
ツワブキ-0879.jpg
posted by やまかます at 05:57| Comment(2) | チョウ
この記事へのコメント
先日の自然観察会、ありがとうございます。新開さんのお話や観察をご一緒させていただく中で、また改めて自然の循環の大切さ、命の尊さ、にも触れる機会となりました。またよろしくお願いします。
Posted by カラスヤマ ヨシコ at 2018年11月02日 11:22
次回は春ですね。来年もよろしくお願いします!
Posted by しんかい at 2018年11月06日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: