2018年09月29日

用心深い羽化

ネムノキのひこばえで見つけた、キタキチョウの蛹
尾端の台座糸が浮いていて、ちょいと危なっかしい。しかもひこばえは場所柄、雑木として抜き取られてしまうのは確実。
蛹はすっかり色付いてもいたので持ち帰って羽化を撮影することにした。


701A8424.jpg


翌日、つまり今朝になって羽化した。

キタキチョウの羽化はこれまでにも数回、撮影を試みているがことごとく失敗している。
失敗の原因は、いよいよ羽化間近というタイミングで痺れを切らしてカメラから離れてしまうからだ。
いつでも撮れるから、という気の緩みもある。

今朝は危険を承知の上でわざとカメラから遠ざかってみた。
蛹の中のチョウに油断させる、という作戦だ。
台所で洗い物をしながら、そろそろ来るなという頃合いで、
急いでスタジオに戻った。ファインダーを覗こうとする目の前で、羽化が始まっていた(午前6時8分)。
あと数秒遅れていれば、羽化の瞬間を逃していた。


701A8447.jpg


701A8454.jpg


701A8491.jpg


〜お知らせ〜

 明日、30日午前中に予定していた、三股町での講演+観察会は、台風24号の通過が予想されるため、延期となりました。
10月21日(日曜日)午前10時〜、に改めて開催する予定です。
 詳細は三股町役場 企画商工課にお問い合わせ下さい。



posted by やまかます at 20:00| Comment(0) | チョウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: