2018年09月27日

秋晴れの下、チョウセンカマキリ、ふたたび

今日のチョウセンカマキリは、都城市、早水公園の水辺で。

シダレヤナギで、コムラサキとウチスズメの幼虫を探していたときのこと。


チョウセンカマキリ威嚇11318.jpg


コムラサキの羽化殻や、幼虫はすぐに見つかったが、ウチスズメ幼虫は見当たらなかった。
しかし、食痕がやたらと多いので必ずいるはずなのだが。


コムラサキ幼虫11292.jpg


EOS-6D: TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
+スピードライト430EX III-RT

飼育中のオオミズアオ幼虫たちは、ようやく繭を紡ぐものも出て来たが、まだ餌の補充が欠かせない。
家のすぐ前のクリの葉を高枝鋏で調達しているが、今日はシャチホコガ科の卵が付いていた。


_Z5A9587.jpg


行儀良く並んだ卵は、おそらくナカキシャチホコだろう。若令幼虫もよく付いている。

EOS-5D Mark3: SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
+マクロツインライトMT-26EX-RT






posted by やまかます at 21:15| Comment(3) | カマキリ
この記事へのコメント
新開さんの署名、サインに加えられているイラストは、カマキリですか?カマキリモドキですか?カミキリモドキの本も出しておられるので。でも、カマキリの記事も多いし、カマキリにも愛着があるのだろうな、と思っています。
Posted by 青春光夫 at 2018年09月27日 22:03
私のサインのモデルは、カマキリモドキ、です。
好きな虫の一つで、特別な思い入れがあります。
Posted by シンカイ at 2018年09月27日 22:38
そうだったのですか。私も、ライトトラップに来たカミキリモドキをいつもいいなあと思い、写真を撮っています。しかし、最初は、カゲロウの仲間とは思えませんでした。毎年1回は通う、高知県の天狗高原でのことです。
Posted by at 2018年09月28日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: