2018年09月22日

ショウリョウバッタモドキ

ショウリョウバッタモドキは警戒心が強く、人の気配には敏感ですぐ葉陰に隠れてしまう。

それを騙し騙し、なんとか姿を拝見する。しかし草に同化したような色合い、姿勢は見事としか言い様が無い。


ショウリョウバッタモドキ0269.jpg


写真はまるで白バックで撮影したようにも見えるが、濃い霧のなかで撮影。
この写真は4年前の2014年9月21日に撮影したもの。
三股町に引っ越してきた当初(2007年)は、本種が敷地内から家の周辺に多数いるのが嬉しくて、よく撮影していたが、
この2014年の撮影を最後にまったくカメラを向けていない。

2017年の9月、山形県の飯豊山地の草原で久々に本種に遭遇できたが、
案内していただいた永幡さんが撮影する姿を横目で見ていただけで、
写欲はすっかり萎えていた。


先日、紹介したオオキンカメムシ
雌雄の判別は、体のプロポーションで容易いが、前胸にある黒斑紋が頭部につながるか、切れているかでも
決め手になる。
写真画面、右がオス。左がメス。
メスのほうが大きく、頭部が胴部全体に比して小さい、のに対し、オスは頭部の大きさが胴部全体に比して大きい、つまり頭でっかち、である。オスは幼児体型とでも言えるだろう。
こちらは白バックで撮影。


オオキンぺあ.jpg


posted by やまかます at 06:21| Comment(2) | バッタ
この記事へのコメント
永幡さんの写真と文章は、ともに格調高く、憧れています。(ヨーロッパルリボシに出会いたいです。)高松の講演会でお会いし、「休耕田をそのまま保存したのでは『里山』保全とは呼べない。いまも毎年稲作等が営まれている田畑をそのまま保護してはじめて『里山』と呼べるのだ」という厳しいが大いにうなずける講演を聞かせていただき、後で会話もさせていただきました。新開さんにも、どこかでお話しさせていただきたいです。

オオキンカメムシ、室戸岬で、集団越冬を初めて見たときには、驚きました。
Posted by 青春光夫 at 2018年09月23日 22:06
オオキンカメムシ、室戸岬と足摺岬で毎年越冬しているようですね。以前、成川渓谷のアブラギリで繁殖していないか、ずいぶんと探しましたが見つかりませんでした。アブラギリがあっても、産卵する木は極めて限定されているので、そのポイントを見つけるのが一苦労です。でも見つかると、毎年、観察できるようになります。宮崎では越冬地をまだ見つけていません。都井岬の突端でもずいぶんと探したのですが、、、。
Posted by シンカイ(やまかす) at 2018年09月26日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: