2018年09月16日

草鞠、草繭

花壇の草刈りをしていた嫁さん。

「花壇のまん中に、草のかたまりがあったんだけど。今まで見たことがないんだけど、あれはナニ?」

「草のかたまり!?」
さっそく見に行ってみれば、カヤネズミの巣であった。


カヤネズミ_Z5A9013.jpg


写真は少し時間を経てから撮影したので枯れ草色になっているが、見つけた当初は新鮮な緑色をしていた。
巣が完成してまだ半日程度ではなかっただろうか。
そっと掴んでみたが、中は空っぽであった。


新鮮なルリモンホソバ。仕事部屋の灯火に飛来していた。
ルリモンホソバ701A8207.jpg


庭の人工池の手直しをしておいた。
前々から気になっていたのだが、地面に埋め込んだプラ船のへり、つまり岸辺を緩やかにすること、
見た目にも自然な池にすること、の2点。


カイコの撮影で以前に購入した園芸用ネットを使ってみた。
ネットを山折、谷折りにしてカイコのまぶしとしたが、
10m一巻き単位で購入したので、大量に残ってしまった。網目のピッチは25×25o。
もっと目が細かいほうがいいかとは思うが、経費節約もあって、できるだけあるものを使う、という方針。商品名は「トリカルネット」
ネットを縁に垂らすように巡らした。角度は折り曲げて調整できる。

池_Z5A9084.jpg

ネットには泥や水苔を塗り込み、ここに苔を繁殖させる予定。
posted by やまかます at 22:15| Comment(0) | けもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: