2018年08月06日

ツマアカクモバチとアシダカグモ

午前6時、コガネグモの網糸にウスバキトンボが掛かっていた。
_Z5A7605.jpg

糸に絡んではいるが、ウスバキトンボの体は無傷で、コガネグモの姿も無い。いくら近辺を探っても見つからなかった。網はほとんど崩れており、コガネグモは引っ越しをしたか産卵場所へと移動したのかもしれない。

午後2時、玄関前でアシダカグモを運ぶツマアカクモバチがいた。
_Z5A7631.jpg

昨日から玄関の網戸でウロウロしていたが、玄関引き戸袋の奥を覗いてみれば、床下へと通じる隙間があることに気付いた。
ただでさえ自分より大きいアシダカグモを引きずって運ぶのは大変そうだ。
タイルでは滑って滑って足が空回りして、なかなか捗らない。
さらに、アルミサッシにも滑ってしまい、乗り越えるのに苦労していた。

_Z5A7661.jpg
それでもなんとかかんとか、床下の闇へとクモを運び込んで行った。

EOS-5D Mark3 EF100mm F2.8Lマクロ IS USM スピードライト430EX III-RT
posted by やまかます at 19:52| Comment(0) | ハチ・アリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: