2018年06月16日

浄瑠璃寺

午後から少しだけフィールドに出てみた。
四国八十八カ所、第46番札所の「浄瑠璃寺」の裏手にある、蓮池。
南九州ではとっくに終わったゲンジボタル(♀)がまだいた。


ケンポナシの花が満開。たくさんのニホンミツバチが来ていた。

ケンポナシ_3795.JPG


オオシオカラトンボ2♂。あと一頭は無理か、、。
オオシオカラトンボ_3808.JPG
サラサヤンマ♂はなわばりを行ったり来たり。飛翔はお尻から見た写真ばかりになった。
サラサヤンマ」_9301.JPG

ヤゴの羽化殻は、サラサヤンマ?
ヤゴ_3847.JPG

サラサヤンマの飛翔写真がうまく撮れないまま、やがて姿を見失ったが、そのすぐ傍の梢に
ひときわ派手な色の、アカヒトリがいた。


アカヒトリ_3834.JPG

 ヤゴ殻の正体は、マルタンヤンマのようです。全体のシルエットや頭部の形状、そして撮影場所等、でトンボ屋さんだとすぐわかるそうです。ご教示いただいた尾園暁さんに感謝致します。私のようなトンボ初心者は、図鑑「日本のトンボ」(文一総合出版)を常に携行して、自宅用、持ち出し用と、2冊は揃えるべきかと思いました。改訂版も出ているようですね。
posted by やまかます at 18:49| Comment(2) | トンボ
この記事へのコメント
ヤンマの羽化殻ですが、マルタンヤンマに見えます。
Posted by 尾園 at 2018年06月19日 00:51


おお!さすがですね。

「日本のトンボ図鑑」を改めて見ると、サラサヤンマのヤゴではない、
ことがはっきりしていますね。私はまだサラサのヤゴを見た事がありません。マルタンも、、。ヤゴ殻、持って帰らなかったのが残念。
Posted by やまかます at 2018年06月19日 05:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: