2018年06月09日

菌類、ニセクロホシテントウゴミムシダマシ

鹿児島県曽於市の通い慣れたフィールドへ。
少し出遅れたか、と気になっていたがまだ間に合ったようだ。
ようだ、というのはこの後、継続観察で確認しないことには何とも言えない。


さて、ふと遊歩道の手摺を見れば、点々と小さな虫粒が並んでいた。
ニセクロホシテントウゴミムシダマシ、だ。


クロホシテントウゴミムシダマシ_8541-2.jpg

手摺表面にこびりついている苔か地衣類?を食べている様子。

クロホシテントウゴミムシダマシ_3590-2.jpg

交尾も見られたがどんな場所に産卵して、どこで幼虫は育つのだろうか?

※当初、クロホシテントウゴミムシダマシ、としていましたが、前胸背板に暗色部が無い、ことから
ニセクロホシテントウゴミムシダマシ、と訂正しました。


落ち葉や枯れ枝に、黒髪がいっぱい絡んでいた。
「山姥の髪の毛」と言われる、キノコの一種だ。


カミノケタケ02.jpg

髪の毛そっくりのものは、菌糸束でその先端に傘が開いている。
カミノケタケの一種、だろう。

カモノケタケ03.jpg

柄が枯れ枝を突き破って生えていた、こちらは別種のカミノケタケだろうか?

カミノケタケ01.jpg

落ち葉には一見、粘菌に似ている、担子菌類の一種が張り付いていた。
担子菌類.jpg

照葉樹林の林床に這いつくばっていると、時間が経つのを忘れてしまいそうだ。
一歩も前に進めない。




posted by やまかます at 19:01| Comment(0) | 菌類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: