2018年05月06日

なるほど!ナルコユリ&ニシキキンカメムシの卵

うちの林には二株だけだが、ナルコユリが花を咲かせ始めた。
ナルコユリ7265.JPG
植物写真家、高橋修さんの『色で見わけ五感で楽しむ野草図鑑によると、よく似たアマドコロとの識別は、茎に触るとわかる、とあった。なるほどナルコユリの茎はツルンとしている。アマドコロの茎には稜があって角張るそうだ。
ナルコユリ_4220.JPG
飼育中のニシキキンカメムシが数日前から産卵を始めた。
昨年、高知の産地から持ち帰った終齢幼虫が順調に成長して、交尾も盛んになっていた。
ツゲの葉は小さいので、14個の卵がギリギリ納まるか、一個だけが表側にはみ出すことも多い。

ニシキキンカメ卵_4691.JPG
卵は蛍光色を帯びているが、その微妙な色再現を試す中、写真は日陰の自然光で撮影してみた。

【草花の最新記事】
posted by やまかます at 17:44| Comment(2) | 草花
この記事へのコメント
新開さま
おお、またブログが!
楽しみにしています。

Posted by さむ at 2018年05月06日 22:04
御訪問、ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。
Posted by やまかます at 2018年05月14日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: