2023年11月27日

ヤマカマス、ふたたび

三股町

1127-276208.jpg
エノキ黄葉     OM-1 M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO

生温かい朝、小雨が降っていた。

1127-1091851.jpg
     OM-1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO ( 午前7時47分 )

野菜クズをコンポストに投げ入れ、庭の中央にあるコナラに立ち寄ってみれば、ウスタビガのメスが羽化していた。雨滴を浴びながらも翅を広げていた。

1127-1028666.jpg
     LUMIX G9 M2 LEICA DG SUMMILUX 9mm F1.7 ASPH FlashQ G20U

午前7時58分。いつの間にかオスが飛来して交尾していた。雨はすっかり止み青空が広がった。
飛来したのは台所に戻って洗い物をしているわずか10分ほどの間だった。つまり、オスの飛来時刻は午前7時47分〜58分の間ということになる。
オスは24時間、メスを探し求めて飛び続け、その間にときおり休憩をとるようだ。以前、森のなかのミズナラの梢にぶら下がって休んでいるオスを見たのは、昼間だった(新潟県胎内市)。交尾成立の瞬間を観察したのは、正午前の時間帯で2回(三股町、自宅庭)、午後2時頃に1回(埼玉県所沢市)。昨日の木城町での交尾は、おそらく深夜から早朝にかけて。オスがメスを見つける時間帯は特に決まっていないのだろう。

1127-1091925.jpg
     OM-1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO

庭のツワブキもほぼ満開となった。多数のキタテハが吸蜜に訪れていた。
posted by やまかます at 21:29| レピ