2019年09月17日

ホソヘリカメムシ

ナツフジの豆果には、ホソヘリカメムシが多数集まっている。
ホソヘリカメムシ-7564.jpg

交尾カップルも少なくない。画面上の体が大きい方が、メス。

そのホソヘリカメムシだが、
先週、犬の餌入れに集まっていた。
ホソヘリカメムシ-0623.jpg

こうして見ると、でっかいアリンコのようだが、アリンコではない。
アメンボのようでもあるが、アメンボ、でもない。

普段はドッグフードだが、この日は目玉焼きの皿にこびりついた黄身を少々混ぜていて(サービス)、
その舐め残りがわずかに見える。熱心に吸っているのは、まさにその場所だ。
ホソヘリカメムシ-0627.jpg

アリは毎日、ドッグフードにすぐたかって来るけれど、この日はアリも黄身の成分に惹かれたようだ。

ちなみに、夏場は食欲が低調なのだろう、犬のチョロはすぐに餌を食べず、あっという間にアリがたかって真っ黒になる。
けれどしばらくすると、そのドッグフードをペロリと食べきっている。アリをどうやって排除しているのか?それとも一緒に食べているのか?その現場を見届けるチャンスがなかなか巡ってこない。

さて、今日は午前中、JR三股駅のギャラリーで、写真展の設営作業を行なった。
みまたん駅-0653.jpg

点数は38点で、プリントサイズはA1とA0。大サイズにこだわった。

会場にいる予定は、23日の昼前後と、27日最終日午後4時〜。撤収開始は午後5時頃。

28日の午前中、去年と同じく町内で講演と観察会のダブル開催がある。
講演会場は、三股町役場のすぐそばにある「情報交流センター〜あつまい」2F。午前10時〜。
観察会場所は「みまたエコフィールド」で、講演後バスにて移動。終了は正午です。

それはともかく、気持ちが良いくらい、駅前のロータリーも街中も、人の姿が一人として見当たらない。
静かだ。
みまたん駅-0650.jpg


駅を降りたお二方と青年がお一人。午後4時まで会場にいて、来場者は3名だった。
新聞の取材は3社。記者の方を加えれば、6名になる。
posted by やまかます at 21:47| Comment(0) | カメムシ