2019年09月15日

マダム・マロニーと魔法のスパイス

地区自治会主催の敬老会で、田上伝統芸能保存会が「俵踊り」を披露した。
毎年恒例となっているが、私は過去に2回踊っただけで、今年は数年ぶりの参加。
嫁さんは三味線の伴奏をするので毎年参加している。

この保存会の実質メンバーが年々減少し、踊り手を確保するのもギリギリ綱渡り状態。
私もその状況を知っているので、踊りは全然上達していないが、総勢5名の踊り手に加わった。
これまでは12名、2列で踊っていたが、今回は6名の予定だった。しかし、急遽5名になった。
まあ、5名でも何とか形にはなったが。

敬老会は午前中で終了。
夕方、心地よい秋風の中、犬と散歩に出る。
モンキアゲハ-7767.jpg

彼岸花を訪れるチョウの写真は数年間、毎年撮り続けてきた。
自宅の庭で撮影できるのが嬉しくてついついカメラを手に取っていたが
どうもマンネリで新鮮味のある写真が撮れない。
彼岸花が並んでいる場所は林縁にあり、成長した木々が青空を遮るようになったのも問題。
10年も経てば、ほんと木の成長には驚かされる。
そこで西側で、上空も背景も抜けのいい場所に移植もしたのだが、今年はなぜか花が咲いていない。

イヌビワでは、イシガケチョウの終齢幼虫の数が増えていた。
つい先日まで若齢や中齢が多かったが、こうして幼虫たちの成長ぶりが日の経つ速さを教えてくれる。
のんびりはしていられない。

イシガケ顔-1644.jpg


今夜は2時間映画の『マダム・マロニーと魔法のスパイス』という映画を観た。
舞台は南フランスの自然豊かな街。電柱も看板もない美しい風景。
インド料理とフランス料理が融合していき、そして人もまた。
最後の最後まで気になったのは、インドの料理で、ウニ料理。
ウニって生で食べるのが一番、としか知らないので一体どんな味なのか?気になる。

posted by やまかます at 21:37| Comment(0) | チョウ