2019年09月10日

キササゲのイモムシ

数日前からキササゲの葉を食べ続けているイモムシ。
今朝、改めて見るとだいぶ肥えていた。
シモフリスズメ幼虫-1335.jpg


キササゲはノウゼンカズラ科で、このイモムシはシモフリスズメだと思う。

シモフリスズメの食樹リストにはノウゼンカズラ科が入っていること、
シモフリスズメの体色は様々なタイプがあること、
シモフリスズメの尾角には細かい突起が並んでいること、
これまで見てきたシモフリスズメ幼虫の雰囲気がそっくりそのままであること、
以上。

先週、6日の深夜にふ化したサトキマダラヒカゲ、16匹兄弟は、
同じササの葉裏で2群に別れ、脱皮前休眠に入っていた。
サトキ1齢入眠-1327.jpg

そして夕方、6時頃、脱皮が始まり、次々と2齢へと成長していた。
1齢期は4日間、ということになる。

台所の勝手口傍に設置している竹筒アパートに、コクロアナバチが獲物を抱えて戻って来たところだった。
最初は家壁に止まったりしていたが、やがて私の体にまとわりつくようになった。
コクロアナバチ-1315.jpg

獲物の触角の付け根をくわえている。
麻酔された獲物は、オナガササキリ♀。
2015年8月にも同じ場面を撮影していた。

posted by やまかます at 20:04| Comment(0) |