2019年09月30日

角田保育園

延岡での観察会、二日目の会場は角田保育園の園庭。

昨年の4月に引き続き、2回目。4歳、5歳児のクラスの子供たちと園庭で虫探し。
住まいの環境から、日常、昆虫と接する機会も多いようで、
虫を恐がったり、触れない、という子は一人もいない。

キハラゴマダラヒトリの幼虫を見つけた女の子がいて、すぐに人だかりができた。
「どれどれ。あ、これは触っても大丈夫だけど、手のひらに乗せてから見てね」
さっそく女の子が手のひらに乗せると歩くのが速くて、手のひらの道を次々と作るのに忙しい。
それが楽しいようで、みんなが順番待ち、ということに。

トマトパック片手に、子供達が見つけた虫は、、、

タイワンクツワムシ♀、マツムシ(♀が多数)、ウマオイ♀、ハラオカメコオロギ雌雄、エンマコオロギ♀、ヒシバッタ、セスジスズメ若齢幼虫。
クロコノマチョウ終齢幼虫、アオスジアゲハ蛹、キマダラカメムシ、アカタテハ、アゲハ、ツマグロヒョウモン、キタキチョウ、モンキアゲハ、ヤマトシジミ、ムネアカアワフキ幼虫巣、ハラナガツチバチ、センチコガネ、シロヒトリ、ショウリョウバッタ、イボバッタ、コバネイナゴ、、、、。

この子達が小学校、中学校、と進学していく中で、虫や自然とどう向き合うようになっていくのだろう。

午前11時40分、観察会を終了して帰宅。午後2時前には自宅に到着。
荷物を降ろしてから、上米公園へ。明日予定している新聞取材の下見。
それにしても暑い。青空は有り難いが陽射しが真夏並み。

先日のコバチ蛹が羽化していた。

コバチ成虫-7731.jpg

一昨日のミドリスズメ蛹は口吻の鞘が変形していたので、新たに撮影した写真と差し替えた。
蛹部屋が窮屈だったせいかもしれない。




            

posted by やまかます at 19:43| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年09月29日

延岡市立植物園

今朝は青空が広がり予定通りに昆虫観察会を開催。

観察会.jpg


シマゴミグモ.jpg

シマゴミグモ

ハネカクシ.jpg

ハネカクシの一種 (愛宕山にて)


小学生の男の子が、シダを食べるキスジツマキリヨトウ幼虫を見つけた。
久しぶりの対面。
posted by やまかます at 17:36| Comment(0) | クモ

2019年09月28日

ミドリスズメのさなぎ

天気情報とは真逆の、朝から快晴。
予定通り、三股町での講演・観察会を開催できた。
前半30分は室内で「楽しい昆虫観察」と題してお話し。
そのあとはバスで町内の「みまたエコフィールド」に移動して観察会。

人気があったのは、カマキリ達。
講演でもカマキリの面白い行動に触れていた。終了時刻間際に小雨となったが、
参加者の皆さんには昆虫観察を楽しんでもらえたと思う。

一旦帰宅して軽い昼食をとってから、延岡に移動。
高速を北上しているうちに雨が強くなり始めた。昨夜の延岡は激しい雷雨だったようだ。

延岡市立植物園で雨のなか下見をしたあと、夜は別の観察会で延岡に来ていた、
Yさん、Mさん女史お二人と『青春の門』という居酒屋で一杯。

〆は、市役所傍の札幌ラーメン。

朝一番、いただいて飼育していたミドリスズメ幼虫の一頭が蛹化していた。

ミドリスズメ蛹-2063.jpg

本種は奄美大島以南に生息している。
posted by やまかます at 22:53| Comment(0) |

2019年09月27日

シュレーゲルアオガエル

どうやらオオスズメバチ巣探しは延期になったようだ。

砂糖水トラップはまだしばらく設置したままで、ワーカーが帰巣する場所の絞り込みを、後一日はやるとのこと。

ただ問題なのは、砂糖水トラップの設置場所はうちの浄化槽の傍であり、月一回の浄化槽点検が入るとマズイことになる。まあ今日は何度も観察に来ていたから、巣場所の絞り込みも出来た事だろう。

仕事部屋の外灯に来ていた、シュレーゲルアオガエルの子供。
シュレーゲル黒-0711.jpg


黒インクをかぶったような姿だが、これは場所によって緑色に戻るようだ。
その実験をしようと思っていたが、撮影中に見失ってしまった。

先日、ヤガ科の幼虫に外部寄生していたコバチ幼虫
繭から蛹を回収してみた。全部で15頭。
コバチ蛹-7700.jpg


蛾類幼虫に外部寄生するコバチは2012年9月にも撮影している。過去記事↓
スクリーンショット 2019-09-27 20.59.06.jpg

スクリーンショット 2019-09-27 20.58.47.jpg


今日は、三股駅ギャラリーで17日から開催していた写真展の最終日。
午後5時から始めた撤収作業は1時間ほどで完了できた。
明日は午前10時から、講演、そしてそれに引き続き、観察会を開催する。

来月、宮崎市の大淀川学習館で、山口進さんの講演が開催されるそうです。
ご興味のある方は是非!
posted by やまかます at 21:19| Comment(0) | 両生類

2019年09月26日

ヤホシホソマダラ

チカラシバの花穂が目立ち始めたのに気付いたのは、犬小屋のそばに立った時だった。
ここには大きな株がデンと構えている。

花穂を眺めていると、小さなヤホシホソマダラの姿があった。
ほんと、小さな蛾。
ヤホシホソマダラ-1971.jpg


うんと近づいてもお構いなし。 気温が低めのせいか、それとも羽化して間もないからか。
それともお腹でもこわしているの?
ヤホシホソマダラ-1964.jpg


仕事部屋のすぐ外の草むらで跳ねた、クサキリ
もう少しで蹴飛ばしそうになった。ので、手で拾い上げた。

あ!うん!? これは黒化型と言うべきか。

クサキリ黒色型-.jpg


ベースは緑色?
クサキリ顔-1954.jpg

posted by やまかます at 21:39| Comment(0) |

2019年09月25日

ニホンザル

朝、犬のリードが切れたので修理しようとパーツを探していたら、外からカラスが騒ぐ声がした。

はて?と窓の外を見れば、カラス達が飛び去った後の柿の木に、
そこにポツンと、ニホンザルがいた。
渋柿だけど、よく熟れた実にはカラスもよく啄ばみに来ている。

私が外に出て行くと、すぐに電線へと飛び移った。
ニホンザル-8068.jpg

しばらくソワソワしていたが、イヌマキに移動してから腰を落ち着けた。
ニホンザル-8082.jpg

何かを頬張ったり、身づくろいをしたり。
誰かに似ているよなあ〜。
この辺りでの出没頻度は低く、二、三年に一回程度しか見かけない。

甘柿の実には、ゴマダラチョウ、キタテハ、シロテンハナムグリなどが来ていた。
柿-8099.jpg


午後4時半。

Hさんが見当をつけた、オオスズメバチの営巣場所を遠目にみる。
うちからの直線距離は200メートルほど。これまでで一番近い。竹さおの白い旗が目印。
柿-8102.jpg


うちの敷地のクヌギに砂糖水トラップを仕掛け、
リボンのマーキング個体を追いかけて二日目におよその場所がわかった。
Hさんはもう数日前からうちに通い詰めている。毎年、ハチ採りに夢中の70才。
いや、他にもイノシシ狩り、山菜狩り、もやし栽培、ワサビ栽培、自然薯掘り、ウナギ捕り、、、
楽しみは尽きない。
明日、もう一度追跡観察をしてから、いよいよ巣場所に乗り込むようだ。



posted by やまかます at 22:33| Comment(0) | けもの

2019年09月24日

歩く目玉模様

以前、ここのヒガンバナが咲かないと書いたが、先日、草刈りをしたら、
まるで待ってました!とばかりに花茎が立ち上がり始めた。
ヒガンバナ-1907.jpg

ここは西向きの斜面上部で日当たりも良い。
林縁に群生しているヒガンバナは台風通過の影響もあってすでに萎びているが、ここはこれから開花を迎える。
この時間差は嬉しい。

足元を歩いている姿は一瞬、ヤマカガシかと思った。
もちろん見誤りだが、そう感じたのは間違いないから、イモムシにとっては「してやったり!」というところか。
目玉模様セスジスズメ-1906.jpg

私が中学生の頃であったら、到底拾い上げることなどできなかったし、
飛び上がって驚いていたはずだ。
人は変わるべくして、変わる。
posted by やまかます at 21:26| Comment(0) |

2019年09月23日

あげは

台風一過、秋晴れの一日。気温は高め。

うちのヒガンバナはすでに最盛期を過ぎてしまったが、「みまたエコフィールド」では花盛り。
カラスアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、そして、アゲハで賑わっていた。

アゲハ-7974.jpg

ageha-7970.jpg


ヌルデには、ヌルデミミフシ?かな。大きな「虫こぶ」。大人の握りこぶしくらいの大きさがある。
ヌルデミミフシ-7962.jpg


このあと、色付く様子も見ておきたい。

この現場近くの落ち枝に、ムナグロアカナガカメムシ、と思われる赤いカメムシがいた。
2015年6月6日に自宅庭で見たことがある、カメムシだ。
過去記事↓
スクリーンショット 2019-09-23 20.16.52.png

posted by やまかます at 20:30| Comment(0) | チョウ

2019年09月22日

寄生バチの繭作り

台風17号の影響で、一日中、強風が続いた。

雨が止んでいる寸暇、家の前の路上に出ては、栗拾い。

朝、昼、夕、と三回、計12分ほどで、この収穫。
IMG_1828.jpg


二日前に見つけた、ヤガ科の幼虫。
お荷物を背負っている。

 Yさんは「キャア〜!きれい!」と言って、さっそく撮影していた。
ヤガ科sp-7661.jpg


幼虫の頭部は「八」の字形模様ではあるが、本種の正体は今の所わからない。ヤガ科だろう。
それが気にはなるのだけど、昨日のこと、、、、

お荷物が引越しを始め、各々が糸を吐き始めた。
ヤガ科sp-7664.jpg


そして、今日。
生きていた幼虫から、一気に魂が抜け出たのだろう、
茶色くミイラに変貌していた。このタイミングに驚く。
ヤガ科sp-7694.jpg


ミイラの防波堤に隠れるようにして、糸吐き作業は進行。
寄生バチたちの繭が次第に形をなしてきた。
posted by やまかます at 22:13| Comment(0) | ハチ・アリ

2019年09月21日

彼岸花、台風17号

今日から予定していた観察会は、台風17号の接近で延期となった。
昨年のこの時期にも台風での延期があったことを思えば、例年のこととも言えるだろう。
三股町では夜になってから風雨が強くなってきた。

日中は時折小雨が降る程度で、庭のヒガンバナには多数のアゲハ類が来ていた。

ヒガンバナ-7948.jpg


ヒガンバナ-7923.jpg



大学時代の恩師の訃報が届いた。
昆虫学研究室在学中、もっともよく指導を受けた先生。
質問をすると「ああ、それはたしか、あの方の研究論文があったような、、、」と
すぐに文献を探してくださったこともしばしば。
3年前、米寿のお祝いでお会いできたのが最後となった。

ご冥福をお祈り致します。
posted by やまかます at 19:58| Comment(0) |

2019年09月20日

互角のガチンコ勝負!

Yさんがゴイシシジミ幼虫を探すというので、上米公園にも寄ってみた。

これまで杉植林が多い場所へは立ち入らなかったのだけど、その場所でシバハギを見つけた。
シバハギ-1796.jpg



午後5時半、犬の散歩で谷津田に降りてみれば、アカメガシワの樹液でノコギリクワガタが激しく闘っていた。
ノコギリクワガタVS-1812.jpg


ガチ!グキ!ギリギリ、グリグリ!

大アゴの締め付ける音が響いてくる。

両者、ほぼ同じ大きさ体型であるから、投げ飛ばす事もならず、大アゴ同士がガッチリ組んだままで力が漲っている。

一旦離れてもまた大アゴを付き合わせることを繰り返し、ついに勝負あったか!と思えば、、、

ノコギリクワガタVS-1819.jpg


いや、このあともなおガチンコ勝負に決着がつかず、興奮した両者は上へ下へと歩き回り、
果てしない闘いに突入しそうであった。

もっとも、争いの最中、件のメスは早々と地面に落下逃走してたけどね。


さて、JR三股駅のギャラリーで開催中の写真展、
22日(日曜日)は台風17号の接近を考慮して駅事務所が閉鎖されるため、
この日だけギャラリーも休業することになりました。

23日から27日までは平常通り開場しています。


posted by やまかます at 21:26| Comment(0) | コウチュウ

2019年09月19日

夏のおわり

5年前に苗木を植えたクヌギが、道路沿いに並んでいる。
何本かは早々と立ち枯れてしまったが、残ったクヌギは今や屋根を越し、ドングリを実らせている。

カブトムシ-7619.jpg


樹液も細々ながら出ていて、今日はオオスズメバチも来ていた。

カブトムシ-7626.jpg


庭のクヌギ根元で死んでいた、カブトムシ。
カブトムシ-1744.jpg


大きく育ったクヌギは、葉を落としたら屋根より上部は切り詰める予定。
それと道路へはみ出た枝も落とさねば。
posted by やまかます at 21:13| Comment(0) | コウチュウ

2019年09月18日

白装束、ヒトリガ

そっと息を吹き掛けてみた。

シロヒトリ-1726.jpg


白装束の下に隠れていた、赤い紋様が鮮やか。
昨夜、ライトにはシロヒトリが2頭、飛来していた。

ヤママユのメス。
ヤママユ♀-7464.jpg

大変興奮して、翅を全開にしている。
これは威嚇行動だろう。
下手に触れると大暴れして、翅がボロボロになってしまう。

先月末にメスが羽化してから、その後、
今月に入って、数日おきにオス、オス、メス、と続き、
写真のメスは二日前の夜、最後に羽化した。
5個の繭が全て羽化し終わった。
ただし、4頭目のメスはなぜか、翅が伸び切らず羽化不全におわってしまった。

オス2頭は、チョコレート色で、メスはみな、山吹色だった。

羽がボロボロと言えば、
今朝、庭のランタナに来ていた、モンキアゲハ♀は、
後ろ翅の9割が破れて無かった。
モンキアゲハ-7859.jpg

それでも、まるで何事もなかったように元気に飛び、吸蜜していた。

モンキアゲハ-7861.jpg
posted by やまかます at 20:15| Comment(0) |

2019年09月17日

ホソヘリカメムシ

ナツフジの豆果には、ホソヘリカメムシが多数集まっている。
ホソヘリカメムシ-7564.jpg

交尾カップルも少なくない。画面上の体が大きい方が、メス。

そのホソヘリカメムシだが、
先週、犬の餌入れに集まっていた。
ホソヘリカメムシ-0623.jpg

こうして見ると、でっかいアリンコのようだが、アリンコではない。
アメンボのようでもあるが、アメンボ、でもない。

普段はドッグフードだが、この日は目玉焼きの皿にこびりついた黄身を少々混ぜていて(サービス)、
その舐め残りがわずかに見える。熱心に吸っているのは、まさにその場所だ。
ホソヘリカメムシ-0627.jpg

アリは毎日、ドッグフードにすぐたかって来るけれど、この日はアリも黄身の成分に惹かれたようだ。

ちなみに、夏場は食欲が低調なのだろう、犬のチョロはすぐに餌を食べず、あっという間にアリがたかって真っ黒になる。
けれどしばらくすると、そのドッグフードをペロリと食べきっている。アリをどうやって排除しているのか?それとも一緒に食べているのか?その現場を見届けるチャンスがなかなか巡ってこない。

さて、今日は午前中、JR三股駅のギャラリーで、写真展の設営作業を行なった。
みまたん駅-0653.jpg

点数は38点で、プリントサイズはA1とA0。大サイズにこだわった。

会場にいる予定は、23日の昼前後と、27日最終日午後4時〜。撤収開始は午後5時頃。

28日の午前中、去年と同じく町内で講演と観察会のダブル開催がある。
講演会場は、三股町役場のすぐそばにある「情報交流センター〜あつまい」2F。午前10時〜。
観察会場所は「みまたエコフィールド」で、講演後バスにて移動。終了は正午です。

それはともかく、気持ちが良いくらい、駅前のロータリーも街中も、人の姿が一人として見当たらない。
静かだ。
みまたん駅-0650.jpg


駅を降りたお二方と青年がお一人。午後4時まで会場にいて、来場者は3名だった。
新聞の取材は3社。記者の方を加えれば、6名になる。
posted by やまかます at 21:47| Comment(0) | カメムシ

2019年09月16日

アブラムシ、壊滅

先週、9日に見たススキのカンシャワタムシ、コロニーだが。

カンシャワタムシ壊滅-1660.jpg


全部では無いにしろ、3箇所ほどのコロニーが壊滅していた。
おそらく、ハキオビヒラタアブ幼虫に暴食されたのだろう。
こういうシーンは過去にも何度も見てきた。
ベットリとついた黒い固まりは、ヒラタアブ幼虫の排泄物だ。

アブラムシが姿を消したススキ葉裏を見ていくと。ゴイシシジミの卵や孵化殻も数個残っていた。
もちろん、アブラムシがいなくなったその場所で、ゴイシシジミは餓死するしかない。
他の生存しているアブラムシコロニーへ何とか辿り着ければ別だが。

しつこく探していると、ゴイシシジミの幼虫が1頭だけ見つかった。
手を切らないよう、ススキの葉をそっとめくるのも厄介ではある。こういう時は手袋があればいい。

ゴイシシジミ幼虫-1670.jpg

アリが何度もやって来るが、ゴイシ幼虫には全く無関心のようだ。

庭のチガヤには、ツマグロスケバがいた。お腹がパンパン。
ツマグロスケバ-7473.jpg


道路を挟んで向かいにあるクリの木から、栗の実がこぼれ落ちている。
路面に落ちたものは車に轢かれて無残にも潰れてしまう。ので、
そうなる前に救出している。とか言って、栗ご飯を楽しみにしているわけ。

草地に落ちたイガに、キノコが生えていた。
栗のキノコ-1690.jpg

栗のキノコ-1697.jpg



夕方、1時間半ほど、庭の草刈り作業をした。
丸刃のチップが飛んで切れ味悪いけど、節約のためギリギリまで使い切る。
その分、体力もガソリンも余分に消耗するので、果たして節約になるの?とあとで疑問に思った。
posted by やまかます at 20:35| Comment(0) | カメムシ

2019年09月15日

マダム・マロニーと魔法のスパイス

地区自治会主催の敬老会で、田上伝統芸能保存会が「俵踊り」を披露した。
毎年恒例となっているが、私は過去に2回踊っただけで、今年は数年ぶりの参加。
嫁さんは三味線の伴奏をするので毎年参加している。

この保存会の実質メンバーが年々減少し、踊り手を確保するのもギリギリ綱渡り状態。
私もその状況を知っているので、踊りは全然上達していないが、総勢5名の踊り手に加わった。
これまでは12名、2列で踊っていたが、今回は6名の予定だった。しかし、急遽5名になった。
まあ、5名でも何とか形にはなったが。

敬老会は午前中で終了。
夕方、心地よい秋風の中、犬と散歩に出る。
モンキアゲハ-7767.jpg

彼岸花を訪れるチョウの写真は数年間、毎年撮り続けてきた。
自宅の庭で撮影できるのが嬉しくてついついカメラを手に取っていたが
どうもマンネリで新鮮味のある写真が撮れない。
彼岸花が並んでいる場所は林縁にあり、成長した木々が青空を遮るようになったのも問題。
10年も経てば、ほんと木の成長には驚かされる。
そこで西側で、上空も背景も抜けのいい場所に移植もしたのだが、今年はなぜか花が咲いていない。

イヌビワでは、イシガケチョウの終齢幼虫の数が増えていた。
つい先日まで若齢や中齢が多かったが、こうして幼虫たちの成長ぶりが日の経つ速さを教えてくれる。
のんびりはしていられない。

イシガケ顔-1644.jpg


今夜は2時間映画の『マダム・マロニーと魔法のスパイス』という映画を観た。
舞台は南フランスの自然豊かな街。電柱も看板もない美しい風景。
インド料理とフランス料理が融合していき、そして人もまた。
最後の最後まで気になったのは、インドの料理で、ウニ料理。
ウニって生で食べるのが一番、としか知らないので一体どんな味なのか?気になる。

posted by やまかます at 21:37| Comment(0) | チョウ

2019年09月14日

雨、雨、晴れ、雨、晴れ、雨、雨、、、

目線の高さにいてくれたおかげで、久しぶりに、ショウリョウバッタモドキ

ショウリョウバッタモドキ-1576.jpg


小雨の中、カメラをかばいながら撮影。
ショウリョウバッタモドキ-1574.jpg

そう言えば、ショウリョウバッタモドキの産卵行動など、見たことがない。
「モドキ」とて、ショウリョウバッタとはまるで性格の違う本種。
なんか手掛かりが欲しい。知りたい。

そのすぐ近くには、大きなお腹をした、オオカマキリのメス。
何を食べたの?
オオカマキリ-0643.jpg


(上米公園にて)

今日は夕方から通夜に参列して、暗くなっての午後7時半頃、帰宅。

玄関の灯りにはカトリヤンマのオスが来ていた。

カトリヤンマ-1612.jpg


カトリヤンマ-1605.jpg



発注していたプリントが午後一番、ゆうパックで届いたので、さっそく額装作業を行なった。
来週17日から開催する写真展の準備である。
プリントの仕上がりは申し分無し。写真展会場は昨年と同じ、JR三股駅内のギャラリー。

posted by やまかます at 20:45| Comment(0) | トンボ

2019年09月12日

ヒメカマキリのオス

昨夜、灯りに飛来したのだろう。

ライトトラップの近くにいたヒメカマキリのオス。

ほっそりとした体型で、メスよりか一回り小柄。

ヒメカマキリ♂-1498.jpg


ヒメカマキリは、この時期から晩秋までが成虫期で、越冬態は卵。

一方、サツマヒメカマキリは今の時期、若齢幼虫であるはずだ。
そして、終齢幼虫で越冬。
ヒメカマキリのオスを単独で見るのは2回目。出現時期が短いのでオスを見かけるチャンスは少ない。
メスに比べて早々と姿を消すのは、他のカマキリ類と同じ。

動きはメスよりか敏捷で、よく飛ぶ。

ヒメカマキリ♂の、後ろ脚に注目。
矢印先の腿節にある三角突起の長さが両種の区別点として図鑑にある。
突起が短い方が、ヒメという事らしい。

ヒメカマキリ♂-1461.jpg

今朝のオスの三角突起を見る限り、確かに腿節幅の半分より短い。


posted by やまかます at 21:23| Comment(0) | カマキリ

2019年09月11日

イシガケチョウの羽化殻

今朝一番、見に行ってみれば、イシガケチョウは羽化した後だった。
羽化殻にアリが来ていた。
イシガケ幼虫-1346.jpg


少なくとも9日の夕方までは羽化していないことを確認できているので、
10日か今日の早朝かのどちらかであろう。羽化は。
この蛹は3日早朝に蛹化したので、蛹期間は7日間あるいは8日間、ということになる。

イヌビワには卵や若齢〜終齢までの幼虫がいて、これからまた蛹も見つかるだろう。

お尻のツノが自慢です!
イシガケ幼虫-1415.jpg


糞塔で休眠中です。2齢幼虫。
イシガケ幼虫-1366.jpg

もうじき脱皮します、です。


さて、朝の観察を終えてデスクに向かうと、
目の前に羽化したキマダラセセリ
キマダラセセリ-1373.jpg


四日前、ススキの筒巣で見つけた蛹を、デスクの目につきやすいところに置いてあった。
おとなしいのでこのままケースごと外に持って出たら、いきなり飛んで行ってしまった。
posted by やまかます at 22:18| Comment(0) | チョウ

2019年09月10日

キササゲのイモムシ

数日前からキササゲの葉を食べ続けているイモムシ。
今朝、改めて見るとだいぶ肥えていた。
シモフリスズメ幼虫-1335.jpg


キササゲはノウゼンカズラ科で、このイモムシはシモフリスズメだと思う。

シモフリスズメの食樹リストにはノウゼンカズラ科が入っていること、
シモフリスズメの体色は様々なタイプがあること、
シモフリスズメの尾角には細かい突起が並んでいること、
これまで見てきたシモフリスズメ幼虫の雰囲気がそっくりそのままであること、
以上。

先週、6日の深夜にふ化したサトキマダラヒカゲ、16匹兄弟は、
同じササの葉裏で2群に別れ、脱皮前休眠に入っていた。
サトキ1齢入眠-1327.jpg

そして夕方、6時頃、脱皮が始まり、次々と2齢へと成長していた。
1齢期は4日間、ということになる。

台所の勝手口傍に設置している竹筒アパートに、コクロアナバチが獲物を抱えて戻って来たところだった。
最初は家壁に止まったりしていたが、やがて私の体にまとわりつくようになった。
コクロアナバチ-1315.jpg

獲物の触角の付け根をくわえている。
麻酔された獲物は、オナガササキリ♀。
2015年8月にも同じ場面を撮影していた。

posted by やまかます at 20:04| Comment(0) |