2019年08月31日

カメムシの集まる木、キササゲ

道路を挟んだ向かい側で大きく成長した、キササゲ
今の時期は、ひょろ長い果実がホウキのごとくぶら下がっている。

そろそろ賑わっている頃かな。午後になって雨も止んだので覗いてみた。
クサギカメムシ3齢-7320.jpg

写真はクサギカメムシの3齢幼虫。
クサギカメムシとチャバネアオカメムシの幼虫が多数、散らばっていた。
新成虫もそこそこいる。
キササゲの梢は、まるで、カメムシの楽園になったようだ。
キササゲの果実は、カメムシ幼虫たちにとって大事な栄養源。
こんな美味しいご馳走を見落とすわけがない。

チャバネアオカメムシの4齢と5齢(画面左)。
チャバネアオカメムシ4齢5齢-7309.jpg


こちらはチャバネアオカメムシの卵塊。
チャバネアオカメムシ卵-7302.jpg


卵上部を取り巻く、まるでミルククラウンのようなそれは、受精孔突起(micropylar projection)。

昨日、見つけたオオトリノフンダマシの卵のう。今日になって、もう一個増えていた。
オオトリノフンダマシ2個目-0877.jpg

産卵から卵のうが完成するまでを一度は見てみたいものだ。夜だね。

イシガケチョウの終齢幼虫。
イシガケチョウ終齢-0880.jpg

イシガケチョウ終齢-0882.jpg


アカメガシワの葉裏には、ツマグロオオヨコバイクサヒバリ♂が仲良く並んでいた。
クサヒバリ-0907.jpg

posted by やまかます at 20:24| Comment(0) | カメムシ

2019年08月30日

ヒサゴクサキリ

居間の網戸にヒサゴクサキリのメスが貼り付いていた。

どうしてそこにいたのか見当も付かないが、来てくれたのだから少し嬉しい。
少し、というのは場所が網戸だからで、ガラス窓であったなら素直に喜べたはずだ。

そこでガラス板に移動してもらった。そっと誘導すれば大丈夫。

ヒサゴクサキリ701A7230.jpg


お腹の撮影が終わったらすぐ、庭に戻した。
そもそも夜行性であろうから、明るい日中はあんまり動きたく無いようだ。
ササの葉にしがみついて落ち着いた。
ヒサゴクサキリ-7270.jpg


「ヒサゴ」=「瓢:ひょうたん」の模様が背面にある。
ヒサゴクサキリ-7252.jpg


先日のシマササグモ
記事の中では初めて見たと書いたけれど、2008年に何度か撮影していたことが、後になってわかった。
しかも、体の模様はくっきりと鮮やか。
撮影した当時は、おそらくササグモと思い込んで、ろくに調べなかったのだろう。
宮崎に来てから12年と半年。その間に撮影した写真の整理を「どがいかせんと、いかん!」





posted by やまかます at 23:00| Comment(0) | バッタ

2019年08月29日

ロードキル、モンキアゲハ

上米公園のアカメガシワ樹液に、大きめのコクワガタが来ていた。
いや結構、大きい。久しぶりに見た。
コクワガタ-0735.jpg

樹液はコウモリガの幼虫巣から滲み出ていた。

夕方の犬の散歩コースの一つ。ここは農耕車も滅多に通らない静かな小道。
以前、「チョウのねぐら通り」とか書いた場所だ。
ねぐらについたチョウは見かけなかったが、モンキアゲハの死骸が路面に貼りついていた。
モンキアゲハ-0760.jpg

車の通行量が極端に少ないせいか、ここでのロードキルは、ずっと前にハンミョウを一回だけ見た。
それだけ。

こちらは随分と体に傷を負ってはいるが、元気に歩いていた、オオゴキブリ
オオゴキブリ-0755.jpg

後脚がうまく動かないようで、引きずるようにして歩く姿は痛々しかった。

で、帰り際に目に入ったのは、オオトリノフンダマシの卵のう。
まだ新しいようで、すぐ上にメスが留まっていた。

オオトリノフンダマシ-0768.jpg


〜ツインマクロストロボは使うけれど〜

さて、私が20歳代の頃、昆虫写真撮影に使う機材と言えば、
金科玉条のごとく、ツインストロボと100ミリマクロの組み合わせだった。
(まあレンズの種類もそんなに無かったし。3本とかで。)
これが昆虫写真のスタイルだ!と思い込んで、迷うことがなかった。
なにせ光のまわりが良く、ソツのない写真が撮れたからだ。

ところがある日、撮影した写真を眺めていて、絵柄にもよるけれど、天地がわからない、
どっちが天空でどっちが地面だ、という仕上がりが物凄く気に掛かり始めた。
気持ちが悪くすらなった。写真は見た目通りとはいかないまでも、これは自分が欲しい、
描きたかった写真ではないじゃないか。テカリ具合が不気味なカットもドンドン増えた。アイキャッチが2個、3個というのも気分が悪いし。
それで、ダメ写真を次々とゴミ箱に放り捨てたのも懐かしい。かなり大量に捨てた。早く気付けよ!だが。

ストロボの使い方を改めて見直し、まず特別な場面を除いては、ツインストロボを使わないことにした。
もっとも、超接写や広角接写など、レンズ先端から被写体までの距離がごく短い場合には
ツインストロボを使っている。その場合も自作のディフューザーは必ず使う。
メーカー付属のものはほぼ使いものにならない。

またマクロレンズも、100ミリや90ミリ系よりか、標準マクロを使う頻度の方が高くなって、(虫のしわざ、というテーマに嵌っていったのも一因ではある)
被写体の条件で、この二系統のマクロレンズを頻繁に取り替えるようになった。
つまり二台体制が常に必要となる。ちょっと面倒くさいが。

標準マクロでは被写体までの最短距離が短くなるため、ストロボの発光部はできるだけ
低い機種を選んでいる。100ミリ系ではノッポのストロボでも構わない。
低いと言えば、カメラ内蔵のストロボの発光部がもっとも低い位置にあるけれど、
原則、内蔵ストロボは使わない主義だ。(フルサイズカメラではそもそも、内蔵ストロボは装備されていない。キャノンの場合。)
これには大きな理由が二つあって、
一つはチャージが遅いことで、大事なシャッターチャンスを逃したという、痛い苦い経験があるからだ。
それも二回。そのとき撮り逃した瞬間は、今もって撮りきれてない。あの時、外付けのストロボを使っておれば!
という後悔の念が強く影響している。最初のカットの次の瞬間こそが欲しかった絵柄で、シャッタータイミングはバッチリ合ってたのに、2カット目は発光してなかった。ブレブレで真っ暗。
内蔵ストロボの手軽さに気が緩んだのだと思う。お散歩撮影、なんて呑気なことを言ってた。

もう一つは、内蔵ストロボには日中シンクロのシャッター速度に上限制限があって、明るい場所では使えないことがままあること。高速シンクロで早いシャッター速度を維持したい場面は多い。

ストロボをカメラから離して発光させるときには、電波通信を使うようにしている。
光通信では受光部のちょっとした向きで発光しないことが夜間でも結構あり、大事なシヤッターチャンスを逃したり、撮影時にストレスを抱える原因にもなる。電波通信なら、木の陰などカメラから見えない位置にもストロボを構えることが可能。

ともかくも、カメラ機材という道具は、場面によって、撮影目的しだいで、あれこれ道具選びをする必要があり、
当たり前だが、万能な機材などは無い。

だからフィールドに出掛ける時は、今でも毎回、機材の絞り込みには時間が掛かる。迷う。
かと言って、何もかも担いで行くわけにもいかない。年相応の体力的な問題も大きい。
残念ながらこれは仕方がない。気力だけでは克服できない。


posted by やまかます at 22:51| Comment(0) | チョウ

2019年08月28日

ヒ、ナ、ヨ、セ

竹筒アパートに、ヒメバチの一種が来ていた。
ヒメバチ-7684.jpg


竹筒の多くは、オオフタオビドロバチが営巣した泥蓋で閉じられている。
ヒメバチはその泥蓋をしきりと触角で探っていた。
ヒメバチ-7686.jpg

このシーンを見て、ふと思い出した写真がある。

キゴシジガバチの泥巣に産卵するキアシオナガトガリヒメバチの写真で、
撮影者は今は亡き、昆虫写真家、小川宏さん。

小川さんは昆虫全般を広く撮影されていたが、中でも蜂類の撮影には特段、精力を注がれていた。
その写真は、『日本動物大百科/第10巻/昆虫3』(平凡社、1998)に掲載されている。

今日見たヒメバチはそのキアシオナガトガリヒメバチによく似ている。
というか、そっくりだ。区別がつかない。
それはともかく、しかし、オオフタオビドロバチの巣は二重の泥蓋で厳重に警護されており、
ヒメバチの産卵管がずっと奥にある幼虫室まで、果たして届くのであろうか?疑問。

という話題でまずは「ヒ」。

次に「ナ」とは、ナガサキアゲハ

ピンク色のボタンクサギにはよく飛来するが、今朝も犬の散歩中に出会した。
ナガサキアゲハ-7657.jpg

けれど、こんな色合いもあるんだ、というちょっと意外な翅色。
ボタンクサギの左奥にはオオカマキリ♂の視線もあった。
狙っていたんだね。

「ヨ」とは、ヨツボシホソバ幼虫

クヌギの枯れ枝や幹で、しきりと地衣類をモグモグと美味しそうに食べていた。
ヨツボシホソバ-7177.jpg

ヨツボシホソバ-7185.jpg

だけど、長い毛が邪魔して、その美味しそうに食べる顔の表情がぜんぜん写真にならない。
これは悔しい。

最後に「セ」。
昨夜、玄関前で撮影したセスジツユムシの♂。

セスジツユムシ-7137.jpg


背景に写っているのは門灯。

夜のシーンの撮影では特にだが、ストロボを使う場合はできるだけカメラから離して照射する。
一瞬の生態シーンをガッツリ写し止める、という撮影目的に絞るならそうでも無いが、
(実際、私も8割程度はそうしたお気軽な撮影、してます)
ライティング効果を細やかに演出するには、ストロボの使い方にも工夫が必要。
ましてや、昆虫写真=ツインマクロストロボ、という図式に囚われているようでは
昆虫写真の面白味に欠けて単調になる。

昆虫がとにかく綺麗に写っておればそれで良い、というのであれば別だが、
そういう写真ばかり観ていると、私なんかは飽きてしまう。






posted by やまかます at 21:30| Comment(0) |

2019年08月27日

右、左、右、左、右、、、、、

クワの葉にいたツマグロオオヨコバイの幼虫が、脚を踏ん張ったまま、
体を右に左に、と揺すぶる。
ヨコバイIMG_7615.jpg

ヨコバイIMG_7616.jpg


ツマグロオオヨコバイはちょうど今頃が羽化の時期だ。年1化。
ヨコバイIMG_7608.jpg


羽化の撮影をしたのは15年も昔のこと。
羽化時刻は早朝4時〜6時が多かったが、そう思って油断していると夕方頃に羽化した個体もあった。
打ち合わせの仕事で都内に出掛け、まさか羽化してはないだろうと。
ところが帰宅して見ればすでに羽化済み。
連日早朝待機の疲れが溜まっている体が、さらにいきなりズンと重く感じたのも懐かしい。

夕方の犬の散歩から戻る途中、ススキで卵のうを抱えた♀クモがいた。
はて?初めて見るクモだ。
普段よく見かけるササグモに似ているが、
このクモはシマササグモ
シマササグモIMG_7648.jpg

南方系のクモで、九州でも南部に多いそうだ。

道の反対側には、ナガコガネグモの小柄なオスがいた。
ナガコガネグモ♂IMG_7602.jpg

網は粗末で足場程度。そう言えば、オスが獲物を捕らえている場面を見たことがない。

posted by やまかます at 21:14| Comment(0) | カメムシ

2019年08月26日

四国カメムシ

一週間ぶりに帰宅してみれば、ヤママユのメスが羽化していた。
昨夜辺り羽化したようだ。山吹色。

さて、四国昆虫巡りで出会ったカメムシ目はと言えば。

石鎚山、瓶ヶ森林道のアカフハネナガウンカ。22日。
アカフハネナガウンカ-7127.jpg


本種は山地性で、シラキの葉裏で見つかるそうだが、写真はササの葉の裏にいた。
よく見れば、赤い口吻が葉脈に突き立てられており、おそらく吸汁していたのだろう。
ヒメキマダラヒカゲの卵塊でもないかとササの葉をめくっていたのが幸いした。
この後、I子さんが産卵行動を目撃、撮影したらしい。
けれど改めてその場所を案内してもらったが、本人にすらわからなくなった。
一旦移動してしまうと、さっきまで見ていたはずのポイントを見失う、ということはよくある。

高知県南国市のニシキキンカメムシ幼虫。24日。
IMG_7335.jpg

この時期は4、5齢がホストのツゲから分散し始めたところで、集団形成は弱い。
10月以降だと樹上での集団密度が高くなり、やがて厳冬期に入ると地面の落葉下に潜り込む。

愛媛県、皿ヶ嶺、風穴のトホシカメムシ幼虫。25日。

トホシカメムシ-7423.jpg

ナナカマドに幼虫が多く、みな5齢だった。
成虫も一頭だけいた。
トホシカメムシ-7591.jpg

2年前、埼玉県飯能市では9月下旬に5齢と羽化直後の新成虫が多かった。

ナナカマドでは、ツノアカツノカメムシ、もいた。
ツノアカツノカメムシ-0265.jpg



コブシの実にはアカスジキンカメムシが数頭来ており、全てメスだった。
アカスジキン-7542.jpg


サクラでは、ナシカメムシの交尾カップルが2組。
クヌギカメムシ科のナシカメムシが産卵するのは9月以降だ。
そして越冬は2齢幼虫というステージ。
ナシカメムシ-7579.jpg


25日、同日。午後5時20分。
松山市南高井町、実家のドアノブで、チャバネアオカメムシが産卵していた。

チャバネアオカメムシ-7598.jpg

こんな不安定な、しかもホストから遠く離れた場所で、何故ゆえに?

思うに、ドアノブ周辺にはクロガケジグモのボロ網が張り巡らされていることから、
チャバネアオカメムシの♀の脚はこのボロ網に絡まれていたのではないだろうか。
もがいて、もがき暴れているうちに観念して産卵するに至ったのではないだろうか。
クモの網糸に掛かって、そこで産卵してしまうということはこれまでにも数回観察している。

ふ化幼虫達にとっては迷惑な話だが、苦し紛れに最後の力を振り絞った母虫の執念とも言えるだろうか。

撮影後、家に入るためドアノブをそっと握って回したら、
チャバネアオカメムシはサッと飛び立って行った。
うん? 

今朝は早めに明浜町の嫁さんの実家を発ち、
八幡浜港の市場に寄ってみた。
水揚げの多かったタコと(ちょい高め)、タチウオ、朝獲れエビを買った。
エビもタコもサッと塩茹で、実に美味い!

小雨の中、臼杵港から宮崎まで一気に戻った。




posted by やまかます at 22:19| Comment(0) | カメムシ

2019年08月25日

皿ヶ嶺 上林「風穴」

四国昆虫巡り、最終日のフィールドは愛媛県、皿ヶ嶺の風穴。

IMG_7366.jpg


池にはミズカマキリの姿があり、水面近くを低くパトロール飛翔するタカネトンボの姿もあった。

フシグロセンノウ
IMG_7400.jpg


そして、エゾゼミ
IMG_7468.jpg


メスで、ヤマモミジの幹で吸汁していたが、いくら近づいても平気で落ち着いていた。

期待通り、カメムシ類の姿も多かった。こちらはのちほど、紹介します。

午後7時半、松山市内で夕食を済ませてから、西予市明浜町に移動。
卯之町のコンビニ外壁にカヤキリ♀が来ていた。
IMG_0273.jpg

IMG_0279.jpg

このあと放つときに、大きなアゴで噛み付かれてしまった。
仕方が無い。強く摘んだからね。
posted by やまかます at 23:59| Comment(0) | カメムシ

松山城

昨日は四万十市から南国市に移動、ニシキキンカメムシを探してみた。
ツゲの実はとっくに萎れており、ツゲには残っていない。
しかし、付近の樹木で幼虫が次々と見つかった。
ほとんどは終齢だったが、4齢もチラホラ見かけた。

撮影が終わるころ小雨となったが、しばらくするうちに止んだ。

午後4時過ぎ、松山市に移動。
今回は車中でのおしゃべりが絶えることなく、運転していても眠くなるようなこともなく、
いつもより疲れが少なく済んだ。

昨夜は小雨が降り続いていたが、今朝はまさかの快晴。
ホテルから松山城の森がくっきりと見えていた。
松山DSC_0002.jpg


どうやら、「晴れ男」Kさんのおかげらしい。

本日は皿ヶ峰の上林、風穴で昆虫観察。

四国昆虫巡りの最終日である。

posted by やまかます at 08:35| Comment(0) | 風景

2019年08月23日

四万十市とんぼ自然公園

昨夜から雷雨となり今朝も雨が残った。

久万高原町の宿を出て、高知県四万十市へ向かった。
愛媛県松野町の道の駅では、メダカ、サワガニ、そしてタイコウチが販売されていた。
タイコウチは一匹700円。

高知県に入ってすぐ、路肩に車を停めて、イヌビワの果実を採集。
飼育中の蛾幼虫の餌補充用。イシガケチョウのメスが目の前で産卵。
卵、若齢幼虫など、I子さんにとっては初めての観察体験。

クリの葉裏にオオミズアオの卵を見つけた。
よく見ると寄生バチが産卵している最中だった。
オオミズアオMG_0143.jpg


ほぼ30年ぶりに「とんぼ自然公園」を訪れた。
雨はとっくに降り止んでいて日射しさえときおり出て来た。
とんぼ公園IMG_7291.jpg


産卵をしていた、ハグロトンボ
ハグロトンボIMG_0154.jpg


小さな小さな、コフキヒメイトトンボ

コフキヒメイトトンボIMG_0166.jpg


3名ともビニール傘を買ったけれど、出番がなかった。

posted by やまかます at 23:54| Comment(0) | トンボ

2019年08月22日

愛媛の昆虫観察

昨日、21日は久万高原町で、クロツバメシジミを探してみた。
急斜面にはりつくような集落の石垣にはツメレンゲの群落があちこちにある。
IMG_7081 (2).jpg


花が咲くのは秋になってから。ツメレンゲを眺めていると、やがてクロツバメシジミの姿もチラホラ。
IMG_7076.jpg

今回の四国昆虫巡りでは、Kさん(画面奥)とI子さん、も参加。

IMG_7117.jpg


夜は予定通り、面河山岳博物館主催の講演。愛大昆虫学研究室の先生方や後輩OB、そしてちょっと驚いたのは高校時代の同級生の方にも来ていただいた。

22日、本日は石鎚山の「よさこい峠」に上がり、ブナ帯でツノクロツヤムシを探し歩いた。
目を付けた朽ち木からさっそくツノクロツヤが出た。
ツノクロIMG_7133.jpg


カメムシはほとんどいなかったが、アオクチブトカメムシをKさんが見つけた。
アオクチブトIMG_7165.jpg


面河山岳博物館で特別展を見学したあと、夕食をはさんで、夜の観察に出た。
お目当てのコケオニグモは見つからず。
クサキリIMG_7260.jpg


クサキリが羽化していた。
posted by やまかます at 23:19| Comment(0) | コウチュウ