2019年07月08日

キイロスズメバチの引越し

縁側の庇にキイロスズメバチが来るようになったのは数日前から。
3、4頭のワーカーが天井や家壁にしきりとタッチを繰り返していた。

「新しい巣場所を探しているんだな!」


でもそのすぐ傍にはヤマトアシナガバチがすでに営巣している。
しかしキイロスズメバチはヤマトアシナガバチには全く無関心の様子。

で、今日になってにわかに巣作りが始まった。

キイロスズメバチIMG_3356.jpg


時折、ヤマトアシナガバチのワーカーがキイロスズメバチにアタックするけれど、
それでもキイロスズメバチは相手にすることなく、粛々と巣作りに励んでいた。
まるでヤマトアシナガバチの姿が見えてないかのような振る舞いは、不思議に思える。
人がちょっかいを出したら、そうもいかないだろうに。

一気に巣作りが進展しそうな勢いが最初はあったが、やがてワーカーの数が減り、
一頭だけが寄り添っている時間が多くなった。

キイロスズメバチはワーカーが百頭くらいになり巣が手狭になると引っ越しをする。
その引越しに際しては、数カ所の候補地の中からベストの1カ所に絞られるようだ。(中村雅雄『スズメバチ』2007;八坂書房)
ということは、縁側のこの場所が本命ではない可能性もある。
過去にも偵察ワーカーがよく我が家に飛来することはあったけど、一度も営巣には至っていない。

ヤマトアシナガバチの巣はすぐ横。

キイロスズメバチIMG_3361.jpg


日没時になるとキイロスズメバチのワーカーは姿を消してしまった。
さて明日はどうなるだろう。

近所の草はらにいた、カヤキリ♀の幼虫。
頭胸部の大きさはすでにクビキリギスやクサキリの成虫と同じくらいの大きさがある。

カヤキリ幼虫IMG_8907.jpg

羽化までまだあと一回は脱皮するかな。
カヤキリ幼虫IMG_8929.jpg

羽化の様子を観たくて、この幼虫はお持ち帰りとした。
posted by やまかます at 21:36| Comment(0) | ハチ・アリ