2019年07月03日

雨宿り

家の外壁にクロモンサシガメが佇んでいた。主に地面で暮らすカメムシで、一時避難だろうか。
クロモンサシガメIMG_8614.jpg


玄関前の鉢植えのスミレには、脱皮直後のツマグロヒョウモン幼虫がいた。
ツマグロヒョウモンIMG_8621.jpg


鉢植えは庇の一番奥深い家壁際にあるので、ここなら雨に当たることも無いだろう。
最初植えていた植物が何だったか忘れたが、いつの間にかスミレが大きく育っていた。

ツマグロヒョウモンIMG_8620.jpg




お隣の都城市に続いて、三股町でも「避難指示」が発令された。
長時間の雨で川という川はどこも溢れんばかりに濁流となっている。

「避難しろ」と言われても近くの公民館はうちよりか標高が低い位置にあり、自宅にいた方がまだ安心かと思う。
むしろ気掛かりなのは周囲のスギ林で、強風はないものの地盤が緩んでの倒木が心配。

まったく手入れされてない放置林では倒木が発生しやすく、被害としては電線を引き倒しての停電。
停電になると今進めている仕事はほぼまったく手がつけられない。もちろん日常生活へのダメージも大きい。
以前、隣の杉林からうちの林の観察路に倒木があって、これを片付けるのは自分でやるしかなかった。
かなりの時間と労力を要するので勘弁してほしい。

まあそれにしてもよく降る雨だ。昨日までとは違って、今日はほとんど休みなく降り続けている。
夕方から次第に雨脚が強まり始め、風まで吹き荒れ始めた。こりゃあ、まるで台風並みだなあ!

posted by やまかます at 19:40| Comment(0) | カメムシ