2019年06月23日

オオトビサシガメのふ化

庭で見つけたオオトビサシガメのメスは、お腹が大きかった。
しばらく飼育していたら、数日後には産卵した。

産卵してからほぼ2週間目の今日。午前6時半に卵塊を覗いてみれば、ワラワラとふ化の真っ最中!
「しまったあ〜!」
ふ化開始推定時刻は、午前6時00分〜15分の頃かと思う。

最初の一陣に続いて、第二陣がふ化し始めたので、なんとか最初から撮影ができた。
「ありがとう〜!」

オオトビサシガメふ化IMG_9443.jpg

剣山のような卵の蓋を頭で押し上げ、それを被ったままふ化が進行する。
オオトビサシガメふ化IMG_9457.jpg

オオトビサシガメふ化IMG_9548.jpg

オオトビサシガメふ化IMG_9594.jpg


ふ化後、しばらくするとオレンジの単色から次第に色づいてくる。

06232019.jpg


触角の長さは体長のほぼ2倍。腹部はえらく小さく、とてもアンバランスな体型だが、これで無事に成長できるのかと、先行きが心配になってくる。

撮影後、犬の散歩に出るとすぐ、ボタンクサギの葉上を
アトボシアオゴミムシが忙しく歩き回っていた。
何かを探しているような、そんな雰囲気。
ずっと動いていたこともあって、眼にピントが合うことは一度も無かった。


06232019-2.jpg
posted by やまかます at 18:27| Comment(0) | カメムシ