2019年05月31日

後食

午後9時37分、クリの枯れ枝にカミキリムシのペアがいた。
ちょうど目線の高さ。懐中電灯を向けるとすぐに浮かび上がった(5月28日)。

5月31日2019.jpg


セミスジコブヒゲカミキリ、だ。

画面上の小柄な方がオスで、触角第3節が膨らんでいる(で、コブヒゲ)。
成虫はこうして枯れ枝の樹皮などを食べる。

昼間、玄関先に置いてあった傘に止まっていたメスがこちら。

5月31日2019-5.jpg

玄関の灯りに飛来したのだろう。
posted by やまかます at 20:51| Comment(0) | コウチュウ

2019年05月30日

チラカゲロウ亜成虫

昨夜チラカゲロウ幼虫の羽化を撮影した場所に午前中、訪れてみた。
カゲロウの羽化は2回あって、最初の羽化で姿を現したものは亜成虫と呼ばれる。
闇夜の中、力強く飛び立って行ったチラカゲロウの亜成虫はどこにいるのだろう。

しばらく川沿いを歩いていると、ハゼノキの葉裏で佇んでいる亜成虫を見つけることができた。


5月30日2019-2.jpg

見つかる羽化殻の数からしては、亜成虫を見つけるのはそれほど容易ではない。

ハゼノキのすぐ傍の膝元にあった、ネムノキひこばえ。
そこにはキチョウの蛹が5個ぶら下がっていた。
5月30日2019-3.jpg

高さ70cmほどのひこばえで、これだけの数がよく育ったものだと思うが、さらにどの蛹も寄生を受けていないことが、翅色が透けて見えることからわかる。


鹿児島県、財部町の渓流沿いの森では、オオトラフコガネがいた。


5月30日2019.jpg


posted by やまかます at 20:30| Comment(0) | カゲロウ

2019年05月29日

カゲロウ夜間撮影、終了

午前中、庄内川(都城市、関ノ尾滝上流)にトンボの羽化撮影で出向いた。
さっそく見つけたヤゴは、コオニヤンマ、だった。


まだ体が濡れており、羽化まで時間が掛かりそうだったので、オオヤマトンボの羽化殻が多いポイントに移動。
グルグル川沿いの遊歩道を歩いてしばらくして戻ってみれば、ヤゴの体は乾燥して白っぽくなっていた。

そろそろかな、と眺めていたら背中が割れて羽化が始まった。
「いいタイミングだ!」

5月29日2019.jpg

5月29日2019-3.jpg


午前の撮影を終えて一旦帰宅してから、三股町の沖水川へ。
ヤマセミが目の前を飛び去って行く。ふと川の対岸を見やると、アブラギリの白い花が咲いていた。

5月29日2019-2.jpg


アブラギリは山間に多いが、この場所はうちから一番近い。
「へえ〜、こんな所にアブラギリがあったんだ」
10年以上住んでいて気付かなかったけど、まだまだ知らない観察ポイントがいっぱいあるのだろう。


玄関でると、すぐ目の前でボケの梢にハンミョウが着地した。

5月29日2019-4.jpg


幼虫巣は滅多に見つからないけど、成虫は敷地内にもよくやって来る。
ハンミョウが当たり前にいることこそ、地方の財産みたいなものだけどね。


さて、連日連夜、河原に通い続けたけれど、ようやくカゲロウの羽化の撮影ができた。
羽化時刻は日没直後の午後7時10分〜40分の間だった。
カゲロウの幼虫が水中から水上へと登り、一旦定位すると数秒から長くとも20秒以内には羽化を開始する。
その幼虫を見つけるのは、まるでモグラ叩きのようなもの。
絞り込んだ観察ポイントのエリアを、檻の中の熊のように休みなく見て回るしかない。
今回撮影したカゲロウは、チラカゲロウ。羽化した亜成虫はとても綺麗だ。

posted by やまかます at 21:56| Comment(0) | トンボ

2019年05月28日

うまれたよ! ワカバグモ

今朝は、コロギス♂とサツマヒメカマキリ♀がそれぞれ羽化していた。
羽化の推定時刻は午前5時20〜40分の間であろう。
いづれも翅芽が大きく開き、黄色く色付いていたので要注意だった。

午前6時24分、庭のツツジで抱卵中だったワカバグモは、卵のうの糸テントを破って、出のうが始まっていた。


5月28日2019-2.jpg


初めて見るワカバグモの子グモ、メチャ可愛い。
5月28日2019-3.jpg

出のうとは言っても、まだ親の元から離れる子グモはわずかで、旅立ちをためらっているかのようだ。

朝食の支度でアサリを洗っていたら、流しの底に小さなカニが転がり出てきた。
貝の中に住みつく、オオシロビンノだ。


5月28日2019.jpg


アサリの味噌汁を啜っていると茹で上がったオオシロビンノに気付くことはあったが、
今朝は初めて生きたままの姿を見ることができた。
posted by やまかます at 22:01| Comment(0) | クモ

2019年05月27日

子守りワカバグモ

ワカバグモ♀(5月2日)の抱卵を、これまで毎日気にかけて眺めてきた。

今日になってようやく子グモの姿を確認できた。
5月27日2019.jpg


今朝、パッと見ただけで卵のうが黒ずんで見えた。
孵化は数日前に終えており、卵のうが平べったくなって、白い卵殻が透けて見えていた。

出のうはもう間近じゃないだろうか。
卵のうを抱えたまま3週間以上、餌を取ることもなく、明らかに腹部が萎んで痩せてしまったメス親。
子グモ達の出のうを見届けるまでここに留まるのであろうか?


今日は曇り空。昨日までの夏日に比べて涼しく、過ごし易かった。
うちの林の観察路を巡っていると、エノキにリンゴドクガの若齢幼虫がいた。


5月27日2019-2.jpg

ちいちゃくても、リンゴドクガと判るよ。

まるでマントを広げたかのような格好で佇んでいたのは、ヒメマダラマドガ(マドガ科)。
なんでこうやって体を立てているのか、不思議ではある。

5月27日2019-3.jpg


5月27日2019-4.jpg

posted by やまかます at 20:48| Comment(0) | クモ

2019年05月26日

ポチ

5月26日2019.jpg


スジベニコケガが水滴を吸っていた。

5月26日2019-2.jpg


灯火に飛来した居残りだが、スジベニコケガがこうして吸水する姿は初めて見た。

posted by やまかます at 22:07| Comment(2) |

2019年05月25日

カゲロウとカジカガエル

連日、河川での夜間撮影を行ってきたが、今夜はいったん中断した。
土日ということもあり、自分の体力も考慮して今日一日をオフにした。

こういう機会に、以前から気になっていた標本撮影台の改造工作を1時間ほど掛けて行った。
標本を乗せる台も上下微動できるようにする工作。
ニコンの古いベローズを改造して、これで撮影台をエレベーター式に組んだ。
ベローズの解体にはちょっと工夫も必要だったが、ともかく手元にある工具と材料だけで済ませることができた。

5月25日2019-3.jpg


河川での夜間撮影とはカゲロウの羽化だが、日没後の非常に限られた時間帯に集中する。
羽化が終了するや、それと入れ替わるようにしてカジカガエルの活動が活発になる。

うっかりすると、踏み潰してしまいそうなくらいにワラワラと石の上に出て来るカジカガエル。

5月25日2019-2.jpg


カゲロウの羽化が短時間で慌ただしく終了する理由が、もしかしたらこれだったのかもしれない、
私の姿にも動じることがないカジカガエルたちの大胆な姿を見て、納得できるような気がした。
5月25日2019.jpg


賑やかになるカジカガエルの鳴き声が、カゲロウ羽化の撮影を諦めて撤収する合図でもあるのだ。


posted by やまかます at 21:51| Comment(0) | 両生類

2019年05月24日

ゲホウグモの円網

2年前の6月4日、近所の草むらでゲホウグモを見つけた

家の周辺にゲホウグモが生息していることがわかって嬉しかったけれど、
目前の仕事に追われていたことや、近所にいるならいつでも探せる、という安心感もあって、
ゲホウグモの観察はずっと後回しにしてきた。

ところが最近のこと、ゲホウグモの卵のうを家のすぐ近くの草むらで発見。

「うん? それなら近くにいるメスが見つかるかも」と、
さっそく夜になって見に行ってみれば、

卵のうのあった場所からわずか1メートル離れたウメの立ち枯れに、円網を張ったメスがいた。


5月24日2019-2.jpg


撮影時刻は午後9時47分。
何箇所も破れているから、獲物がいくつか掛かったのだろう。

昼間は折れた枝先で休んでいる。


5月22日2019-2.jpg


枝の一部に完全に成り切っているが、この見事なまでの擬態こそが、多くの人を魅了するのでは無いだろうか。

5月22日2019.jpg


昼間休んでいる枝先は、目線の高さにあるが、
網を張るのはそこから上に登った、2m50cmほどの高さ。


庭のノアザミアゲハのオスが来ているのを窓から見て、少し急いでカメラを準備した。
蜜の吸いっぷりからしてしばらくは撮影チャンスがあるだろうと思えた。
予想通り、1分ほど経て外に出た段階でもまだ吸蜜していた。

数カット撮影したところで飛び去ったけれど、画像を確認してみれば、全カットがブレていた。
それもそのはず、カメラの感度設定がISO100になっていた。

でも大丈夫!
アゲハは別のアザミに移動してまた吸蜜を始めたので、すぐにダッシュ。
感度設定を上げてから再度、撮影できた。

5月24日2019.jpg


ふとフィルムカメラを使っていた昔のことを思う。

当時のフィルム感度はISO100かあるいは64や50で、そのような低感度でもしっかりと撮っていた。
ISO400といった高感度のフィルムもあったけど、実用レベルではなくほとんど使ったことはなかった。
どうしてもという撮影の時だけ、ISO100のフィルムを200の設定で撮影しておき、増感現像を行うことがあったくらいだ。


カメラは進化したが、何かしら失ったものがいっぱいあるような気がしてならない。
と、少しだけ考えたりした。




posted by やまかます at 23:37| Comment(0) | クモ

2019年05月23日

枯れてしまったイロハモミジ

玄関前のイロハモミジがついに枯死した。
5月23日2019-4.jpg


あそこが、ここが、と枯れ枝が増えていたイロハモミジだったが、何とかまだ生きている枝葉があって花も咲かせていた。けれどその最後の砦もついに枯れてしまった。ここ数日内のことだろう。

5月23日2019-3.jpg


枯れた枝を切った断面は穴ぼこだらけ。カミキリムシ幼虫が穿ったトンネルだ。
堀クズが今日も出ていたから、トンネルの中にはカミキリムシ幼虫がいることがわかる。

4月15日-5.jpg


夜間の撮影に備えて下見に行った河川で、アオサナエがすぐ足下にいた(都城市、庄内川)。

5月23日2019-5.jpg


肌がヒリヒリするほどの陽射し。アオサナエはお尻をツンと上げていた。

仕事部屋の外灯にキオビゴマダラエダシャクが多数、飛来していた。
5月23日2019-2.jpg


オオゴマダラエダシャクの若齢幼虫は、カキノキに多数いて、成虫になるのはまだ少し先のようだ。

5月23日2019-6.jpg


肉眼では真っ黒にしか見えないが、強めの光を当てて撮影してみた。
posted by やまかます at 21:58| Comment(0) | コウチュウ

2019年05月22日

ウコンエダシャク

夜、玄関の灯りに来ていた、ウコンエダシャクのメス

5月22日2019-4.jpg


本種には5年前の2014年7月、佐賀県の神埼市で出会っている。

さらに遡れば、2004年の夏、大分県宇佐八幡神社で出会っているが、本種を撮影したのはその時が初めてだったと思う。いづれもメスだった。

メスしか出会っていないの?と気になったが、
よくよく調べてみれば、2012年6月に愛媛県松山市でオスも撮影していた。すっかり忘れていた。

スクリーンショット 2019-05-23 06.18.23.jpg


オスは前翅に透明な窓があって、そこを使って発音する、らしいが、その音をまだ聞いたことが無い。
posted by やまかます at 22:34| Comment(0) |

2019年05月21日

増水

水生昆虫の下見で都城市、庄内川の河原を訪れてみたが連日の雨で増水しており、
予定していた撮影はしばらく難しいことが判明。

川縁には色鮮やかに成熟した、アオハダトンボがいた。

5月21日2019.jpg


庭のスモモではカイガラムシを捕食するアカホシテントウの羽化が、数日前からピークを迎えていた。
今日になって、ズラッと並んでいた蛹のほとんどが羽化を終えていた。


5月21日2019-2.jpg

羽化後の成虫達は、近場の葉裏に身を寄せ合って、ただただじっとしている。
お椀を被せたような姿は、カイガラムシに擬態しているようにも見える。
posted by やまかます at 22:01| Comment(0) | コウチュウ

2019年05月20日

追っかけ

朝、犬の散歩から戻った嫁さんが、
「ダイコン畑にモンシロチョウがいっぱい、いたよ」と言うので、
窓から覗いてみれば、確かに畑一面に白いチョウがわんさか舞っていた。

「こりゃあ、久しぶりに見る光景だね」

とは言え、肉眼で見えるモンシロチョウの多さを写真で表現するのはほぼ不可能だ。

5月20日2019-2.jpg

時折、メスを追いかけるオスの集団が舞い上がるのだが、そのどれも追われているメスは
必ずスジグロシロチョウであった。

5月20日2019-4.jpg


さて、、、

5月19日2019-5.jpg


「赤目テントウ」!?、
ではなくて、、、、


5月19日2019-4.jpg

ひっくり返すと本物の目は、こちら。
赤目に見える球は、刺激を受けて分泌した忌避物質。


先月中ごろ、コナラやクリの葉にオオワラジカイガラムシのメスがやたらと多かった。
なぜに?と思っていたのだが、その後、オオワラジカイガラムシを餌として育つテントウムシの幼虫が
これまたやたらと目についた。そのうち蛹になり始めたので、
3頭だけ蛹を持ち帰り、成虫の羽化を待つことにした。

で、一昨日、蛹の一つが羽化して、アカイロテントウ(上写真)と判明した。

そうかアカイロテントウだったんだ、と納得したその翌日。
2頭目が羽化したのだが、今度はベニヘリテントウ、だった。

5月20日2019.jpg


写真画面左が、アカイロテントウ、右がベニヘリテントウ。

両種の蛹は極めて酷似しており、肉眼ではまず見分けがつかない。
たった3頭の蛹を適当にチョイスしただけなのに、2種が混成していたのだがらなおさら。
どっちが多くて、どっちが少ないか、なんて、まあ調べてみる気はないけれど、、、。、

posted by やまかます at 20:05| Comment(0) | チョウ

2019年05月19日

竹筒ゆりかご、ふたたび

メダケの枯れ茎の暗闇のなかで、じっと過ごしている幼虫。

5月19日2019.jpg


以前にも書いたが、ニホンホホビロコメツキモドキの産卵痕が付いた枯れ茎の中に、
おそらく蛾類と思われる幼虫や蛹殻が見つかり、冬からずっと飼育している。
飼育と言っても給餌の必要もなく、ただ転がしているだけで、たまに中の様子を窺うだけ。

今日、久々に点検してみれば、一頭(写真上)を除いて他は全部カビが生えて中の幼虫は消失していた。

さて、幼虫がいる場所には糸で紡いだテントがあって、
その中央の台風の目のようなところは枯れ茎の内壁につながっている。
おそらく蛹の体を支えるために糸トンネルが必要なのだろう。

で、糸トンネルが繋がっている硬くて厚い竹の壁には、すでに出口の準備がしてある。
ここまで準備しているからには、蛹になる日も近いのでは?と思いたくなる。


5月19日2019-2.jpg


竹筒の外側からルーペを使って見ても全くわからないが、内側から強い光を当ててみれば、
壁が透けて薄くなっているのがわかる。ほんのわずかな沁み程度だが貫通している部分すらある。

つまり、事前に竹壁を内側から削って薄皮だけを残した脱出口を準備しているのであり、
そこは蛹の頭部を突き当てるだけで容易に破れる、ということだろう。
こうした作業を、暗闇の中でコツコツと行う幼虫の姿を一度は見てみたいものだ。
このやり方は、ニホンホホビロコメツキモドキと同じであるところが興味深い。
もっともニホンホホビロコメツキモドキが作る脱出口はなぜか、几帳面な正方形であるが。

たった一頭となってしまったが、何としても成虫の姿を見届けたい!本当に蛾類なの?
成虫が羽化する日を待つとして、大事な竹筒ゆりかごを観察容器に収納した。
羽化した成虫が迷子にならないように。


5月19日2019-3.jpg


竹筒ゆりかごの長さは、27センチ。
これを収める容器は焼酎ワンカップを5個連結して作った。
中の換気を良くするために、両端の蓋はガーゼに替えておこう。




posted by やまかます at 21:09| Comment(0) |

2019年05月18日

竹筒のゆりかご

ニホンホホビロコメツキモドキの幼虫が蛹化したのは、連休明け頃。
しかし2頭の大きな幼虫のうち蛹化したのは1頭だけで(写真上)、
もう一頭は脱皮して齢を重ねていた(写真下、左にあるのは抜け殻)。
幼虫は何回脱皮するのだろう?


5月18日2019-3.jpg

5月18日2019-2.jpg


イヌビワの枯れ枝に、アトジロサビカミキリ
じっとしていれば、安心。


5月18日2019.jpg






posted by やまかます at 21:09| Comment(0) | コウチュウ

2019年05月17日

キャッチー

ムラサキツバメの幼虫が落ち葉の下に降りていた。
体色からして、蛹になる場所を探していたようだ。


8月16日2019.jpg


そこへトビイロシワアリがやって来ました。

触角でツンツン、すると「待ってました!」いやあるいは「しょうがないなあ〜」とばかり、
美味しい(多分)液体のご褒美(多分)をアリにあげました。


「あ!あああ〜!こっち、こっち!!」

5月17日2019.jpg



posted by やまかます at 23:20| Comment(0) | チョウ

2019年05月16日

アオハダトンボ

庭のサクラででっぷりと肥えた、ヒメヤママユ

8月16日2019-5.jpg


手近な葉がなくなれば、隣の枝に移るくらいで、食糧が潤沢にある限り、ほとんど同じエリアに留まっている。
こんな暮らししていれば、スクスク成長するわけだ。あんまりストレスも無さそう。

水生昆虫の撮影で都城市、関尾ノ滝に出掛けた。

川辺のハルニレに羽化して間もないと思われる、ヘビトンボがいた。


8月16日2019-4.jpg


アオハダトンボのメス。


8月16日2019-3.jpg


アオハダトンボのオス。

8月16日2019-2.jpg


まだ未熟なのか、翅の青藍色の輝きが見られない。


さて、日没時に再び訪れてみたが、カゲロウ類の羽化撮影は失敗。
幼虫が岩に上がったかと思うと、1分とかからずあっさりと羽化完了。
上がった姿を見届けてから近づいたのでは遅すぎた。
そして他の個体もほぼ一斉に羽化しており、いくら粘っても次の上陸組が現れず、今夜は敗退した。


posted by やまかます at 21:49| Comment(0) | トンボ

2019年05月15日

初めての虫達

林の観察路へ降りようと一歩踏み出したそこに、
イヌビワの葉裏に、

ゲンジボタルのメスがいた。


ゲンジボタル雌2019.jpg


メスは、オスに比べて大きいね。
ゲンジボタル雌2019-2.jpg


ゲンジボタルのすぐ傍に、キイロナガツツハムシ

キイロナガツツハムシ.jpg


こんな可愛いハムシ、初めて見たね!


コナラの伐採木に、タイワンオオテントウダマシ、がいた。

タイワンオオテントウダマシ.jpg


ダニの一種の卵や幼虫、成虫がいっぱい取り付いていて、ちょっと可愛そう。

観察路を小一時間歩いて、さあ山仕事の続きをと物置小屋に向かえば、
足元にえらく派手な赤色が目に入った。

「え!? 初めて見るサシガメ、じゃない!」

クロバアカサシガメ.jpg


ササグモに捕らわれていたサシガメは、クロバアカサシガメ

天気情報では晴れるはずだったが、陽射しはあまりなく、気まぐれに小雨が降ったり、
突風が吹き荒れたりと、穏やかでない一日だった。
予定していた河川での撮影は取止め、明日に出直し。

台所の排水管が詰まってしまい、自分でなんとか改善しようとは試みたが工具も足りないので
信頼できる業者の方に来てもらった。
多くの現場を見て来ている業者の方の説明を聞きながら、修理作業に立ち会い、
排水管がなぜ詰まってしまったかを理解できた。
とりわけ、牛乳がヘドロになりやすい、というのは初めて知った。
牛乳のヘドロは真っ黒。最近、牛乳の消費量が増えてもいたのだけど、牛乳パックを洗った後は、
バケツ一杯くらいの水を流した方がいいようだ。
うちの場合は。








posted by やまかます at 20:36| Comment(1) | コウチュウ

2019年05月13日

穴熊にご用心?

延岡市 金堂ケ池公園

ヤマガラの若鳥やメジロ、シジュウカラ達の賑やかな群が頭上にやって来た。
しばらく獲物探しに夢中の様子。そこにコゲラも混じっていた。

「どれどれ、皆んな、何を食べているんだい」
望遠ズームレンズを装着して、しばし樹上にカメラを向けていた、その時。

コゲラがけたたましく、警戒鳴きをした。

ビイ〜、ビッビッビッビイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

すぐ上空を仰ぐも、猛禽のシルエットは見当たらない。
うん? 足元辺りから落ち葉を踏みしめる、ガサッという音がしたが、
それよりもフリーズ状態になっている目の前のコゲラの口元が気になった。

5月13日2019.jpg


嘴にくわえているのは甲虫類と思えた。
くわえたままで食べないのは、もしや雛に運ぶための餌なのか?
巣が近くにあるので、一層警戒しているの?

想像を巡らしているうちに、コゲラのいる木のすぐ手前の地面から、ガサゴソ、と落ち葉を踏みしめる音がふたたび。

「おや!?あれ!」

5月13日2019-2.jpg


排水口の中から、のっそり、アナグマが顔を覗かせた。


なるほど、コゲラが警戒したのは、このアナグマだったか。

私と目が合って、出ようか出まいか、と躊躇している。

5月13日2019-3.jpg


ゆっくり、足音を忍ばせて後ろへ下がると、しばらくして穴から外へと這い登って来た。
けれどまた私と目が合うと、一目散に排水口の奥へと引っ込んでしまった。


「アナグマの肉は、タヌキみたいに臭わないので、美味いよ!」とは
先月、地区の飲み方で聞いた話。
「アナグマは雑食じゃないから、美味いのよ!」という説明にはちょっと「アレ?」とは思ったが、
アナグマを食べる話は初めて聞いたような気がする。


延岡での仕事を切り上げて帰宅してみれば、庭にキスジホソマダラがいた。

5月13日2019-4.jpg




posted by やまかます at 21:16| Comment(0) | けもの

2019年05月12日

延岡、昆虫観察

午後から県北、延岡市のフィールドに移動。
着いてすぐ見上げたイロハカエデの葉裏に、ヒゲナガサシガメ


5月12日2019-4.jpg

5月12日2019-3.jpg


行儀よく静止しているその格好に注目したい。脚の踏ん張り方が面白い。
枝ごと引き寄せてもじっと動かない。
どうやら彼らは、日が暮れてから活発に動くようだ。夜の灯りにもよく来る。

イロハカエデでは別の虫の観察と撮影が目的だったが、そちらも予想以上の成果があった。

路肩のアジサイにサツマヒメカマキリの終齢幼虫がいた。
幼虫越冬で、もうじき羽化して成虫になる、初夏のカマキリだ。


5月12日2019-5.jpg


大きなコナラの梢から風に流されるようにして、アカシジミが目の前にやって来た。
今朝方羽化したばかり、と思われるしっとりとした翅。
止まったサクラの枝を右手でそっと引き寄せ、左手に構えたカメラを向けようとした刹那、
またもや風が来て、アカシジミはそのまま剥ぎ取られるようにして、姿を消してしまった。


3時間ほどの観察、撮影を終えて、延岡植物園に立ち寄ってみた。
時間はわずかだったが、ここでも予定通りの撮影ができた。
日曜日とあって家族連れの来園者が多かった。
駐車場にかき氷のテキ屋さんがいたのにはびっくりだが、夏日で商売繁盛のようだった。

ボロボロノキでは、ベニツチカメムシのカップル(左がメス)

5月12日2019-2.jpg


ちょうど配偶行動の盛んな時期です。

遊歩道沿いにあったネズミモチの実生が丸坊主になっていた。
でっかい、イボタガの終齢幼虫がいて、ギュンっと威嚇ポーズをとった。


5月12日2019.jpg



posted by やまかます at 20:07| Comment(0) | カメムシ

2019年05月11日

コロギスの寝床

クヌギの葉っぱを綴じ合せた巣をそっと開けたら、それは当然だけど、
中からコロギスが飛び出して来た。

コロギスはまだ幼虫で、小さな翅芽が妖精のようで可愛らしい。

こういう時、手の指で窪みを作ってやれば、そこが新たな巣場所になって落ち着ける。



5月11日2019.jpg


先日、眼球に内出血が見つかったことで、少し心配になって眼科に行っておいた。
三股町に新しい眼科クリニックが出来たので、ほとんど眼科に縁が無い私だが、家族のためにも偵察を兼ねていた。

で、検査や診察の結果、眼球に傷や異常は全く見当たらず、正常とのことだった。
充血して炎症を起こしているものの、それは体内から来るもので、外から飛び込んできたゴミなどによるものでは無い、ということが判明した。詳しい原因はわからないがよくあることのようで、数日で治るだろう、というのが医者の見立てだった。なにやら私の体はちょっとデリケートでもあるようだ。
どこがどうだが、よくわからないけれど。「若い頃、頭痛とか多くなかったですか?」と聞かれたけど。

どうやら充血を発見したタイミングがたまたま草刈り作業の後だっただけで、
実際に充血が内出血が発症したのはもう少し前だったのかもしれない。
当初は下目蓋に隠れて気付きにくかったようだ。次第に眼球中央に移動して来ていることでもそのことがわかる。
けれど、草刈り作業ではゴーグル着用をきちんと習慣づけることに決めたのは、結果的には良かった。
それとたまには眼の検査も受けておいたほうがいいだろう。

うちから最も近い場所の三股町の眼科クリニックは、なかなか好印象であったので、家族にも薦めることにした。
これまでは都城市まで出掛けていたが、遠い上にいつも混んでいた。
posted by やまかます at 21:17| Comment(0) | バッタ