2019年02月20日

山かま やまかます

久しぶりに裏山の桝安森林公園(都城市)を訪れてみた。

昨年秋だったか、伐採作業(杉植林の)が入っていて頂上には行けなかった。
伐採作業はまだ続いているようだが、今日は頂上まで行けた。
林道沿いの広い範囲の山肌が全伐されており、明るくなって環境が激変していたのには驚いた。

頂上付近にはクヌギ林があるが、ここは4、5年前に一度伐採され萌芽更新した。

2月20日-7.jpg

林の縁の崖にはアリジゴクの巣穴が多く、アカクビサシガメの幼虫が見つかる場所だったが、崖がえぐるように掘り返されて大きな穴となっていた。もはやアリジゴクもサシガメも棲める環境では無い。
崖のすぐそばに都城市が建てた看板の注意書きには、「ここで土を採らないでください。」とあったので、そういうことかとガックリ。


お目当の虫は見つからなかったが、コナラの梢にウスタビガの繭(山叺)があった。
2月20日-2.jpg

メスが入っていた繭と思うが残念ながら卵は付いていなかった。

2月20日-3.jpg


このところ暖かい日が続いたせいか、コナラの芽吹きもチラホラと。
ハコネウツギの芽吹きも始まっていた。

2月20日-4.jpg

posted by やまかます at 21:04| Comment(0) |