2019年02月20日

山かま やまかます

久しぶりに裏山の桝安森林公園(都城市)を訪れてみた。

昨年秋だったか、伐採作業(杉植林の)が入っていて頂上には行けなかった。
伐採作業はまだ続いているようだが、今日は頂上まで行けた。
林道沿いの広い範囲の山肌が全伐されており、明るくなって環境が激変していたのには驚いた。

頂上付近にはクヌギ林があるが、ここは4、5年前に一度伐採され萌芽更新した。

2月20日-7.jpg

林の縁の崖にはアリジゴクの巣穴が多く、アカクビサシガメの幼虫が見つかる場所だったが、崖がえぐるように掘り返されて大きな穴となっていた。もはやアリジゴクもサシガメも棲める環境では無い。
崖のすぐそばに都城市が建てた看板の注意書きには、「ここで土を採らないでください。」とあったので、そういうことかとガックリ。


お目当の虫は見つからなかったが、コナラの梢にウスタビガの繭(山叺)があった。
2月20日-2.jpg

メスが入っていた繭と思うが残念ながら卵は付いていなかった。

2月20日-3.jpg


このところ暖かい日が続いたせいか、コナラの芽吹きもチラホラと。
ハコネウツギの芽吹きも始まっていた。

2月20日-4.jpg

posted by やまかます at 21:04| Comment(0) |

2019年02月19日

ミミズの卵

庭のトロトロになったクヌギ朽木の中から、ミミズと一緒に卵包が見つかった。
長さは3ミリ足らず。

2月19日-3.jpg


右下の瓢箪口のようなところがいづれ、ふ化口になるはず。
つまりそこから白く透けた体の仔ミミズが、チュルン、チュルリと何匹かが続けて出てくるはずだ。

30数年前、私がふ化シーンのスタジオ撮影セットを準備し、もちろん撮影にも立ち会ったのだから間違いない。
今やもう化石のような16ミリ映画だけど。
このところ記憶が曖昧になっているが、撮影時の苦労はよく憶えている。


今日は昼前から雨が強く降った。雨音にウンザリするほど降った。
午後4時頃、雨は止み晴れ間が出てきた。

2月19日.jpg

空気がやけに生暖かい。手袋は要らなかった。
2月19日-2.jpg

posted by やまかます at 22:51| Comment(0) | 環形動物

2019年02月18日

ポジ写真

庭のツバキにハナアブの一種が来ていた。
2月18日-2.jpg

味見をするかのように雄しべにタッチしては、空中に戻ることを繰り返していた。
やっと納得したのか、花に着地。

2月18日-3.jpg

「ああ〜、そんなに花粉こぼしてお行儀悪いねえ」

さて、オオキベリアオゴミムシのポジ写真を取り出してみた。
なんと!28年前の1991年に撮影。
こうしてライトテーブルの上で眺めるのも何年ぶりだろうか。


2月18日-4.jpg


当時、仕事の主力カメラとして使っていたPENTAX645で撮影。
フィルムは富士フィルムのプロビア。
撮影日は10月22日。オオキベリアオゴミムシはミズナラの落ち葉布団でお休み中。
滅多にないチャンスに興奮した場面が過ぎる。
越冬前の活動期、日中だからこうして休んでいたのか。

ラベルには「黒川村」とある。1991年当時は北蒲原郡黒川村。が、2005年にお隣の中条町と合併して郡より抜け、胎内市として現在に至る。
『胎内昆虫の家』の仕事をきっかけに黒川村には随分と通った。

ゲンゴロウやタガメが普通にいて、オオヒカゲ、ウラクロシジミ、ウラキンシジミ、チョウセンアカシジミやクロウスタビガもウスタビガもいて、ちょいと足を伸ばせばブナ林。
ハイイロセダカモクメの幼虫にもここで初めて出会った。
サジクヌギカメムシもいっぱい!ゲンジボタルの乱舞も健在だった。
なので、28年前のこの頃は新潟への移住すら真剣に考えていた。

しかし「冬の積雪はダメよ」という嫁さんの強い意見もあって早々と諦めた。
まあ、あの当時に移住などしていたら生活が成り行かなかったことも確かだ。

posted by やまかます at 22:41| Comment(0) | コウチュウ

2019年02月17日

オオキベリアオゴミムシ

庭の朽木の下に潜んでいた。

65ミリマクロレンズ+APS-cカメラだったので、ここまでしか引けなかった。
大きい!
カメラを取っ替えに部屋まで走ろうかと思ったが、見失ってはいけないので一先ず捕獲した。

2月17日-3.jpg


体長20ミリを超える、
オオキベリアオゴミムシ Chlaenius nigricans


以前、撮影したのは新潟県胎内市の『胎内昆虫の家』敷地内だったと思う。
もう随分と昔のことなので、久しぶりに出会えて嬉しかった。


2月17日.jpg

成虫の姿は美しいが、幼虫はカエルの生き血を吸って成長するという変わった生態の持ち主。
どうやら飼育下では、トノサマガエルやヒキガエルでも成長するそうだ。
(ブログ『まるはなのみのみ』参照)
posted by やまかます at 22:29| Comment(0) |

2019年02月16日

ニホンミツバチ

2月16日.jpg


巣箱は1キロほど先のお宅にあって、うちの菜園に通ってくる働きバチは大方そこから飛来しているのだろう。
冷たい北風が止まない中、みんな元気に良く働いている。

2月16日-2.jpg


明るい蜂蜜色のセイヨウミツバチと比較して、ニホンミツバチは全体にチョコレート色。
2月16日-3.jpg

               (撮影機材:EOS-5D Mark3 +Tamron 90mm macro )

posted by やまかます at 20:23| Comment(0) | ハチ・アリ