2019年01月20日

山姥の休め木

宮崎市、田野町の宮崎大学演習林を歩いた。
20日2019-7126.jpg

風が強いせいで肌寒く感じる。気温は高めだが。
探していた木は見つからなかったが、それはそれでもいい。

気になった羽毛は、アオゲラ?それともアオバト?
20日2019-7132.jpg

こちらはドバトの羽毛だろう。オオタカの食べ跡だろうか。
20日2019-7135.jpg


崖ではキムラグモの巣蓋がいくつも見つかる。
20日2019-7146.jpg

20日2019-7145.jpg

アオキの実がいびつに変形していた。これは虫こぶで、「アオキミフクレフシ」と呼ばれる。
20日2019-7155.jpg

虫瘤の中では、アオキミタマバエの幼虫が越冬中。

山姥の休め木が、あちこちにあった。

20日2019-7149.jpg

キノコの仲間の一種が感染したものだそうで「絹皮病」と呼ばれている。



posted by やまかます at 20:59| Comment(0) | 菌類