2018年11月18日

オオカマキリの運命

9月末の台風で倒れたクヌギを、先日、ようやく片付けることができた。
18日-1547.jpg

イチイガシの根元に集めた材は、来月にもシイタケのコマ打ちを行う予定。

4日前に撮影したシラネセンキュウのキアゲハ幼虫たち
18日-6010.jpg

食べるだけでほとんど動かず。そのままメンバー全員の顔ぶれ揃い。

家壁にずっといるオオカマキリ3頭のうち、玄関前のメスはかろうじて威嚇行動をとる。
18日-5964.jpg


で、南壁にいたメスは、夕方になって犬のチョロに食べられてしまった。
チョロがオオカマキリを食べるのを初めて見た。これまでカマキリを弄ぶことはあても、私の目の前で食べたことはない。好物は断然トノサマバッタだが、たまにはこうしてカマキリ類も食べているのだろう。
ちなみにドッグフードの食事を終えたあとだったので、空腹ではなかったはず。
posted by やまかます at 18:37| Comment(0) | カマキリ

2018年11月17日

ワカバグモ

午前7時26分、玄関にオオカマキリ。
17日-5836.jpg


午前11時11分、ツワブキ花上に、ワカバグモ。
17日-9102.jpg


午後4時20分、うちの林にて、タイワンクツワムシ♂。
17日-1552.jpg


午後4時46分、下の休耕田にて、ハラビロトンボ。
17日-5886.jpg

17日-5861.jpg


午後5時02分、K子さんちの柿の木。
17日-5900.jpg


posted by やまかます at 20:24| Comment(1) | クモ

2018年11月15日

羽化記念日

そんなとこじゃあ、翅がバレバレだよ。
イヌビワの葉が、小さくネ?

15日-5811.jpg


でも違っていたんだ。
よく見れば、すぐ傍に羽化殻がぶら下がっていた。


15日-5822.jpg


このイシガケチョウのメスは、今朝、羽化したばかりなんだ。

15日-5827.jpg


葉表に這い上がると、一呼吸置いてから、
サッと飛び立って行った。
もう年内に産卵することはないだろう。

posted by やまかます at 21:30| Comment(0) | チョウ

2018年11月14日

窓の外

午前8時06分。
トイレの網戸に、オオカマキリのメス。

14日-5759.jpg


午前10時30分。
南側の外壁に、タイワンクツワムシのオス。

14日-5773.jpg


家の外壁には他に、オオカマキリのメスが2頭いて、全部で3頭。

シラネセンキュウで育っていたキアゲハの幼虫は、ほとんどが終齢になっていたが、
気温が低いためか、成長が遅い。

14日-5794.jpg

posted by やまかます at 19:39| Comment(0) | カマキリ

2018年11月13日

はらぺこ、カタツムリ

昨日降った雨のこともあり、ホダ木のシイタケを覗いてみた。
するといました!

お食事中のカタツムリが。

13日-5677.jpg

傘の表面はあんまり好きではないらしい。傘の裏側に潜り込んでは、ひだのほうで食事をしていた。
13日-5707.jpg


先々月の9月に写真絵本『きのこレストラン』(ポプラ社)を出したのだけど、
じつはカタツムリも載せたい、という気持ちが強くあった。

気持ちはあっても、カタツムリのキノコ喰いという場面を、本の入稿締め切りまでに観察できたこともなく、
ギリギリまで粘ったけれど諦めるしかなかった。

ナメクジが食べているところはよく見るのに、なんでカタツムリでは見れないのだろう?と不思議には思っていた。
その辺りを『カタツムリハンドブック』の著者の一人、写真家の武田晋一さんに問い合わせたりした。
丁寧にご教示いただき、なるほどとカタツムリ事情を少しは納得できた。

自然観察ではたっぷり時間を注いでみれば、それなりの成果を得ることができる。とは言え、たっぷりの時間のなかでも、どこにピンポイントでエネルギーを注ぐかも大事なコツであり、その按配は長年やっていても難しい。考える前に体が動くかどうか。

して、シイタケ喰いのカタツムリは、ツクシマイマイの若い個体、でいいのだろうか?
※カタツムリの種名については確認中です。
posted by やまかます at 20:18| Comment(0) | 貝類