2018年10月30日

エサキモンキツノカメムシ、2化目の羽化盛ん

都城市の庄内川沿い(関尾の滝ちょい上流)、クロガネモチを見上げてみれば、
30日-0692.jpg

エサキモンキツノカメムシの新成虫と5齢幼虫が多数群れていた。

30日-5182.jpg


写真は数が少ないが、高い場所では一か所にたくさん群れていた。

三股町、上米公園でしつこくヒナカマキリを探すも見当たらず。
スダジイの根際にオオワライタケの幼菌があって、そこにセンチコガネ(糞虫)が来ていた。ナメクジ類が齧ったと思われる食痕がある。
センチコガネは、崩れかけたキノコや腐果実もよく食べる。


30日-0702.jpg


ノジギク?があちこちで花盛り。

30日-0727.jpg


夕方の犬の散歩道で、ヒメカマキリのメスとバッタリ。
お腹はパンパン。もうじき産卵しそうだ。


30日-0790.jpg


posted by やまかます at 20:57| Comment(0) | カメムシ