2018年08月31日

くぬぎイモムシ

庭の真ん中に植えてあるクヌギは四本。並びにコナラが一本。
いづれも若木で陽当たりもいいので、根際近くから枝がびっしり生えている。
目が届く枝葉が多いので、虫の観察にはとても重宝する。
樹高は屋根の高さを超えないように剪定している。

ハチマガイスカシバが産卵に訪れていたのも、このクヌギ小木。

今現在、見つかっているイモムシは、キオビゴマダラエダシャク、ナカキシャチホコ、
そして、キマエアオシャクとセダカシャチホコなど。
他にも、葉巻き、葉合わせ、リーフマイナー、など小型種が数種。

キマエアオシャクは、昨日から糸で葉を綴り蛹部屋に籠ったものもいる。
キマエアオシャク_1523.jpg

ずっしり貫禄のある姿は、セダカシャチホコ
セダカシャチホコ_Z5A8201.jpg

薄暮のなかテリトリーを張っていたのは、クロコノマチョウの夏型。
クロコノマ1916.jpg
クロコノマの夏型は産卵や樹液以外ではほとんど撮影していない。
秋型のような色紋様の多彩さがないからだろう。


EOS-5D Mark3、EOS-6D、EF100mm F2.8Lマクロ IS USM、SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG
+マクロツインライトMT-26EX-RT
posted by やまかます at 22:11| Comment(0) |