2018年08月29日

泥バチの流儀

毎年、家庭菜園に植えているオクラ
オクラ1593.jpg

オクラの葉っぱを巻いたワタノメイガの幼虫巣も毎年、にぎやか。
ワタノメイガ_1595.jpg

今朝のこと、オオフタオビドロバチが狩りに訪れていた。

葉巻の一端をかじったり、つついたりしたあと、反対側に素早く移動して、巣内から飛び出してくる幼虫を
捕らえる、という狩猟作戦である。

しかし、ワタノメイガ幼虫もそう易々と捕まってしまうわけではない。
瞬時に地面へと飛び降りて逃げ切ろうとする。
糸を吐いて途中でぶら下がり、ハチの目から逃れたものもいた。
地面に落ちた場合は、ハチもしつこく探し回るが、今朝の場合、ついに発見できず諦めていた。

では、巣を開いて幼虫を剥き出しにしておくとどうなるか?
2つの幼虫巣を開いて、葉っぱの目立つところに置いてみた。

予想はしていたが、ハチは置かれた幼虫にはまったく見向きもしない。

狩猟の手順として、まずは巻いた巣を探し回ることが、彼女等のしきたりであり、その行程を踏まずしては狩猟が成り立たないのであろう。流儀に徹する、といえばなんだか立派にも見えるし、あるいは融通が効かない石頭の頑固者、とも言える。
ワタノメイガ幼虫巣を見つけ、これに触れて確認し、やおら巣壁を噛んだり穴を穿ち、中の幼虫に刺激を加える。
あるいは、穿った穴のすぐ先に幼虫がいた場合は、これを大アゴでくわえて、引きづり出す。

写真は、引きづり出してすぐに、腹端の毒針で麻酔をかけているところ。

オオドロ_1585.jpg

育児室として竹筒アパートの多くを占有するのが、オオフタオビドロバチ、である。


EOS-6D EF100mm F2.8Lマクロ IS USM + マクロツインライトMT-26EX-RT

CanonのマクロツインライトMT-26EX-RTを使い始めたが、MT-24EXより操作性がはるかに
良くなっている(MT-24EXは修理不能となってすでに廃棄して久しい)。
操作については、スピードライト430EX III-RTとほとんど同じなのですでに慣れてはいた。

発光部は手製のアームに取り付けて、レンズ先端より少し後ろに配置できるように工夫している。
アームは、レンズの三脚座とカメラボディに付ける2タイプ。
付属の取り付けリングはよく出来ているが、レンズ先端では撮影の邪魔になることも多々ある。



posted by やまかます at 21:40| Comment(0) | ハチ・アリ