2018年07月10日

プードルちゃん

ヒメユズリハは、仕事部屋のすぐ外にあって屋根をすでに超えようとしている。
これまでにも何度か刈り込んでいるが、刈れば刈るほどに萌芽力の反動が凄まじい。

そのヒメユズリハの葉っぱには、尻尾の長いアカウラカギバ幼虫がデンと構えている姿が多い。
で、先日、アカウラカギバではなく、プードルそっくりの毛虫が葉っぱを歩いていた。
そして今日には幹で再度出会えた。

ハガタキコケガ_2074.jpg
葉っぱにいたときにはもっと黄色っぽかったけど、脱皮して成長したかな?
毛虫と言っても、チクチクというより羽毛に近い柔らかい感触。
どっちが頭かお尻かすぐにはわかりづらいが、どうしてもプードル毛虫の顔が見たくなった。

幹ではなく細枝を歩いてもらえば、きっと顔も見えるよね、とさっそく細枝に移乗してもらった。
警戒心が強い毛虫なのでちょっと苦労したが、なんとか移乗は成功。しかし、まったく動かないまま。
しばらくほったらかしにしていたら、枝の分岐部をガジガジと齧って食事をしていた。

ハガタキコケガ_4194.jpg

オオ!ついにお顔を拝見できた。
どうやら枝の表面に付着した地衣類かカビを食べているようだ。
プードル毛虫の正体は、ハガタキコケガ幼虫、かと思う。
このまま飼育して確かめてみよう。


ヤブガラシの花で、イチモンジチョウが何度も訪れては蜜を吸っていた。
イチモンジチョウ_2053.jpg


posted by やまかます at 18:32| Comment(0) |