2018年06月21日

かお


過去11年間、三股町内でシロスジカミキリを見た事が無い。

これまで撮影できた場所のほとんどは、愛媛県松山市で、実際、松山には多い。

ところが、小雨降りしきる中、はじめて三股町内でシロスジカミキリに出会えた。


シロスジカミキリ7873-2.jpg

手で摘むとキイ〜キイ〜キイ〜♪の発音がいつまでも止まない。
三股町内でも本種の産卵痕はあちこちで見ているが、どれも大木となっており当然、かなり古いものだ。でも、どこかでひっそりと発生しているのだろう。
シロスジカミキリ7879-2.jpg

この時期は、探さなくてもヒョイヒョイとクロヒカゲ幼虫が目に入って来る。
今日の幼虫は、ツノが折れ曲がっていて、ちょっと滑稽だった。


クロヒカゲ_9746-2.jpg

脱皮直後に、ツノは初め折れ曲がっているが、時間とともに伸び上がる。
写真の幼虫はしっかり色付いてもいるので、脱皮直後ではない。
どうしてこんなけったいな事になったのだろう?

クロヒカゲ幼虫のツノの長さには個体差もあって、かなり短い場合もあるが、折れ曲がりは初めて見た。


本日、午後6時50分、うちの林でヒグラシが鳴いていた。
posted by やまかます at 20:38| Comment(0) | コウチュウ